1980 ムンディアリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1980 ムンディアリート
1980 Mundialito
大会概要
開催国 ウルグアイの旗 ウルグアイ
日程 1980年12月30日-1981年1月10日
チーム数 (2連盟)
開催地数 (1都市)
大会結果
優勝  ウルグアイ (1回目)
準優勝  ブラジル
大会統計
試合数 7試合
ゴール数 19点
(1試合平均 2.71点)
総入場者数 255,000人
(1試合平均 36,429人)
得点王 ウルグアイの旗 ワルデマール・ビクトリーノ(3点)

1980 ムンディアリート西: 1980 Mundialito)あるいはコパ・デ・オーロ・デ・カンペオネス・ムンディアレス西: Copa de Oro de Campeones Mundiales)は、第1回FIFAワールドカップから50周年を記念して、1980年12月30日から1981年1月10日までウルグアイモンテビデオで開催された国際親善サッカー大会である。

概要[編集]

大会には過去のFIFAワールドカップ優勝国が招待された。ただし、1966年大会優勝のイングランドは出場を辞退したため、代わりにオランダが参加した。6か国が2つのグループで総当たり戦を行い、両グループの1位同士により決勝戦が行われた。

出場国[編集]

国名 備考
 ウルグアイ 1930年大会1950年大会優勝、開催国
 イタリア 1934年大会1938年大会優勝
 西ドイツ 1954年大会1974年大会優勝
 ブラジル 1958年大会1962年大会1970年大会優勝
 アルゼンチン 1978年大会優勝
 オランダ 1974年大会1978年大会準優勝( イングランドに代わって出場)

1966年大会優勝のイングランドは出場を辞退した。

出場選手[編集]

結果[編集]

グループリーグ[編集]

グループ A[編集]

チーム
1  ウルグアイ 2 2 0 0 4 0 +4 4
2  イタリア 2 0 1 1 1 3 −2 1
2  オランダ 2 0 1 1 1 3 −2 1

ウルグアイ  2 - 0  オランダ
ラモス 31分にゴール 31分
ビクトリーノ 45分にゴール 45分
エスタディオ・センテナリオモンテビデオ
観客数: 65,000人
主審: ペルーの旗 エンリケ・ラボ

ウルグアイ  2 - 0  イタリア
モラレス 67分にゴール 67分 (PK)
ビクトリーノ 81分にゴール 81分
エスタディオ・センテナリオモンテビデオ
観客数: 55,000人
主審: スペインの旗 エミリオ・グルセタ

イタリア  1 - 1  オランダ
アンチェロッティ 7分にゴール 7分 ペテルス 15分にゴール 15分
エスタディオ・センテナリオモンテビデオ
観客数: 15,000人
主審: オーストリアの旗 フランツ・ヴェーラー

グループ B[編集]

チーム
1  ブラジル 2 1 1 0 5 2 +3 3
2  アルゼンチン 2 1 1 0 3 2 +1 3
3  西ドイツ 2 0 0 2 2 6 −4 0

アルゼンチン  2 - 1  西ドイツ
カルツ84分にゴール 84分 (OG)
ディアス 88分にゴール 88分
ルベッシュ 41分にゴール 41分
エスタディオ・センテナリオモンテビデオ
観客数: 60,000人
主審: スペインの旗 アウグスト・ラモ・カスティーリョ

ブラジル  1 - 1  アルゼンチン
エジバウド 47分にゴール 47分 マラドーナ 30分にゴール 30分
エスタディオ・センテナリオモンテビデオ
観客数: 60,000人
主審: オーストリアの旗 エリヒ・リネマイヤー

ブラジル  4 - 1  西ドイツ
ジュニオール 56分にゴール 56分
トニーニョ・セレーゾ 61分にゴール 61分
セルジーニョ 76分にゴール 76分
ゼ・セルジオ 82分にゴール 82分
アロフス 54分にゴール 54分
エスタディオ・センテナリオモンテビデオ
観客数: 50,000人
主審: チリの旗 フアン・シルバグノ

決勝[編集]


ウルグアイ  2 - 1  ブラジル
バリオス 50分にゴール 50分
ビクトリーノ 80分にゴール 80分
ソクラテス 62分にゴール 62分
エスタディオ・センテナリオモンテビデオ
観客数: 71,250人
主審: オーストリアの旗 エリヒ・リネマイヤー

優勝国[編集]

 1980 ムンディアリート優勝国 

ウルグアイ

関連項目[編集]