1980年の阪急ブレーブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1980年の阪急ブレーブス
成績
パシフィック・リーグ5位
年間5位:58勝67敗5分 勝率.464
前期4位:29勝34敗2分 勝率.460
後期5位:29勝33敗3分 勝率.468[1]
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場
阪急西宮球場
Hankyu-Nishinomiya-Stadium-1.jpg
球団組織
オーナー 森薫
経営母体 阪急電鉄
監督 梶本隆夫
« 1979
1981 »

1980年の阪急ブレーブスでは、1980年の阪急ブレーブスにおける動向をまとめる。

1980年の阪急ブレーブスは、梶本隆夫監督の2年目のシーズンである。

概要[編集]

前年あと一歩のところで近鉄に5連覇を阻まれたチームはこの年からユニフォームを1971年以来のボタン式にマイナーチェンジし、アンダーシャツやストッキングを黒から赤に変更するなどイメージチェンジを図った。投手陣は中日から松本幸行をトレードで獲得したが、松本とエースの山田久志以外は投手陣が崩壊して防御率が3.84から5.08へ低下。打撃陣は4連覇の主力である福本豊蓑田浩二加藤英司が健在でこの年も打ちまくったが、5連覇を逃した影響もあって前期を4位で終えた。後期は8月まで5位ながらも首位の日本ハムから3.5ゲーム差と、Aクラス入りを狙える位置にいたが、投手陣の崩壊もあり後期も5位に終わった。1970年以来10年ぶりのBクラスに終わった責任を取り、梶本監督はこの年限りで辞任し1978年まで監督を務めた上田利治が復帰。小林公平オーナー代行から「もう一度夢を見させてくれ」と懇願された上田新監督のもと、チームの再構築が始まることになる。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー[2]
1 福本豊
2 簑田浩二
3 島谷金二
4 加藤英司
5 柳田真宏
6 マルカーノ
7 高井保弘
8 中沢伸二
9 吉沢俊幸
山田久志
1980年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 南海 -- ロッテ -- ロッテ --
2位 ロッテ 1.0 近鉄 2.0 近鉄 1.5
3位 阪急 1.5 日本ハム 2.0 日本ハム
4位 日本ハム 3.0 阪急 3.5 阪急 6.5
5位 西武 4.5 南海 4.5 南海 7.0
6位 近鉄 5.0 西武 6.0 西武 7.5
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 日本ハム -- 日本ハム -- 近鉄 --
2位 ロッテ 0.5 ロッテ 0.5 日本ハム 0.5
3位 西武 0.5 西武 2.0 ロッテ 2.0
4位 阪急 3.0 近鉄 3.0 西武 2.0
5位 近鉄 4.0 阪急 3.5 阪急 6.5
6位 南海 10.0 南海 15.0 南海 16.0
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 ロッテオリオンズ 33 25 7 .569 --
2位 近鉄バファローズ 33 28 4 .541 1.5
日本ハムファイターズ 33 28 4 .541 1.5
4位 阪急ブレーブス 29 34 2 .460 6.5
5位 南海ホークス 28 34 3 .452 7.0
6位 西武ライオンズ 27 34 4 .443 7.5
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 近鉄バファローズ 35 26 4 .574 --
2位 日本ハムファイターズ 33 25 7 .569 0.5
3位 ロッテオリオンズ 31 26 8 .544 2.0
4位 西武ライオンズ 35 30 0 .538 2.0
5位 阪急ブレーブス 29 33 3 .468 6.5
6位 南海ホークス 20 43 2 .317 16.0
1980年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 近鉄バファローズ 68 54 8 .5573
2位 ロッテオリオンズ 64 51 15 .5565
3位 日本ハムファイターズ 66 53 11 .555
4位 西武ライオンズ 62 64 4 .492
5位 阪急ブレーブス 58 67 5 .464
6位 南海ホークス 48 77 5 .384

*優勝はプレーオフで決定。2位以下はプレーオフの結果に関係なく勝率順で決定


オールスターゲーム1980[編集]

選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
投手 山田久志 9
一塁手 加藤英司 9
二塁手 マルカーノ 5
内野手 島谷金二 6
外野手 福本豊 10
  • 太字はファン投票で選ばれた選手。取り消し線は出場辞退。

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[3]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
福本豊 盗塁王 54個 11年連続11度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
福本豊 外野手 5年連続8度目
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
福本豊 外野手 9年連続9度目
簑田浩二 3年連続3度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 川村一明 投手 松商学園高 拒否・プリンスホテル入社
2位 長村裕之 捕手 駒澤大学 入団
3位 弓岡敬二郎 内野手 新日本製鐵広畑 入団
4位 西尾利春 投手 二松學舍大学附属高 入団

出典[編集]

  1. ^ 年度別成績 1980年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2015年11月7日閲覧。
  2. ^ 『読売新聞』1980年4月6日付朝刊、14版、17面
  3. ^ LEGEND OF Bs 2012 〜劇的、激動の80's〜オリックス・バファローズ公式HP