1981年のNBAドラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

1981年のNBAドラフト1981年6月9日ニューヨークにおいて開催された。USAネットワークを通じて生中継された。

ドラフトでは23チーム中、東西両カンファレンスで勝率の最も低かった2チーム(ダラス・マーベリックスデトロイト・ピストンズ)がコイントスを行い、全体1位指名権が決められた。その結果、ダラス・マーベリックスが全体1位指名権を獲得、ピストンズが全体2位指名権を獲得した[1]。全体3位指名以降は前年の成績順に順番が定められた。このドラフトでは大学で4年間プレーした選手以外に5人の選手がアーリーエントリーを行った[2]。指名は10巡まで行われ223人が指名された。

1巡目[編集]

指名順 選手名 国籍 指名チーム 出身校など
1 マーク・アギーレ (G/F/) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ダラス・マーベリックス デポール
2 アイザイア・トーマス (G) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 デトロイト・ピストンズ インディアナ
3 バック・ウィリアムズ (F/C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー・ネッツ メリーランド
4 アル・ウッド (G/F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アトランタ・ホークス(数チームを経たキャバリアーズの指名権) ノースカロライナ
5 ダニー・ヴラネス (F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 シアトル・スーパーソニックス(ユタ・ジャズの指名権) ユタ
6 オーランド・ウールリッジ (F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 シカゴ・ブルズ(アトランタ・ホークスの指名権) ノートルダム
7 スティーブ・ジョンソン (C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カンザスシティ・キングス(ニックス、スーパーソニックスを経た指名権) オレゴン州立
8 トム・チェンバース (G) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 サンディエゴ・クリッパーズ(ペイサーズの指名権) ユタ
9 ローランド・ブラックマン (G) パナマの旗 パナマ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
サンディエゴ・クリッパーズ(ナゲッツの指名権) ユタ
10 アルバート・キング (G/F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー・ネッツ(ブレイザーズ、ウォリアーズを経た指名権) メリーランド
11 フランク・ジョンソン (F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントン・ブレッツ ウェイクフォレスト
12 ケニー・トリプカ (G/F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 デトロイト・ピストンズ(キングスの指名権) ノートルダム
13 ダニー・シェイズ (F/C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユタ・ジャズ(ロケッツの指名権) シラキューズ
14 ハーブ・ウィリアムズ (F/C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 インディアナ・ペイサーズ オハイオ州立
15 ジェフ・ランプ (G/F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ポートランド・トレイルブレイザーズ バージニア
16 ダーネル・ヴァレンティン (G) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ポートランド・トレイルブレイザーズ(ブルズの指名権) カンザス
17 ケビン・ローダー (G/F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カンザスシティ・キングス(キャブス、ニックスを経た指名権) アラバマ州立
18 レイ・トルバート (F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー・ネッツ(スパーズの指名権) インディアナ
19 マイク・マギー (G/F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロサンゼルス・レイカーズ ミシガン
20 ラリー・ナンス (F/C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フェニックス・サンズ クレムゾン
21 アルトン・リスター (F/C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミルウォーキー・バックス アリゾナ州立
22 フランクリン・エドワーズ (G) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ クリーブランド州立
23 チャールズ・ブラッドリー (C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ボストン・セルティックス ワイオミング

1巡目指名以外の主な選手[編集]

指名順 選手名 国籍 指名チーム 出身校など
24 ジェイ・ビンセント (F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ダラス・マーベリックス ミシガン州立
28 ジーン・バンクス (G/F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 サンアントニオ・スパーズ(レイカーズ、ブルズ、キャブスを経た指名権) デューク
29 エディー・ジョンソン (F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カンザスシティ・キングス(ホークスの指名権) イリノイ
31 ダニー・エインジ (G/F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ボストン・セルティックス(クリッパーズの指名権) ブリガムヤング
35 チャールズ・デービス (F/C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントン・ブレッツ(ロケッツの指名権) ヴァンダービルト
43 エルストン・ターナー (G/F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ダラス・マーベリックス(サンズの指名権) ミシシッピ
57 フランク・ブリコウスキ (F/C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク・ニックス(ブレッツの指名権) ペンシルベニア州立
61 ペートゥル・グズムンドソン (C) アイスランドの旗 アイスランド ポートランド・トレイルブレイザーズ ワシントン
76 ルイス・ロイド (G/F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ゴールデンステート・ウォリアーズ(ソニックスの指名権) ドレイク
85 ピーター・バーホーベン (F) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ポートランド・トレイルブレイザーズ フレズノ州立
179 ジェイ・トリアーノ (G) カナダの旗 カナダ ロサンゼルス・レイカーズ サイモンフレーザー(カナダ)
179 岡山恭崇 (C) 日本の旗 日本 ゴールデンステート・ウォリアーズ 住友金属工業(日本)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Mavericks Win First Draft Pick”. ニューヨーク・タイムズ (1981年5月1日). 2017年5月2日閲覧。
  2. ^ Early Entry Candidate History”. nba.com. 2017年5月2日閲覧。

参考文献[編集]