1981年のヤクルトスワローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1981年のヤクルトスワローズ
成績
セントラル・リーグ4位
56勝58敗16分 勝率.491[1]
本拠地
都市 東京都新宿区
球場
明治神宮野球場
Remodeled meiji jingu stadium.jpg
球団組織
オーナー 松園尚巳
経営母体 ヤクルト本社
監督 武上四郎
« 1980
1982 »

1981年のヤクルトスワローズ(1981ねんのヤクルトスワローズ)では、1981年シーズンについてのヤクルトスワローズの動向をまとめる。

この年のヤクルトスワローズは、武上四郎監督の2年目のシーズンである。

概要[編集]

1979年1980年近鉄のリーグ連覇に大きく貢献したチャーリー・マニエルが3年ぶりにチームに復帰。外野陣は主力打者の若松勉、俊足好守のジョン・スコットそしてマニエルがレギュラーとなり、外野陣からあふれた杉浦享は一塁で大杉勝男と併用という贅沢な悩みを抱えた。しかし開幕を迎えると、肝心のマニエルの調子が一向に上がらず、4月24日の15試合目にようやく1号本塁打が出るなど、12本塁打にとどまり期待を裏切った。また、若松が4月22日に右肩の靭帯を損傷し戦列を離脱、さらにスコットも5月26日の阪神戦で甲子園のフェンスに激突し左膝の靭帯を損傷しこれまた離脱となり、外野陣は大幅に戦力ダウン。代わりに出番が大幅に増えた控え外野手の青木実が盗塁王に輝き、大杉も自己ベストの打率.343をマークし2000本安打も達成するなど活躍したが、接戦に弱いチームは一度も優勝争いに絡めず4位で終了(16引き分けはリーグ1位)。シーズン終了後に安田猛が現役を引退した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 渡辺進
2 角富士夫
3 若松勉
4 マニエル
5 杉浦享
6 大杉勝男
7 大矢明彦
8 渋井敬一
9 松岡弘
1981年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 中日 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 巨人 1.5 中日 6.0 ヤクルト 7.5 阪神 9.0 ヤクルト 9.0 広島 6.0
3位 広島 6.0 広島 6.5 阪神 8.5 ヤクルト 12.0 阪神 11.5 阪神 8.0
4位 ヤクルト 8.0 ヤクルト 9.0 広島 9.0 中日 12.5 広島 12.5 ヤクルト 13.5
5位 阪神 8.0 阪神 10.0 中日 10.0 広島 12.5 中日 13.5 中日 16.0
6位 大洋 9.5 大洋 13.5 大洋 大洋 17.0 大洋 22.5 大洋 31.5
1981年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 73 48 9 .603 -
2位 広島東洋カープ 67 54 9 .554 6.0
3位 阪神タイガース 67 58 5 .536 8.0
4位 ヤクルトスワローズ 56 58 16 .491 13.5
5位 中日ドラゴンズ 58 65 7 .472 16.0
6位 横浜大洋ホエールズ 42 80 8 .344 31.5

オールスターゲーム1981[編集]

  • コーチ
武上四郎
  • ファン投票
選出なし
  • 監督推薦
松岡弘
井原慎一朗
大杉勝男

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
青木実 盗塁王 34個 初受賞
ベストナイン
選出なし
ダイヤモンドグラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 宮本賢治 投手 亜細亜大学 入団
2位 加藤誉昭 外野手 都城商業高 入団
3位 中川明仁 投手 向上高 入団
4位 小川淳司 外野手 河合楽器 入団
5位 橋口美利 投手 宮崎・本庄高 入団
6位 豊順一郎 外野手 中種子高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]