1980年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1980年オールスターゲーム (日本プロ野球)

1980年のオールスター
Previous: 1979 Next: 1981

試合概要[編集]

前年、初の日本一を達成した広島東洋カープ古葉竹識監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率い、パ・リーグ優勝チーム・近鉄バファローズ西本幸雄監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)の指揮を執ったオールスターゲーム。

両軍の主力打者として数々の名勝負を繰り広げた王貞治巨人)・野村克也西武)が揃って出場。2人とも1980年のシーズン終了後に引退した。退く彼らに代わるように、江川卓(巨人)や木田勇日本ハム)、岡田彰布(阪神)らフレッシュな選手が初出場した。

第1戦は1980年代幕開けを象徴すべく、阪神タイガースのゴールデンルーキー・岡田彰布が全セの代打で登場した4回に勝ち越しの3ランホームランを打ち、早速MVPを獲得した。第2戦は前年の日本シリーズでも活躍した広島山根和夫(全セ)のピッチングと近鉄平野光泰(全パ)のバッティングが光った。なお、この2チームは1980年も日本シリーズで対決している。その広島の守護神・江夏豊は第3戦で前年の日本シリーズよろしく9回無死満塁のピンチの場面で江夏の21球ならぬ江夏の16球で全パ打線を3者連続三振に仕留めた。

選出選手[編集]

セントラル・リーグ[1] パシフィック・リーグ[1]
監督 古葉竹識 広島 監督 西本幸雄 近鉄
コーチ 土井淳 大洋 コーチ 梶本隆夫 阪急
中利夫 中日 大沢啓二 日本ハム
投手 小林繁 阪神 5 投手 木田勇 日本ハム
山根和夫 広島 鈴木啓示 近鉄 13
福士敬章 広島 2 井本隆 近鉄 2
北別府学 広島 2 山田久志 阪急 9
大野豊 広島 間柴茂有 日本ハム
江夏豊 広島 13 村田兆治 ロッテ 8
野村収 大洋 4 仁科時成 ロッテ
平松政次 大洋 9 倉持明 ロッテ
山本和行 阪神 3 山内新一 南海 6
西本聖 巨人 松沼博久 西武 2
江川卓 巨人 高橋直樹 日本ハム 5
梶間健一 ヤクルト 3
捕手 若菜嘉晴 阪神 3 捕手 梨田昌崇 近鉄 2
木俣達彦 中日 9 加藤俊夫 日本ハム 5
大矢明彦 ヤクルト 7 野村克也 西武 22
一塁手 王貞治 巨人 21 一塁手 加藤英司[2] 阪急 9
二塁手 岡田彰布 阪神 二塁手 マルカーノ 阪急 5
三塁手 掛布雅之 阪神 5 三塁手 有藤通世 ロッテ 11
遊撃手 真弓明信 阪神 2 遊撃手 高代延博 日本ハム 2
内野手 高橋慶彦 広島 2 内野手 石渡茂 近鉄 2
衣笠祥雄 広島 6 島谷金二 阪急 6
基満男 大洋 6 片平晋作 南海
田代富雄 大洋 2 土井正博 西武 16
大杉勝男 ヤクルト 8 山崎裕之 西武 9
スコット ヤクルト
外野手 山本浩二 広島 8 外野手 福本豊 阪急 10
若松勉 ヤクルト 9 リー ロッテ 3
ラインバック 阪神 2 島田誠 日本ハム 2
谷沢健一 中日 6 平野光泰 近鉄 2
田尾安志 中日 栗橋茂 近鉄 2
門田博光 南海 5
  • 太字はファン投票で選ばれた選手。▲は出場辞退選手発生による補充選手。

試合結果[編集]

試合 試合日 球場 開始時刻 勝利 スコア 敗戦 MVP 入場者数
第1戦 7月19日(土) 西宮 18時33分 セントラル 7 - 6 パシフィック 岡田彰布 26729人
第2戦 7月20日(日) 川崎 18時30分 パシフィック 3 - 1 セントラル 平野光泰 22285人
第3戦 7月22日(火) 後楽園 18時30分 セントラル 2 - 1 パシフィック 江夏豊 33910人

