1981年の横浜大洋ホエールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1981年の横浜大洋ホエールズ
成績
セントラル・リーグ6位
42勝80敗8分 勝率.344[1]
本拠地
都市 神奈川県横浜市
球場
横浜スタジアム
Yokohama Stadium 2007 -3.jpg
球団組織
オーナー 中部新次郎
経営母体 大洋漁業
監督 土井淳9月24日まで)
山根俊英9月25日以降)
« 1980
1982 »

1981年の横浜大洋ホエールズ(1981ねんのよこはまたいようホエールズ)では、1981年の横浜大洋ホエールズにおける動向をまとめる。

1981年の横浜大洋ホエールズは、土井淳監督の2年目のシーズンである。

概要[編集]

前年に続きチームはアリゾナ州メサでキャンプを行うが、野球用具約64万円分が盗難に遭うアクシデントに見舞われる。広島との開幕カードが2試合とも雨で流れ、結果的に2年連続で巨人をホームに迎え開幕したが、その巨人相手に8連敗を喫し、チームは5月下旬に最下位に転落。6月に入ると、山下大輔が74打数32安打、月間打率.432と打ちまくり月間MVPを受賞、チームも12勝5敗と大きく勝ち越したが、7月に入ると中旬に7連敗、8月にも8連敗を喫し最下位が決定的となった。9月にも9連敗を喫したところで9月24日に土井監督は休養、残り試合は山根俊英投手コーチが指揮を執った。優勝した巨人に4勝20敗2分と大きく負け越し、この頃から「横浜大洋銀行」の蔑称が使われるようになる。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 屋鋪要
2 基満男
3 ラコック
4 田代富雄
5 長崎慶一
6 ピータース
7 山下大輔
8 辻恭彦
9 斎藤明雄
1981年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 中日 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 巨人 1.5 中日 6.0 ヤクルト 7.5 阪神 9.0 ヤクルト 9.0 広島 6.0
3位 広島 6.0 広島 6.5 阪神 8.5 ヤクルト 12.0 阪神 11.5 阪神 8.0
4位 ヤクルト 8.0 ヤクルト 9.0 広島 9.0 中日 12.5 広島 12.5 ヤクルト 13.5
5位 阪神 8.0 阪神 10.0 中日 10.0 広島 12.5 中日 13.5 中日 16.0
6位 大洋 9.5 大洋 13.5 大洋 大洋 17.0 大洋 22.5 大洋 31.5
1981年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 73 48 9 .603 -
2位 広島東洋カープ 67 54 9 .554 6.0
3位 阪神タイガース 67 58 5 .536 8.0
4位 ヤクルトスワローズ 56 58 16 .491 13.5
5位 中日ドラゴンズ 58 65 7 .472 16.0
6位 横浜大洋ホエールズ 42 80 8 .344 31.5

[1]

オールスターゲーム1981[編集]

  • 監督推薦
斎藤明雄
福嶋久晃
山下大輔

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
山下大輔 遊撃手 初受賞
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
山下大輔 遊撃手 6年連続6度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 右田一彦 投手 電電九州 入団
2位 菊地恭一 外野手 東芝 入団
3位 村岡耕一 内野手 電電九州 入団
4位 竹下浩二 投手 興南高 入団
5位 金沢次男 投手 三菱自動車川崎 入団
6位 山中博一 内野手 横浜高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]