1981年東京都議会議員選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1981年東京都議会議員選挙(1981ねんとうきょうとぎかいぎいんせんきょ)は、東京都議会である東京都議会を構成する議員を全面改選するため、1981年7月5日に投票が行われた選挙である。

概要[編集]

東京都議会は1965年に自主解散したため、統一地方選挙と2年ずれる形で選挙が実施されている。なお、統一地方選挙で実施されない都道府県議会選挙は、東京都以外では茨城県沖縄県の2箇所である。

この都議選は、2年前の都知事選挙で初当選した鈴木俊一都知事の都政に対する中間評価となるだけでなく、1980年代の政治動向を占う上でも重要な選挙となった。そのため、各党は党首クラスを動員して激しい選挙戦を展開した。

  • 告示:1981年6月28日
  • 改選数:127議席
党派別立候補者数
党派 候補者
合計
現職 元職 新人 現有
議席
自由民主党 68 49 0 19 55
公明党 27 17 0 10 24
日本社会党 29 16 4 9 18
日本共産党 39 10 9 20 11
新自由クラブ 18 7 1 10 8
民社党 11 3 0 8 4
諸派 10 0 0 10 0
無所属 31 2 1 28 1
合計 233 104 15 114 121
  • 朝日新聞1981年6月25日付1面(縮刷版1981年6月号891頁)の「党派別立候補者数」を元に作成。現有議席については20面の「選挙区別候補者数」の表(同月号910頁)より引用。

選挙結果[編集]

1981年7月5日投票、東京都議会議員選挙の選挙結果一覧表
党派 得票数 得票率 議席数 現職 元職 新人 改選前 増減
自由民主党 1,500,330 34.5 52 42 0 10 55 -3
公明党 862,847 19.8 27 17 0 10 24 +3
日本共産党 704,869 16.2 16 10 3 3 11 +5
日本社会党 550,364 12.6 15 11 3 1 18 -3
新自由クラブ 288,461 6.6 8 5 0 3 8 0
民社党 170,174 3.9 5 3 0 2 4 +1
諸派 35,082 0.8 0 0 0 0 0 0
無所属 241,413 5.6 4 2 0 2 1 +3
合計 4,353,541 100.0 127 90 6 31 121
  • 女性は4名が当選。
  • 朝日新聞1981年7月6日付夕刊1面の表「党派別当選者数」(縮刷版1981年7月号237頁)と、7月7日付1面の表「党派別得票」(同月号249頁)を元に作成。

翌日開票の結果、自民党は現有議席を3議席減らした他、社会党も現有議席を下回り敗北する結果となった。一方、公明党は27名の候補者全員が当選した。前回敗北した共産党は5議席を回復し、社会党から野党第1党の座を奪い返した。新自由クラブは現状維持、民社党は微増という結果になった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 朝日新聞社『「朝日新聞」縮刷版 1981年6月号』
  • 朝日新聞社『「朝日新聞」縮刷版 1981年7月号』