1978年のロッテオリオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1978年のロッテオリオンズ
成績
パシフィック・リーグ4位
年間4位:53勝62敗15分 勝率.461
後期3位:28勝29敗8分 勝率.491
前期5位:25勝33敗7分 勝率.431[1]
本拠地
都市 神奈川県川崎市
球場
川崎球場
Kawasaki 1989.jpg
球団組織
オーナー 重光武雄
経営母体 ロッテ
監督 金田正一
« 1977
1979 »

1978年のロッテオリオンズでは、1978年のロッテオリオンズにおける動向をまとめる。

この年のロッテオリオンズは、金田正一監督の6年目のシーズンである。このシーズンから川崎球場を本拠地としたため、特定の本拠地を持たない、いわゆる「ジプシー球団」の状態を脱却した。

概要[編集]

前年プレーオフで阪急に敗れ優勝を逃したチームは、前年の二冠王リーの実弟・レオンが入団し、有藤通世山崎裕之らと強力打線を形成、さらに前年南海の監督を解任された野村克也も「生涯一捕手」を宣言し加入、シーズン前は阪急とともに優勝争いの有力候補と言われた。開幕後は前評判通り、4月中旬に7連勝をマークし阪急と首位争いを展開し、5月14日には首位阪急に0.5ゲーム差に迫ったが2日後の直接対決に敗れるとそこからチームは失速、さらに6月には0勝15敗4分けと全く勝てなくなり、優勝争いどころか5位に急降下して前期が終了。後期は7月中旬までは上位にいたが、7月18日に阪急に4対23と大敗するとそこから4連敗でBクラスに転落、8月下旬には8連敗を喫し、8月31日には前年までの本拠地・宮城球場で阪急の今井雄太郎完全試合を達成され、9月27日にはまたも今井に完投負けを許し阪急の優勝を決められる屈辱を味わった。後期は終盤に盛り返し3位で終えたが通算では日本ハムに0.5ゲーム差及ばず4位に終わり、シーズン終了後金田監督は責任を取り辞任、主力の山崎、金田留広渡辺秀武が次々とチームを離れ、野村も1年でロッテを退団した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 弘田澄男
2 得津高宏[注 1]
3 有藤通世
4 リー
5 山崎裕之
6 野村克也
7 レオン
8 白仁天
9 飯塚佳寛
投手 村田兆治
1978年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 ロッテ 2.0 近鉄 5.0 近鉄 9.0
3位 近鉄 3.5 ロッテ 日本ハム 13.0
4位 南海 8.0 日本ハム 9.0 クラウン 13.5
5位 日本ハム 9.0 クラウン 15.0 ロッテ 16.0
6位 クラウン 10.5 南海 17.0 南海 20.5
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 近鉄 1.0 近鉄 3.0 近鉄 0.0
3位 ロッテ 5.5 クラウン 8.5 ロッテ 10.0
4位 クラウン 6.5 日本ハム 10.0 日本ハム 12.5
5位 南海 7.5 ロッテ 11.5 クラウン 16.0
6位 日本ハム 9.5 南海 15.0 南海 18.5
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 44 20 1 .688 --
2位 近鉄バファローズ 32 26 7 .552 9.0
3位 日本ハムファイターズ 29 31 5 .483 13.0
4位 クラウンライターライオンズ 28 31 6 .475 13.5
5位 ロッテオリオンズ 25 33 7 .431 16.0
6位 南海ホークス 22 39 4 .361 20.5
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 38 19 8 .667 --
2位 近鉄バファローズ 39 20 6 .661 0.0
3位 ロッテオリオンズ 28 29 8 .491 10.0
4位 日本ハムファイターズ 26 32 7 .448 12.5
5位 クラウンライターライオンズ 23 36 6 .390 16.0
6位 南海ホークス 20 38 7 .345 18.5
1978年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 82 39 9 .678
2位 近鉄バファローズ 71 46 13 .607
3位 日本ハムファイターズ 55 63 12 .466
4位 ロッテオリオンズ 53 62 15 .461
5位 クラウンライターライオンズ 51 67 12 .432
6位 南海ホークス 42 77 11 .353

*阪急が前後期完全優勝したため、プレーオフは行わずそのまま年間優勝

オールスターゲーム1978[編集]

コーチ 徳武定之
ファン投票 選出なし
監督推薦 村田兆治 有藤通世

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選出なし
ダイヤモンドグラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 福間納 投手 松下電器 入団
2位 菊地恭一 外野手 東芝 拒否
3位 落合博満 内野手 東芝府中 入団
4位 武藤信二 投手 我孫子高 拒否・法政大学進学

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 偵察メンバーの八木沢荘六と交代。

出典[編集]