1981年のロッテオリオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1981年のロッテオリオンズ
成績
パシフィック・リーグ3位
プレーオフ敗退
プレーオフ:1勝3敗1分(対日本ハム
レギュラーシーズン
年間成績:63勝57敗10分 勝率.525
後期3位:28勝31敗6分 勝率.475
前期優勝:35勝26敗4分 勝率.574
本拠地
都市 神奈川県川崎市
球場
川崎球場
Kawasaki 1989.jpg
球団組織
オーナー 重光武雄
経営母体 ロッテ
監督 山内一弘
« 1980
1982 »

1981年のロッテオリオンズ(1981ねんのロッテオリオンズ)では、1981年シーズンについてのロッテオリオンズの動向をまとめる。

この年のロッテオリオンズは、山内一弘監督の3年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 庄司智久
2 弘田澄男
3 張本勲
4 リー
5 レオン
6 有藤道世
7 落合博満
8 土肥健二
9 水上善雄
投手 村田兆治
1981年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 ロッテ -- 阪急 -- ロッテ --
2位 西武 1.5 ロッテ 0.5 西武 2.0
3位 阪急 2.5 西武 1.5 阪急 3.5
4位 日本ハム 5.0 日本ハム 4.0 日本ハム 4.5
5位 南海 5.5 南海 5.0 南海 6.0
6位 近鉄 6.5 近鉄 9.5 近鉄 11.0
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 日本ハム -- 日本ハム -- 日本ハム --
2位 ロッテ 0.5 阪急 1.0 阪急 3.0
3位 西武 1.5 ロッテ 2.5 ロッテ 8.5
4位 阪急 3.0 西武 3.5 近鉄 9.5
5位 南海 5.0 南海 6.5 西武 9.5
6位 近鉄 近鉄 7.5 南海 11.5
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 ロッテオリオンズ 35 26 4 .574 -
2位 西武ライオンズ 33 28 4 .541 2.0
3位 阪急ブレーブス 32 30 3 .516 3.5
4位 日本ハムファイターズ 31 31 3 .500 4.5
5位 南海ホークス 29 32 4 .475 6.0
6位 近鉄バファローズ 25 38 2 .397 11.0
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 日本ハムファイターズ 37 23 5 .617 -
2位 阪急ブレーブス 36 28 1 .563 3.0
3位 ロッテオリオンズ 28 31 6 .475 8.5
4位 近鉄バファローズ 29 34 2 .460 9.5
5位 西武ライオンズ 28 33 4 .459 9.5
6位 南海ホークス 24 33 8 .421 11.5
1981年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 日本ハムファイターズ 68 54 8 .557
2位 阪急ブレーブス 68 58 4 .540
3位 ロッテオリオンズ 63 57 10 .525
4位 西武ライオンズ 61 61 8 .500
5位 南海ホークス 53 65 12 .449
6位 近鉄バファローズ 54 72 4 .429

*優勝はプレーオフで決定。2位以下はプレーオフの結果に関係なく勝率順で決定


プレーオフ[編集]

1981年 パシフィック・リーグプレーオフ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月7日(水) 第1戦 日本ハムファイターズ 4-1 ロッテオリオンズ 川崎球場
10月8日(木) 第2戦 雨天中止
10月9日(金)
10月10日(土) 日本ハムファイターズ 5-5 ロッテオリオンズ
10月11日(日) 第3戦 ロッテオリオンズ 1-4 日本ハムファイターズ 後楽園球場
10月12日(月) 第4戦 ロッテオリオンズ 11-6 日本ハムファイターズ
10月13日(火) 第5戦 ロッテオリオンズ 4-8 日本ハムファイターズ
年間優勝:日本ハムファイターズ

オールスターゲーム1981[編集]

コーチ ファン投票 監督推薦
山内一弘 有藤通世 村田兆治
落合博満
リー
庄司智久

できごと[編集]

  • 7月7日 - 前年入団しながらリー兄弟が在籍しているために「練習生」扱いだった李宗源投手(台湾出身)、自分をスカウトした三宅宅三と養子縁組となる事で日本人に帰化し、「三宅宗源」と改名、同時に選手登録される。

選手・スタッフ[編集]

[1]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
落合博満 首位打者 .326 初受賞
村田兆治 最多勝利 19勝 初受賞
最多奪三振 154個 2年ぶり4度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
村田兆治 投手 初受賞
落合博満 二塁手 初受賞
有藤道世 三塁手 2年連続10度目
ダイヤモンドクラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 井辺康二 投手 東海大学 入団
2位 田子譲治 投手 鳥取西高 入団
3位 田中忠勝 捕手 久留米商業高 拒否・本田技研鈴鹿入社
4位 石井宏 投手 北海道日本大学高 拒否・日本大学進学
5位 西村徳文 内野手 鹿児島鉄道管理局 入団
6位 吉岡知毅 投手 近畿大学附属福山高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]