1977年のヤクルトスワローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1977年のヤクルトスワローズ
成績
セントラル・リーグ2位
62勝58敗10分 勝率.517[1]
本拠地
都市 東京都新宿区
球場
明治神宮野球場
Tokyo - Baseball (3410369438).jpg
球団組織
オーナー 松園尚巳
経営母体 ヤクルト本社
監督 広岡達朗
« 1976
1978 »

1977年のヤクルトスワローズ(1977ねんのヤクルトスワローズ)では、1977年シーズンのヤクルトスワローズの動向をまとめる。

この年のヤクルトスワローズは、広岡達朗監督の2年目(途中就任の前年を含む)のシーズンである。

概要[編集]

前年シーズン中に監督に就任した広岡達朗は、この年の春季キャンプより「麻雀禁止」・「花札禁止」・「禁酒」・「ユニフォーム姿での禁煙」・「練習中の私語は禁止」などと、徹底的な管理を行い、それまでの「ぬるま湯」的なスワローズを一変しようとした。これが吉となり序盤から好成績をあげ、特に若松勉は中盤に巨人張本勲との猛烈デッドヒート、通称「ミクロの争い」を勝ち抜いて首位打者を獲得、また投手陣にも鈴木康二朗会田照夫といった新鋭を起用、その結果、最終的に球団初の「2位」に躍進、翌1978年セ・リーグ初優勝&日本一への基礎が出来上がった。

その一方で、スーパールーキー・酒井圭一は序盤に一軍入りしたものの活躍せず、また9月3日には鈴木康二朗が巨人の王貞治に、世界新記録となる「通算本塁打756号」を打たれるという悲しさもあった。また1974年太平洋クラブから移籍後、4年間ヤクルトの主砲として活躍したロジャー・レポーズ(ロジャー)がこの年を以て退団した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 槌田誠
2 永尾泰憲
3 若松勉
4 大杉勝男
5 ロジャー
6 船田和英
7 水谷新太郎
8 大矢明彦
9 松岡弘
1977年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 阪神 3.5 阪神 4.5 ヤクルト 5.0 ヤクルト 7.5 ヤクルト 12.0 ヤクルト 13.0 ヤクルト 15.0
3位 大洋 4.5 大洋 6.0 阪神 5.5 阪神 7.5 阪神 15.5 中日 17.5 中日 15.5
4位 ヤクルト ヤクルト 7.0 大洋 8.5 大洋 11.0 中日 16.0 阪神 21.0 阪神 21.0
5位 中日 8.5 中日 9.0 中日 12.5 中日 16.0 大洋 18.0 大洋 22.0 広島 25.0
6位 広島 9.0 広島 9.5 広島 13.5 広島 18.0 広島 19.5 広島 25.5 大洋 25.5
1977年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 80 46 4 .635 -
2位 ヤクルトスワローズ 62 58 10 .517 15.0
3位 中日ドラゴンズ 64 61 5 .512 15.5
4位 阪神タイガース 55 63 12 .466 21.0
5位 広島東洋カープ 51 67 12 .432 25.0
6位 大洋ホエールズ 51 68 11 .429 25.5

オールスターゲーム1977[編集]

ファン投票 若松勉
監督推薦 鈴木康二朗 安田猛 梶間健一 大杉勝男

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
若松勉 首位打者 .358 5年ぶり2度目
最多安打 158本 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
若松勉 外野手 2年連続5度目
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
大矢明彦 捕手 3年連続4度目
若松勉 外野手 初受賞

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 柳原隆弘 外野手 大阪商業大学 入団
2位 渋井敬一 内野手 桐蔭学園高 入団
3位 後藤雄一 投手 相洋高 入団
4位 尾花高夫 投手 新日本製鐵堺 入団
5位 鳥原公二 投手 日立製作所 入団
6位 田中毅彦 内野手 土浦日本大学高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 年度別成績 1977年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2017年7月11日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 147