1978年沖縄県知事選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1978年沖縄県知事選挙
沖縄県
1976年 ←
1978年12月10日 (1978-12-10)
→ 1982年

投票率 80.93%
  Junji Nishime.JPG Replace this image JA.svg
候補者 西銘順治 知花英夫
政党 無所属 無所属
同盟 自由民主党・
民主社会党
革新共闘会議
得票数 284,049 257,902
得票率 52.41% 47.59%

選挙前沖縄県知事

平良幸市
無所属

選出沖縄県知事

西銘順治
無所属

1978年沖縄県知事選挙(1978ねんおきなわけんちじせんきょ)は、沖縄県の執行機関である沖縄県知事を選出するため、1978年12月10日に投票が行われた選挙である。

概要[編集]

1976年の選挙で初当選した平良幸市が脳血栓で倒れ1978年11月に知事を辞任した[1]ために行われた知事選挙である。

選挙は元自由民主党衆院議員の西銘順治と革新陣営が擁立した知花英夫との保革一騎討ちとなった。選挙の結果、保守系の西銘順治が2万6147票差をつけて当選し、革新から県政を奪還した(復帰後初)。

選挙日程及び有権者数[編集]

  • 告示:1978年11月15日 
  • 投票日:1978年12月10日 
  • 投票日当日の有権者数
男性:名
女性:名

候補者[編集]

立候補者は以下の2名である。

立候補者一覧 [2]
候補者名 年齢 所属党派 新旧 推薦・支持党派 職業
西銘順治   57 無所属 新人 自由民主党・民社党 無職
知花英夫  69 無所属 新人 歯科医師

選挙結果[編集]

保守系の西銘が、革新系知花を2万6147票差で下して初当選し保守が県政を奪還した。投票率は前回選挙時を僅かに下回った。


※当日有権者数:,人 最終投票率:80.93[3]%(前回比:-1.14ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
西銘順治 57無所属 284,049票52.41%自民・民社推薦
知花英夫69無所属257,902票47.59%

出典[編集]

  1. ^ 平良幸市 (たいら・こういち) - 琉球新報(2016年1月27日閲覧)
  2. ^ 県知事選 (昭和53) - 浦添市(2016年1月27日閲覧)
  3. ^ 投票率の推移PDFファイル) - 沖縄県選挙管理委員会(2016年1月27日閲覧)