1981年の西武ライオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1981年の西武ライオンズ
成績
パシフィック・リーグ4位
年間4位:61勝61敗8分 勝率.500
後期5位:28勝33敗4分 勝率.459
前期2位:33勝28敗4分 勝率.541
本拠地
都市 埼玉県所沢市
球場
西武ライオンズ球場
Seibukyujo-931023-1.jpg
球団組織
オーナー 堤義明
経営母体 西武鉄道
監督 根本陸夫
« 1980
1982 »

1981年の西武ライオンズでは、1981年の西武ライオンズの動向をまとめる。

この年の西武ライオンズは、根本陸夫監督の4年目のシーズンである。

概要[編集]

前年スティーブ・オンティベロス田淵幸一ら打線の活躍で後期に優勝戦線に殴り込みをかけたチームはこの年も戦力補強を積極的に行い、石毛宏典杉本正秋山幸二などといった黄金時代の主力選手が相次いで入団。投手陣は13年目の東尾修、3年目の森繁和、そして松沼博久松沼雅之兄弟をはじめ、古沢憲司柴田保光が中継ぎで控えるなど層が厚く、打撃陣は石毛のほかにも現役大リーガーのテリー・ウィットフィールドが加わったことからチームは優勝が期待された。前期は日本ハムの不調をしり目にロッテ阪急と優勝を争い、2位で終了。後期は8月まで日本ハムと3ゲーム差の4位と健闘するが、9月以降は8連敗を喫して急降下。後期の優勝はならず、最終成績は61勝61敗8分で西鉄末期の1967年以来14年ぶりの勝率5割となった。投手陣はチーム防御率は3.62でリーグ1位、打撃陣はリーグ2位の143本塁打と打ちまくったが飛ぶボール使用禁止の影響で前年から本塁打が激減し、盗塁数も72個と最下位だった。西武の基礎が固まったこともあり、根本監督はこの年限りで勇退し1978年ヤクルトを日本一に導いた広岡達朗が新監督に就任した。シーズン終了後、かつての4番土井正博が根本監督の勇退とともに引退し、また古沢が翌年の途中に広島に移籍するなど、世代交代も加速していく。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 石毛宏典
2 山崎裕之
3 スティーブ
4 田淵幸一
5 テリー
6 土井正博
7 立花義家
8 大石友好
9 岡村隆則
投手 東尾修
1981年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 ロッテ -- 阪急 -- ロッテ --
2位 西武 1.5 ロッテ 0.5 西武 2.0
3位 阪急 2.5 西武 1.5 阪急 3.5
4位 日本ハム 5.0 日本ハム 4.0 日本ハム 4.5
5位 南海 5.5 南海 5.0 南海 6.0
6位 近鉄 6.5 近鉄 9.5 近鉄 11.0
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 日本ハム -- 日本ハム -- 日本ハム --
2位 ロッテ 0.5 阪急 1.0 阪急 3.0
3位 西武 1.5 ロッテ 2.5 ロッテ 8.5
4位 阪急 3.0 西武 3.5 近鉄 9.5
5位 南海 5.0 南海 6.5 西武 9.5
6位 近鉄 近鉄 7.5 南海 11.5
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 ロッテオリオンズ 35 26 4 .574 -
2位 西武ライオンズ 33 28 4 .541 2.0
3位 阪急ブレーブス 32 30 3 .516 3.5
4位 日本ハムファイターズ 31 31 3 .500 4.5
5位 南海ホークス 29 32 4 .475 6.0
6位 近鉄バファローズ 25 38 2 .397 11.0
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 日本ハムファイターズ 37 23 5 .617 -
2位 阪急ブレーブス 36 28 1 .563 3.0
3位 ロッテオリオンズ 28 31 6 .475 8.5
4位 近鉄バファローズ 29 34 2 .460 9.5
5位 西武ライオンズ 28 33 4 .459 9.5
6位 南海ホークス 24 33 8 .421 11.5
1981年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 日本ハムファイターズ 68 54 8 .557
2位 阪急ブレーブス 68 58 4 .540
3位 ロッテオリオンズ 63 57 10 .525
4位 西武ライオンズ 61 61 8 .500
5位 南海ホークス 53 65 12 .449
6位 近鉄バファローズ 54 72 4 .429

*優勝はプレーオフで決定。2位以下はプレーオフの結果に関係なく勝率順で決定


できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[1][2]

オールスターゲーム1981[編集]

ファン投票 監督推薦
山崎裕之
石毛宏典
松沼雅之
森繁和
永射保
大石友好

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル
石毛宏典 新人王
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
石毛宏典 遊撃手 初受賞
テリー 外野手 初受賞
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
山崎裕之 二塁手 2年連続3度目
石毛宏典 遊撃手 初受賞

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 伊東勤 捕手 所沢高 入団
2位 金森栄治 捕手 プリンスホテル 入団
3位 小田真也 投手 大丸 入団
4位 串原泰夫 投手 所沢商業高 入団
5位 藤高俊彦 投手 新日本製鐵広畑 拒否
6位 工藤公康 投手 名古屋電気高 入団

出典[編集]

  1. ^ 西武ライオンズ公式HP 背番号の歴史”. 埼玉西武ライオンズ. 2017年4月17日閲覧。
  2. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7。