1979年の全日本F3選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1979年の全日本F3選手権
前年: 無し 翌年: 1980

1979年の全日本F3選手権は、1979年(昭和54年)3月31日 - 4月1日鈴鹿サーキットで開幕し、同年11月3日 - 4日に鈴鹿サーキットで閉幕した全7戦による1979年シーズンの全日本F3選手権である。

概要[編集]

1973年から開催されていた日本独自のジュニア・フォーミュラであった全日本FJ1300選手権が年々衰退傾向にあったことから、状況を打破すべくFJ1300に参加していた関西のコンストラクターやチームが中心となって日本にF3を導入しようとする動きが起こり、有志により日本F3協会が設立された。

FJ1300が1978年をもって終了すると、翌1979年より日本F3協会が「日本F3チャレンジカップ」を開催。チャンピオンには、翌年ヨーロッパで活動できる奨学制度を設けていた。

このシリーズは、日本F3協会の独自開催のため、厳密には全日本選手権は掛けられていない(1981年より日本自動車連盟(JAF)の追認を受け、正式に全日本選手権となった)。

エントリーリスト[編集]

スケジュール及び勝者[編集]

決勝日 開催サーキット 勝者 ポールポジション ファステストラップ
第1戦 4月1日 鈴鹿サーキット 佐々木秀六 佐々木秀六 鈴木利男
第2戦 5月3日 富士スピードウェイ 浅井順久 佐々木秀六 浅井順久
第3戦 6月10日 筑波サーキット 鈴木利男 佐々木秀六 鈴木利男
第4戦 9月2日 富士スピードウェイ 和田孝夫 和田孝夫 和田孝夫
第5戦 9月23日 鈴鹿サーキット 鈴木利男 佐々木秀六 鈴木利男
第6戦 10月21日 西日本サーキット 鈴木利男 鈴木利男 鈴木利男
第7戦 11月4日 鈴鹿サーキット 中本憲吾 中本憲吾 中本憲吾

シリーズポイントランキング[編集]

順位 車番 ドライバー 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦 第7戦 総得点
1 11 鈴木利男 10 15 20 0 20 15 15 95
2 5 中本憲吾 15 10 12 4 15 0 20 76
3 8 本橋敏生 0 4 10 15 12 12 10 63
4 25 浅井順久 0 20 15 12 4 - - 51
4 10 佐々木秀六 20 0 0 1 8 10 12 51
6 2・25 高橋淳 6 8 4 6 3 - 6 33
7 1 永川鉉植 8 - 0 10 10 - 0 28
8 26 和田孝夫 - - - 20 - - - 20
8 18 飯田武 - 0 6 8 6 - - 20
10 6 道上佐堵史 4 2 8 - - - - 14
11 23 中子修 12 0 0 - - - - 12
11 16 埋橋章 - 12 - - - - - 12
11 7 坂本考一 1 3 0 2 0 6 0 12
14 37 井上芳晴 - - - - - 8 2 10
15 30 高武富久美 - - - - - - 8 8
16 17 中山恵市 - 6 - - - - - 6
17 3 北川昌志 - - - - 0 4 0 4
17 27 鈴木亜久里 - - - 0 - - 4 4
17 1・19 山田政夫 - 1 3 0 - - - 4
20 15 金丸修二 - 0 - 3 - - - 3
20 29 皆川直樹 - - - - - - 3 3
20 22 山本高士 - - 1 0 2 - - 3
20 14 松葉和郎 3 - - - - - - 3
24 3 岸元伸好 0 0 2 0 - - - 2
24 12 中原幸雄 2 - - - - - - 2
26 20・15 杉浦克彦 - 0 - - 1 - 0 1
26 6 畑川治 - - - - - - 1 1

  • 各戦の1 - 10位に20・15・12・10・8・6・4・3・2・1の各点(出走7 - 10台の場合1 - 6位に15・12・10・8・6・4の各点)

参考資料[編集]