1977年のJSL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

1977年JSL(第13回日本サッカーリーグ1部および第6回日本サッカーリーグ2部)は、1部が1977年9月8日から1978年2月12日まで、2部が1977年8月20日から1978年2月26日まで行われた。

優勝は、1部がフジタ工業クラブサッカー部で、2部が読売サッカークラブであった。

JSL1部[編集]

シーズン 1977(第13回)
優勝 フジタ
試合数 90
ゴール数 315 (1試合平均3.5)
1試合平均
ゴール数
3.50[1]
得点王 カルバリオ
平均観客動員 1,773人[1]
1976
1978

このシーズンより90分を終えて同点の場合にはPK戦を実施するようになった[2]。勝ち点は90分での勝利に4、PK勝ちに2、PK負けに1、敗戦に0[2]。順位決定方法にも変更があり、これまで勝ち点と得失点差が同じ場合はゴールアベレージ(得点÷失点)で順位を決めていたが、それが総得点に変わった[2]

フジタが、64得点という圧倒的な攻撃力で独走し、2試合を残して第16節に優勝を決めた[2]。FWカルバリオとMFマリーニョのブラジル人コンビは2人で41ゴールを奪い[2]、得点王に輝いたカルバリオは23ゴールでJSLのシーズン最多得点記録を打ち立てた[2]

前年チャンピオンの古河電工は、奥寺康彦が10月にドイツへ移籍したこともあって6位に終わった[3][2]

このシーズンの観客動員は15万9,650人(前年23万2,400人)まで落ち込み、1試合平均動員数はJSL全シーズンを通じて最低の1,773人だった[2]

大会概要[編集]

  • 開催期間:1977年9月8日-1978年2月12日
  • 引き分けを廃し、PK戦を採用。
  • 勝ち点制度変更(勝4 PK勝2 PK敗1 敗0)。
  • 順位決定方式変更(勝ち点-得失点差-総得点)。

参加クラブ[編集]

成績[編集]

年間順位[編集]

[2]

順位 クラブ 勝点 勝利 PK勝 PK敗 敗戦 得点 失点 得失差
1位 フジタ 60 14 1 2 1 64 15 +49
2位 三菱重工 47 9 4 3 2 34 21 +13
3位 日立 46 9 4 2 3 36 25 +11
4位 東洋工業 42 9 2 2 5 38 20 +18
5位 ヤンマー 40 8 3 2 5 39 28 +11
6位 古河電工 36 8 2 0 8 33 31 +2
7位 新日鐵 22 3 2 6 7 14 29 -15
8位 日本鋼管 20 3 3 2 10 28 27 +1
9位 富士通 20 3 2 4 9 18 38 -20
10位 トヨタ 4 1 0 0 17 11 81 -70
優勝
JSL2部との入替戦

得点ランキング[編集]

[2]

順位 選手名 所属クラブ 得点数
1 ブラジルの旗 カルバリオ フジタ 23
2 日本の旗 釜本邦茂 ヤンマー 20
3 ブラジルの旗 マリーニョ フジタ 18
4 日本の旗 永井良和 古河電工 14
5 日本の旗 小滝勇一 フジタ 11
6 日本の旗 山田実 東洋工業 10
7 日本の旗 碓井博行 日立 8
日本の旗 高橋義貴 日本鋼管 8
日本の旗 大神田仁 富士通 8
10 日本の旗 安原真一 東洋工業 7
日本の旗 中野重富 東洋工業 7

アシストランキング[編集]

[2]

順位 選手名 所属クラブ アシスト数
1 ブラジルの旗 比嘉セイハン フジタ 7
日本の旗 古前田充 フジタ 7
日本の旗 安原真一 東洋工業 7
日本の旗 永井良和 古河電工 7
5 日本の旗 足利道夫 三菱重工 6
日本の旗 高橋義貴 日本鋼管 6
7 ブラジルの旗 カルバリオ フジタ 5
8 日本の旗 脇裕司 フジタ 4
日本の旗 松永章 日立 4
日本の旗 田村誠 東洋工業 4
日本の旗 宮崎輝比古 東洋工業 4
日本の旗 今村博治 ヤンマー 4
日本の旗 上西一雄 ヤンマー 4
日本の旗 吉村大志郎 ヤンマー 4

