1977年の日本ハムファイターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1977年の日本ハムファイターズ
成績
パシフィック・リーグ5位
年間5位:58勝61敗11分 勝率.487
後期4位:27勝32敗6分 勝率.458
前期4位:31勝29敗5分 勝率.517[1]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 大社義規
経営母体 日本ハム
監督 大沢啓二
« 1976
1978 »

1977年の日本ハムファイターズ(1977ねんのにほんハムファイターズ)では、1977年シーズンの日本ハムファイターズの動向をまとめる。

このシーズンの日本ハムファイターズは、大沢啓二監督の2年目のシーズンである。

概要[編集]

前年3年ぶりに最下位を脱出したこともあり、大沢監督は「今年こそシーズンを勝ち越す」と宣言。チームはダブル高橋(高橋一三高橋直樹)や野村収、この年広島からトレードで加入の佐伯和司といった投手陣の活躍もあり、前期は4位ながら勝ち越して後期以降のAクラス入りに期待がかかった。しかし、後期に入ると負けが込むようになりチームは勝ち越しどころか58勝61敗11分と借金3の5位で終了。投手陣では高橋直・高橋一がローテーションを守り、野村・佐伯もそれなりの成績を収めた。打撃陣は前年同様ウォルター・ウィリアムスボビー・ミッチェルの外国人コンビが打線を引っ張り、特にミッチェルは最後までロッテレロン・リーと本塁打王を争う活躍を見せた。他にも富田勝千藤三樹男、ルーキーの島田誠などもまずまずの成績をあげたがそれ以外の選手が低調に終わった。シーズン終了後大沢監督は南海から柏原純一をトレードで獲得し、打線の強化を図ることになる。チームは前年と同じ順位ながらも借金を大きく減らし、1ケタにとどめたことが翌1978年のAクラス入りにつながった。しかし黄金時代の阪急の壁は厚く、勝ち越してのAクラス入りは2年後の1979年まで待たなければならなかった。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 富田勝
2 千藤三樹男
3 ウイリアムス
4 ミッチェル
5 上垣内誠
6 小田義人
7 加藤俊夫
8 中原全敏
9 菅野光夫
投手 高橋直樹
1977年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 近鉄 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 南海 1.0 近鉄 0.5 南海 1.5
3位 阪急 3.0 南海 3.0 近鉄 2.5
4位 日本ハム 5.5 ロッテ 6.0 日本ハム 4.0
5位 クラウン 6.5 日本ハム 8.5 ロッテ 8.0
6位 ロッテ 8.0 クラウン 9.0 クラウン 14.0
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 クラウン -- ロッテ -- ロッテ --
2位 阪急 2.0 クラウン 2.0 阪急 0.5
3位 ロッテ 3.0 日本ハム 2.5 南海 4.0
4位 日本ハム 阪急 2.5 日本ハム 7.0
5位 近鉄 4.0 南海 5.0 クラウン 7.5
6位 南海 6.0 近鉄 6.0 近鉄 8.0
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 35 25 5 .583 --
2位 南海ホークス 33 26 6 .559 1.5
3位 近鉄バファローズ 31 26 8 .544 2.5
4位 日本ハムファイターズ 31 29 5 .517 4.0
5位 ロッテオリオンズ 27 33 5 .450 8.0
6位 クラウンライターライオンズ 20 38 7 .345 14.0
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 ロッテオリオンズ 33 24 8 .579 --
2位 阪急ブレーブス 34 26 5 .567 0.5
3位 南海ホークス 30 29 6 .508 4.0
4位 日本ハムファイターズ 27 32 6 .458 7.0
5位 クラウンライターライオンズ 29 35 1 .453 7.5
6位 近鉄バファローズ 28 35 2 .444 8.0
1977年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 69 51 10 .575
2位 南海ホークス 63 55 12 .534
3位 ロッテオリオンズ 60 57 13 .513
4位 近鉄バファローズ 58 61 10 .492
5位 日本ハムファイターズ 58 61 11 .487
6位 クラウンライターライオンズ 49 73 8 .402

*優勝はプレーオフで決定。2位以下はプレーオフの結果に関係なく勝率順で決定 [1]

オールスターゲーム1977[編集]

ファン投票 選出なし
監督推薦 高橋直樹 高橋一三 加藤俊夫 ウィリアムス

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー[1]
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
加藤俊夫 捕手 初受賞
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
加藤俊夫 捕手 初受賞

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 石井邦彦 投手 大東文化大学 入団
2位 古屋英夫 内野手 亜細亜大学 入団
3位 山本桂 外野手 谷村工業高 入団
4位 川本智徳 投手 八代工業高 入団
5位 土居靖典 内野手 慶應義塾大学 拒否・日本鋼管入社
6位 田村藤夫 捕手 関東第一高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 年度別成績 1977年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2017年6月9日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 123