1979年の中日ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
1979年の中日ドラゴンズ
成績
セントラル・リーグ3位
59勝57敗14分 勝率.509[1]
本拠地
都市 愛知県名古屋市
球場
ナゴヤ球場
Gthumb.svg
球団組織
経営母体 中日新聞社
監督 中利夫
 < 1978 1980 > 

1979年の中日ドラゴンズ(1979ねんのちゅうにちドラゴンズ)では、1979年シーズンの中日ドラゴンズの動向をまとめる。

この年の中日ドラゴンズは、中利夫監督の2年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 高木守道
2 田尾安志
3 ジョーンズ
4 大島康徳
5 ギャレット
6 井上弘昭
7 木俣達彦
8 正岡真二
9 星野仙一
1979年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位
2位
3位
4位
5位
6位
1979年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 広島東洋カープ 67 50 13 .573 -
2位 横浜大洋ホエールズ 59 54 17 .522 6.0
3位 中日ドラゴンズ 59 57 14 .509 7.5
4位 阪神タイガース 61 60 9 .504 8.0
5位 読売ジャイアンツ 58 62 10 .483 10.5
6位 ヤクルトスワローズ 48 69 13 .410 19.0

[1]

オールスターゲーム1979[編集]

ファン投票 選出なし
監督推薦 藤沢公也 三沢淳 星野仙一 木俣達彦 大島康徳 高木守道 井上弘昭

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
藤沢公也 新人王
最高勝率 .722 初受賞
大島康徳 最多安打 159本 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
木俣達彦 補手 2年ぶり5度目
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
高木守道 二塁手 2年ぶり3度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 牛島和彦 投手 浪商高 入団
2位 小松崎善久 捕手 土浦第三高 入団
3位 島田芳明 外野手 同志社大学 入団
4位 井出登 投手 いすゞ自動車 翌年シーズン後に入団

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1979年 セントラル・リーグ”. 2017年7月13日閲覧。