表彰[編集]

[4]

選手名 所属クラブ 受賞回数
得点王 ブラジルの旗 カルバリオ フジタ
アシスト王 ブラジルの旗 比嘉セイハン フジタ
日本の旗 古前田充 フジタ
日本の旗 安原真一 東洋工業
日本の旗 永井良和 古河電工 2
得点王 ゴールデンボール賞 ブラジルの旗 カルバリオ フジタ
アシスト王 シルバーボール賞 日本の旗 永井良和 古河電工 2
新人王 日本の旗 園部勉 フジタ _
年間優秀11人賞 日本の旗 田口光久 三菱重工 2
日本の旗 脇裕司 フジタ
日本の旗 斉藤和夫 三菱重工 2
日本の旗 今井敬三 フジタ
日本の旗 落合弘 三菱重工 6
日本の旗 藤島信雄 日本鋼管 3
日本の旗 古前田充 フジタ 2
ブラジルの旗 マリーニョ フジタ
日本の旗 永井良和 古河電工 3
ブラジルの旗 カルバリオ フジタ
日本の旗 釜本邦茂 ヤンマー 10

JSL2部[編集]

JSL2部大会概要[編集]

JSL2部参加クラブ[編集]

JSL2部成績[編集]

JSL2部年間順位[編集]

[5]

順位 クラブ 勝点 勝利 PK勝 PK敗 敗戦 得点 失点 得失差
1 読売クラブ 47 11 1 1 5 41 19 +22
2 日産 43 8 4 3 3 23 18 +5
3 住友金属 35 6 4 3 5 33 32 +1
4 ヤンマークラブ 32 6 4 0 8 25 24 +1
5 甲府クラブ 32 6 2 4 6 28 28 ±0
6 京都紫光クラブ 31 5 4 3 6 26 37 -11
7 本田技研 29 5 3 3 7 25 24 +1
8 帝人松山 29 5 3 3 7 24 31 -7
9 古河電工千葉 28 5 2 4 7 19 28 -9
10 田辺製薬 27 6 0 3 9 21 24 -3
JSL1部との入替戦
社会人との入替戦

JSL2部表彰[編集]

[6]

選手名 所属クラブ 備考
得点王 岡島俊樹 読売クラブ 11得点
アシスト王 ジョージ与那城 読売クラブ 10アシスト

JSL1部・2部入替戦[編集]

[2] 参加クラブ

  • 富士通(JSL1部9位)
  • トヨタ自動車工業(JSL1部10位)
  • 読売クラブ(JSL2部優勝)
  • 日産自動車(JSL2部準優勝)
JSL1部 第1戦 第2戦 JSL2部
富士通 3-1 3-0 日産
トヨタ 0-2 0-2 読売クラブ
  • 富士通はJSL1部残留。トヨタ自動車工業はJSL2部降格。
  • 読売クラブはJSL1部昇格。

JSL2部・地域リーグ入替戦[編集]

[5] 参加クラブ

JSL 第1戦 第2戦 社会人
古河電工千葉 0-0(PK2-4) 1-3 東芝堀川町
田辺製薬  3-1 0-1 ヤマハ
  • 古河電工千葉は地域リーグへ降格。田辺製薬はJSL2部残留。
  • 東芝堀川町はJSL2部昇格。

出典[編集]

  1. ^ a b 「観客動員数/総得点数」『日本サッカーリーグ全史』 259頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 「1977 第13回大会」『日本サッカーリーグ全史』 146-147頁。
  3. ^ 『日本サッカー全史』102頁。
  4. ^ 「歴代ベスト11」「歴代表彰選手」『日本サッカーリーグ全史』262-263頁。
  5. ^ a b 『日本サッカーリーグ全史』 218頁。
  6. ^ 『日本サッカーリーグ全史』 217頁。

参考文献[編集]

  • 『日本サッカーリーグ全史』日本サッカーリーグ、1993

関連項目[編集]