第1戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
全セ 1 1 1 4 0 0 0 0 0 7 12 0
全パ 2 0 0 0 2 0 2 0 0 6 10 1
  1. セ : ○小林()、大野)、福士(広)、S江夏(広)-若菜(神)、大矢
  2. パ : 井本)、●間柴()、松沼博西)、高橋直(日)、倉持)、木田(日)-梨田(近)、野村克(西)
  3. : 小林(1勝)  : 間柴(1敗)  S: 江夏 (1S)  
  4. :  セ – )1号(ソロ・井本)、岡田(神)1号(3ラン・間柴)  パ – リー(ロ)1号(2ラン・小林)・2号(ソロ・大野)、門田)1号(2ラン・福士)
  5. 審判:球審…岡田哲(パ)、塁審…太田(セ)・馬場(パ)・竹元(セ)、外審…中川透(パ)・田中(セ)
  6. 試合時間:2時間50分

オーダー[編集]

セントラル
打順守備選手
1[遊]高橋慶彦
2[左]若松勉
3[一]王貞治
4[中]山本浩二
5[三]掛布雅之
6[右]衣笠祥雄
7[二]真弓明信
8[捕]若菜嘉晴
9[投]小林繁
パシフィック
打順守備選手
1[中]平野光泰
2[左]栗橋茂
3[右]リー
4[一]加藤英司
5[遊]有藤通世
6[三]島谷金二
7[二]山崎裕之
8[捕]梨田昌崇
9[投]井本隆


第2戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
全セ 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 7 1
全パ 0 0 0 0 0 1 0 2 X 3 5 0
  1. セ : 山根(広)、梶間(ヤ)、西本聖)、●平松()-木俣)、若菜
  2. パ : 村田(ロ)、鈴木(近)、○山内新(南)、S倉持-梨田、加藤俊(日)
  3. : 山内新(1勝)  : 平松(1敗)  S: 倉持 (1S)  
  4. :  パ – 平野(近)1号(2ラン・平松)
  5. 審判:球審…鈴木(セ)、塁審…中川透(パ)・竹元(セ)・馬場(パ)、外審…田中(セ)・五十嵐(パ)
  6. 試合時間:2時間3分

オーダー[編集]

セントラル
打順守備選手
1[遊]高橋慶彦
2[左]若松勉
3[一]王貞治
4[中]山本浩二
5[三]衣笠祥雄
6[右]ラインバック
7[二]基満男
8[捕]木俣達彦
9[投]山根和夫
パシフィック
打順守備選手
1[遊]有藤通世
2[中]島田誠
3[一]片平晋作
4[右]リー
5[左]栗橋茂
6[三]島谷金二
7[二]山崎裕之
8[捕]梨田昌崇
9[投]村田兆治


第3戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
全パ 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 4 1
全セ 0 0 0 1 0 0 1 0 X 2 9 0
  1. パ : 木田、●高橋直、仁科(ロ)、間柴、松沼博-加藤俊、野村克
  2. セ : 江川(巨)、○山本和(神)、北別府(広)、梶間、野村収(洋)、S江夏-大矢、若菜
  3. : 山本和(1勝)  : 高橋直(1敗)  S: 江夏 (2S)  
  4. :  セ – 掛布(神)1号(ソロ・仁科)
  5. 審判:球審…五十嵐(パ)、塁審…田中(セ)・岡田哲(パ)・太田(セ)、外審…馬場(パ)・鈴木(セ)
  6. 試合時間:2時間45分

オーダー[編集]

パシフィック
打順守備選手
1[中]福本豊
2[左]栗橋茂
3[一]片平晋作
4[右]リー
5[三]有藤通世
6[捕]加藤俊夫
7[二]山崎裕之
8[遊]高代延博
9[投]木田勇
セントラル
打順守備選手
1[三]岡田彰布
2[遊]高橋慶彦
3[中]山本浩二
4[一]王貞治
5[右]衣笠祥雄
6[左]若松勉
7[二]真弓明信
8[捕]大矢明彦
9[投]江川卓


テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

ラジオ中継[編集]

特記事項[編集]

前年までMVPは「殊勲選手賞」として表彰されてきたが、1980年度から「最優秀選手賞」と名称変更され、敢闘賞・打撃賞・優秀投手賞は優秀選手賞に統合された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『オールスターゲームの軌跡 DREAM GAMES HISTORY since 1951』(2001年、ベースボール・マガジン社)、P.163
  2. ^ 票数自体はトニー・ソレイタ(日本ハム)が加藤を上回っていたが、ソレイタが外国人枠(同じくファン投票選出のリー(ロッテ)、マルカーノ(阪急)を票数で下回ったため)で落選したため、次点の加藤を選出。