1981年の文学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1981年の文学では、1981年(昭和56年)の文学に関する出来事について記述する。

できごと[編集]

[編集]

芥川賞・直木賞[編集]

第84回(1980年下半期)
第85回(1981年上半期)

その他の賞[編集]

1981年の本[編集]

小説[編集]

その他[編集]

物故[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1981年 ベストセラー10 (昭和56年):【 FAX DM、FAX送信の日本著者販促センター 】
  2. ^ a b 長谷川泉「『伊豆の踊子』と新文学碑」(図書新聞 1981年5月23日号に掲載)。論考 & 1991-12, pp. 672-674に所収。
  3. ^ a b 秀子 & 1983-04
  4. ^ 受賞作はなかったが、高橋源一郎の『さようなら、ギャングたち』が優秀作に選ばれた。

参考文献[編集]

  • 『決定版 三島由紀夫全集42巻 年譜・書誌』 新潮社、2005年8月。ISBN 978-4106425820。 
  • 『川端康成全集35巻 雑纂2』 新潮社、1983年2月。ISBN 978-4106438356。 
  • 川端秀子 『川端康成とともに』 新潮社、1983年4月。ISBN 978-4103460015。 
  • 長谷川泉 『川端康成論考』 明治書院〈長谷川泉著作選第5巻〉、1991年12月。ISBN 978-4625531057。 

関連項目[編集]