1979年の読売ジャイアンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1979年の読売ジャイアンツ
成績
セントラル・リーグ5位
58勝62敗10分 勝率.483[1]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 正力亨
経営母体 読売新聞グループ本社
監督 長嶋茂雄
« 1978
1980 »

1979年の読売ジャイアンツでは、1979年シーズンについての読売ジャイアンツの動向をまとめる。

この年の読売ジャイアンツは、長嶋茂雄監督の5年目のシーズンであり、空白の一日を経て、小林繁とのトレードで江川卓が巨人に入団したシーズンである。

概要[編集]

前年の11月21日に江川卓と入団契約を決行した所謂「空白の一日」の翌日、チームはドラフト会議をボイコット。ドラフト外での獲得を目指していた松沼博久雅之兄弟も新球団西武にさらわれ、新戦力の補強はドラフト外入団の鹿取義隆とテスト入団のベテラン石井茂雄のみにとどまった。結局江川はキャンプイン直前に小林繁との交換トレードという形で正式に巨人入団を果たすが、江川は5月末まで出場を自粛、一方チームは阪神のエースになった小林に8連敗を喫するなど波に乗れず、6月までは首位争いを展開するも9月に借金生活に突入、10月には5位に転落しそのままシーズンを終えた。危機感を抱いた長嶋監督は10月末から1ヶ月にわたり「地獄の伊東キャンプ」を決行し、新任の青田昇ヘッドコーチらと共に江川、西本聖中畑清篠塚利夫ら若手を徹底的に鍛え上げた。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 柴田勲
2 高田繁
3 張本勲
4 王貞治
5 シピン
6 淡口憲治
7 河埜和正
8 吉田孝司
9 新浦寿夫
1979年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 中日 -- 広島 -- 広島 -- 広島 --
2位 大洋 0.5 中日 3.0 中日 0.5 広島 2.5 阪神 4.5 阪神 10.0 大洋 6.0
3位 阪神 1.0 大洋 大洋 1.0 大洋 3.5 中日 4.5 大洋 10.5 中日 7.5
4位 中日 1.5 広島 4.5 広島 2.0 阪神 3.5 巨人 5.0 巨人 12.0 阪神 8.0
5位 広島 3.5 ヤクルト 4.5 阪神 4.0 巨人 3.5 大洋 5.5 中日 12.5 巨人 10.5
6位 ヤクルト 5.5 阪神 6.0 ヤクルト 7.5 ヤクルト 11.0 ヤクルト 13.5 ヤクルト 18.0 ヤクルト 19.0
1979年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 広島東洋カープ 67 50 13 .573 -
2位 横浜大洋ホエールズ 59 54 17 .522 6.0
3位 中日ドラゴンズ 59 57 14 .509 7.5
4位 阪神タイガース 61 60 9 .504 8.0
5位 読売ジャイアンツ 58 62 10 .483 10.5
6位 ヤクルトスワローズ 48 69 13 .410 19.0

オールスターゲーム1979[編集]

  • コーチ
長嶋茂雄
  • ファン投票
王貞治
シピン
河埜和正
  • 監督推薦
新浦寿夫
加藤初

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー[編集]

最多奪三振(223奪三振、初受賞)

ベストナイン[編集]

王貞治(一塁手、18年連続18度目)
西本聖(投手、初受賞)
王貞治(一塁手、8年連続8度目)

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 林泰宏 投手 市立尼崎高 入団
2位 山崎章弘 捕手 育英高 入団
3位 岡崎郁 内野手 大分商業高 入団
4位 上野敬三 内野手 箕島高 入団

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 入団当初は「外野手」扱いで、背番号も37番だったが、クルーガーの入団で「練習生」に降格(当時外国人選手は1球団につき2名までだった)、そして石井茂雄の入団で37番から68番に変更された。

出典[編集]

  1. ^ 年度別成績 1979年 セントラル・リーグ”. 2016年11月28日閲覧。
  2. ^ 読売巨人軍公式HP 背番号変遷”. 2016年11月28日閲覧。