1978 FIFAワールドカップ・アジア・オセアニア予選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1978 FIFAワールドカップ・アジア・オセアニア予選は、アジア・オセアニア地区で行われた1978 FIFAワールドカップ・予選である。アジアサッカー連盟オセアニアサッカー連盟より21チーム、無所属のイスラエルが参加して行われた[1]。しかし、サッカー南ベトナム代表南ベトナムが1976年にベトナムへと国号を変えサッカーベトナム代表へと編入されたため、大会には参加しなかった。本大会への出場枠は1。

予選は二つのラウンドにわかれている。

  • 1次予選: 参加21チームは5つのグループに分かれて戦う。グループごとのレギュレーションは以下のとおり。
    • グループ1 6チームが参加する。シンガポールを会場としてラウンドロビン方式で戦い、上位2チームがプレーオフに進出。プレーオフは一発勝負で、プレーオフの勝者が最終予選に進出。
    • グループ2、3 4チームが参加する。ホームアンドアウェー方式で戦い、グループ1位が最終予選に進出。
    • グループ4 4チームが参加する。カタールを会場としてラウンドロビン方式で戦う。グループ1位が最終予選に進出。
    • グループ5 3チームが参加する。ホームアンドアウェー方式で戦い、グループ1位が最終予選に進出。
  • 最終予選: 1次予選勝者5チームがホームアンドアウェー方式で対戦。成績最上位のチームが本大会への出場権を獲得する。

1次予選[編集]

グループ1[編集]

順位 チーム
1  香港 6 4 2 2 0 9 5 +4
2  シンガポール 5 4 2 1 1 5 6 −1
3  マレーシア 4 4 1 2 1 7 6 +1
4  インドネシア 3 4 1 1 2 7 7 0
5  タイ 2 4 1 0 3 8 12 −4
 スリランカ 参加辞退









香港とシンガポールがプレーオフに進出。

香港が最終予選に進出。

グループ2[編集]

順位 チーム
1  韓国 6 4 2 2 0 4 1 +3
2  イスラエル 5 4 2 1 1 5 3 +2
3  日本 1 4 0 1 3 0 5 −5
 北朝鮮 参加辞退





韓国が最終予選に進出。

グループ3[編集]

順位 チーム
1  イラン 8 4 4 0 0 8 0 +8
2  サウジアラビア 2 4 1 0 3 3 7 −4
3  シリア 2 4 1 0 3 2 6 −4
 イラク 参加辞退





イランが最終予選に進出。

グループ4[編集]

順位 チーム
1  クウェート 8 4 4 0 0 10 2 +8
2  バーレーン 2 4 1 0 3 4 6 −2
3  カタール 2 4 1 0 3 3 9 −6
 アラブ首長国連邦 参加辞退





クウェートが最終予選に進出。

グループ5[編集]

順位 チーム
1  オーストラリア 7 4 3 1 0 9 3 +6
2  ニュージーランド 5 4 2 1 1 14 4 +10
3  チャイニーズタイペイ 0 4 0 0 4 1 17 −16





オーストラリアが最終予選に進出。

最終予選[編集]

順位 チーム
1  イラン 14 8 6 2 0 12 3 +9
2  韓国 10 8 3 4 1 12 8 +4
3  クウェート 9 8 4 1 3 13 8 +5
4  オーストラリア 7 8 3 1 4 11 8 +3
5  香港 0 8 0 0 8 5 26 −21



















イランが本大会出場権を獲得した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Israel left the AFC in 1974 uefa.com
  2. ^ 日本はホームの試合をイスラエルで開催した。
  3. ^ a b オーストラリアとチャイニーズタイペイの対戦は2試合とも中立地のフィジーで開催された。
  4. ^ チャイニーズタイペイはホームの試合もニュージーランドで開催した。