1980年のロッテオリオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1980年のロッテオリオンズ
成績
プレーオフ敗退
パシフィック・リーグ2位
プレーオフ:0勝3敗(対近鉄
レギュラーシーズン
年間成績:64勝51敗15分 勝率.557
前期優勝:33勝25敗7分 勝率.569
後期3位:31勝26敗8分 勝率.544
本拠地
都市 神奈川県川崎市
球場
川崎球場
Kawasaki 1989.jpg
球団組織
オーナー 重光武雄
経営母体 ロッテ
監督 山内一弘
« 1979
1981 »

1980年のロッテオリオンズ(1980ねんのロッテオリオンズ)では、1980年シーズンについてのロッテオリオンズの動向をまとめる。

この年のロッテオリオンズは、山内一弘監督の2年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 弘田澄男
2 新井昌則
3 張本勲
4 リー
5 レオン
6 有藤通世
7 白仁天
8 土肥健二
9 水上善雄
投手 村田兆治
1980年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 南海 -- ロッテ -- ロッテ --
2位 ロッテ 1.0 近鉄 2.0 近鉄 1.5
3位 阪急 1.5 日本ハム 2.0 日本ハム
4位 日本ハム 3.0 阪急 3.5 阪急 6.5
5位 西武 4.5 南海 4.5 南海 7.0
6位 近鉄 5.0 西武 6.0 西武 7.5
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 日本ハム -- 日本ハム -- 近鉄 --
2位 ロッテ 0.5 ロッテ 0.5 日本ハム 0.5
3位 西武 0.5 西武 2.0 ロッテ 2.0
4位 阪急 3.0 近鉄 3.0 西武 2.0
5位 近鉄 4.0 阪急 3.5 阪急 6.5
6位 南海 10.0 南海 15.0 南海 16.0
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 ロッテオリオンズ 33 25 7 .569 --
2位 近鉄バファローズ 33 28 4 .541 1.5
日本ハムファイターズ 33 28 4 .541 1.5
4位 阪急ブレーブス 29 34 2 .460 6.5
5位 南海ホークス 28 34 3 .452 7.0
6位 西武ライオンズ 27 34 4 .443 7.5
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 近鉄バファローズ 35 26 4 .574 --
2位 日本ハムファイターズ 33 25 7 .569 0.5
3位 ロッテオリオンズ 31 26 8 .544 2.0
4位 西武ライオンズ 35 30 0 .538 2.0
5位 阪急ブレーブス 29 33 3 .468 6.5
6位 南海ホークス 20 43 2 .317 16.0
1980年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 近鉄バファローズ 68 54 8 .5573
2位 ロッテオリオンズ 64 51 15 .5565
3位 日本ハムファイターズ 66 53 11 .555
4位 西武ライオンズ 62 64 4 .492
5位 阪急ブレーブス 58 67 5 .464
6位 南海ホークス 48 77 5 .384

*優勝はプレーオフで決定。2位以下はプレーオフの結果に関係なく勝率順で決定


プレーオフ[編集]

1980年 パシフィック・リーグプレーオフ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月15日(水) 第1戦 近鉄バファローズ 4-1 ロッテオリオンズ 川崎球場
10月16日(木) 第2戦 近鉄バファローズ 4-2 ロッテオリオンズ
10月17日(金) 移動日
10月18日(土) 第3戦 ロッテオリオンズ 4-13 近鉄バファローズ 大阪球場
年間優勝:近鉄バファローズ

オールスターゲーム1980[編集]

  • ファン投票
有藤通世
リー
  • 監督推薦
村田兆治
仁科時成
倉持明

できごと[編集]

  • 1月5日 - 巨人から張本勲を金銭トレードで獲得[1][2]
  • 5月28日 - 張本が対阪急戦(川崎)の6回裏に山口高志から6号2点本塁打を放ち、プロ野球史上初の通算3000本安打[3][4]
  • 9月28日 - 張本が対近鉄戦ダブルヘッダー第1試合(川崎)の1回裏に11号本塁打を放ち、史上3人目の通算500号本塁打を達成[5]

選手・スタッフ[編集]

[6]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
リー 首位打者 .358 初受賞
最多安打 175本 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
レオン 一塁手 初受賞
有藤道世 三塁手 3年ぶり3度目
リー 外野手 3年ぶり2度目
ダイヤモンドクラブ賞
選手名 ポジション 回数
水上善雄 遊撃手 初受賞

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 愛甲猛 投手 横浜高 入団
2位 武藤一邦 外野手 法政大学 入団
3位 欠端光則 投手 岩手・福岡高 入団
4位 桃井進 内野手 電電信越 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【1月5日】1980年(昭55) 張本勲が断言「巨人は間違った方向に進んでいる」”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン新聞社 (2010年1月10日). 2015年12月18日閲覧。
  2. ^ 毎日新聞1980年1月6日15面「『巨人は間違っている』移籍の張本」毎日新聞縮刷版1980年1月p161
  3. ^ 読売新聞1980年5月29日17面「張本、史上初の3,000安打 22年目、アーチで飾る 阪急・山口から右翼上段」読売新聞縮刷版1980年5月p1071
  4. ^ 【5月28日】1980年(昭55) 張本勲、前人未到の3000本安打達成”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン新聞社. 2015年12月18日閲覧。
  5. ^ 読売新聞1980年9月29日17面「張本また勲章500本塁打」読売新聞縮刷版1980年9月p1097
  6. ^ 千葉ロッテマリーンズ公式HP 歴代所属選手”. 2016年11月29日閲覧。