1977年のロッテオリオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1977年のロッテオリオンズ
成績
パシフィック・リーグ3位
年間3位:60勝57敗13分 勝率.513
後期優勝:33勝24敗8分 勝率.579
前期5位:27勝33敗5分 勝率.450[1]
本拠地
都市 宮城県(暫定保護地域)
球場
特定本拠地なし。宮城球場等を使用。
球団組織
オーナー 重光武雄
経営母体 ロッテ
監督 金田正一
« 1976
1978 »

1977年のロッテオリオンズでは、1977年のロッテオリオンズにおける動向をまとめる。

この年のロッテオリオンズは、金田正一監督の5年目のシーズンである。翌年から川崎球場を本拠地とすることになったため、いわゆる「ジプシー球団」としての最後のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 弘田澄男
2 新井昌則
3 有藤道世
4 レロン・リー
5 山崎裕之
6 江島巧
7 岩崎忠義[注 1]
8 村上公康
9 飯塚佳寛
投手 村田兆治
1977年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 近鉄 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 南海 1.0 近鉄 0.5 南海 1.5
3位 阪急 3.0 南海 3.0 近鉄 2.5
4位 日本ハム 5.5 ロッテ 6.0 日本ハム 4.0
5位 クラウン 6.5 日本ハム 8.5 ロッテ 8.0
6位 ロッテ 8.0 クラウン 9.0 クラウン 14.0
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 クラウン -- ロッテ -- ロッテ --
2位 阪急 2.0 クラウン 2.0 阪急 0.5
3位 ロッテ 3.0 日本ハム 2.5 南海 4.0
4位 日本ハム 阪急 2.5 日本ハム 7.0
5位 近鉄 4.0 南海 5.0 クラウン 7.5
6位 南海 6.0 近鉄 6.0 近鉄 8.0
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 35 25 5 .583 --
2位 南海ホークス 33 26 6 .559 1.5
3位 近鉄バファローズ 31 26 8 .544 2.5
4位 日本ハムファイターズ 31 29 5 .517 4.0
5位 ロッテオリオンズ 27 33 5 .450 8.0
6位 クラウンライターライオンズ 20 38 7 .345 14.0
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 ロッテオリオンズ 33 24 8 .579 --
2位 阪急ブレーブス 34 26 5 .567 0.5
3位 南海ホークス 30 29 6 .508 4.0
4位 日本ハムファイターズ 27 32 6 .458 7.0
5位 クラウンライターライオンズ 29 35 1 .453 7.5
6位 近鉄バファローズ 28 35 2 .444 8.0
1977年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 69 51 10 .575
2位 南海ホークス 63 55 12 .534
3位 ロッテオリオンズ 60 57 13 .513
4位 近鉄バファローズ 58 61 10 .492
5位 日本ハムファイターズ 58 61 11 .487
6位 クラウンライターライオンズ 49 73 8 .402

*優勝はプレーオフで決定。2位以下はプレーオフの結果に関係なく勝率順で決定

プレーオフ[編集]

1977年 パシフィック・リーグプレーオフ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月9日(日) 第1戦 ロッテオリオンズ 1-18 阪急ブレーブス 阪急西宮球場
10月10日(月) 第2戦 ロッテオリオンズ 3-0 阪急ブレーブス
10月11日(火) 移動日
10月12日(水) 第3戦 阪急ブレーブス 1-3 ロッテオリオンズ 県営宮城球場
10月13日(木) 第4戦 阪急ブレーブス 4-2 ロッテオリオンズ
10月14日(金) 第5戦 雨天中止
10月15日(土) 阪急ブレーブス 7-0 ロッテオリオンズ
年間優勝:阪急ブレーブス

オールスターゲーム1977[編集]

ファン投票 有藤道世 山崎裕之
監督推薦 村田兆治

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
有藤道世 首位打者 .329 初受賞
リー 本塁打王 34本 初受賞
打点王 109打点 初受賞
村田兆治 最多奪三振 180個 2年連続2度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
有藤道世 三塁手 2年ぶり8度目
リー 外野手 初受賞
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
山崎裕之 二塁手 初受賞
弘田澄男 外野手 5年連続5度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 袴田英利 捕手 法政大学 入団
2位 梅沢義勝 投手 鬼怒商業高 入団
3位 広木政人 投手 群馬・富岡高 入団
4位 川島正幸 内野手 松商学園高 入団
5位 佐藤健一 投手 北海高 入団
6位 川口和久 投手 鳥取城北高 拒否・デュプロ入社

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 偵察メンバーの八木沢荘六と交代。

出典[編集]