1981年の南海ホークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1981年の南海ホークス
成績
パシフィック・リーグ5位
年間5位:53勝65敗12分 勝率.449
後期6位:24勝33敗8分 勝率.421
前期5位:29勝32敗4分 勝率.475
本拠地
都市 大阪府大阪市浪速区
球場
大阪球場
Osaka Stadium 1989.jpg
球団組織
オーナー 川勝傳
経営母体 南海電気鉄道
監督 ドン・ブレイザー
« 1980
1982 »

1981年の南海ホークス(1981ねんのなんかいホークス)では、1981年の南海ホークスにおける動向をまとめる。

このシーズンの南海ホークスは、ドン・ブレイザー監督の1年目のシーズンである。

概要[編集]

広瀬叔功前監督の辞任を受け、1980年の途中まで阪神の監督だったブレイザーが野村克也元監督の解任以来4年ぶりにチームに復帰。前年に使用して最下位の原因となった縦縞ユニフォームや赤ツバ帽子の廃止など、1978年の最下位転落以来低迷するチームの立て直しを図るが、ブレイザー監督の「考える野球」は他球団に研究されるなど苦戦が続いた。前期は門田博光名取和彦とのトレードで西武から移籍したジム・タイロンがチームを引っ張り、前期は5位ながらも借金3で終了。後期以降の勝率5割に期待がかかったが、近鉄の復調で最下位に転落。結局ブレイザー監督1年目は53勝65敗12分の5位に終わったが、借金が前年の29から12と大きく減り翌年に期待を持たせる結果となった。投手陣ではこの年入団の山内和宏山内孝徳に加え、エースの山内新一も含めて「山内トリオ」を形成(背番号も3人で合わせている)し防御率こそ4.37で最下位だったものの、前年の5点台後半からはやや改善された。山内和・山内孝はこの年以降エースとして活躍し、弱い時代の南海を支えることになる。対戦成績は優勝の日本ハムに4勝18敗4分と相性が悪く、特に後期は同一カード9連敗を喫し日本ハム優勝のアシスト役になってしまった。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 藤原満
2 久保寺雄二
3 メイ
4 タイロン
5 門田博光
6 小田義人
7 定岡智秋
8 河埜敬幸
9 黒田正宏
投手 山内新一
1981年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 ロッテ -- 阪急 -- ロッテ --
2位 西武 1.5 ロッテ 0.5 西武 2.0
3位 阪急 2.5 西武 1.5 阪急 3.5
4位 日本ハム 5.0 日本ハム 4.0 日本ハム 4.5
5位 南海 5.5 南海 5.0 南海 6.0
6位 近鉄 6.5 近鉄 9.5 近鉄 11.0
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 日本ハム -- 日本ハム -- 日本ハム --
2位 ロッテ 0.5 阪急 1.0 阪急 3.0
3位 西武 1.5 ロッテ 2.5 ロッテ 8.5
4位 阪急 3.0 西武 3.5 近鉄 9.5
5位 南海 5.0 南海 6.5 西武 9.5
6位 近鉄 近鉄 7.5 南海 11.5
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 ロッテオリオンズ 35 26 4 .574 -
2位 西武ライオンズ 33 28 4 .541 2.0
3位 阪急ブレーブス 32 30 3 .516 3.5
4位 日本ハムファイターズ 31 31 3 .500 4.5
5位 南海ホークス 29 32 4 .475 6.0
6位 近鉄バファローズ 25 38 2 .397 11.0
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 日本ハムファイターズ 37 23 5 .617 -
2位 阪急ブレーブス 36 28 1 .563 3.0
3位 ロッテオリオンズ 28 31 6 .475 8.5
4位 近鉄バファローズ 29 34 2 .460 9.5
5位 西武ライオンズ 28 33 4 .459 9.5
6位 南海ホークス 24 33 8 .421 11.5
1981年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 日本ハムファイターズ 68 54 8 .557
2位 阪急ブレーブス 68 58 4 .540
3位 ロッテオリオンズ 63 57 10 .525
4位 西武ライオンズ 61 61 8 .500
5位 南海ホークス 53 65 12 .449
6位 近鉄バファローズ 54 72 4 .429

*優勝はプレーオフで決定。2位以下はプレーオフの結果に関係なく勝率順で決定


オールスターゲーム1981[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ファン投票 監督推薦
選出なし 藤田学
河埜敬幸
藤原満
門田博光

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
門田博光 本塁打王 44本 初受賞
最高出塁率 .431 初受賞
藤原満 最多安打 154本 5年ぶり2度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
門田博光 指名打者 初受賞[注 1]
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
藤原満 三塁手 5年ぶり2度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 金城信夫 投手 兵庫・市川高 入団
2位 赤星鉄治 捕手 九州産交 入団
3位 矢野実 投手 大丸 入団
4位 藤本博史 内野手 天理高 入団
5位 岡本光 投手 松下電器 拒否
6位 川本和宏 投手 天理高 入団

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 外野手部門で3度受賞しており、通算4度目。

出典[編集]