1982年のヤクルトスワローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1982年のヤクルトスワローズ
成績
セントラル・リーグ6位
45勝75敗10分 勝率.375[1]
本拠地
都市 東京都新宿区
球場
明治神宮野球場
Remodeled meiji jingu stadium.jpg
球団組織
オーナー 松園尚巳
経営母体 ヤクルト本社
監督 武上四郎
« 1981
1983 »

1982年のヤクルトスワローズ(1982ねんのヤクルトスワローズ)では、1982年シーズンについてのヤクルトスワローズの動向をまとめる。

この年のヤクルトスワローズは、武上四郎監督の3年目のシーズンである。

概要[編集]

キャンプインを前にチャーリー・マニエルの自由契約が発表され、ジョン・スコットも怪我で退団したチームは外国人選手を一新してシーズンに臨んだが、外野手のラリー・ハーロー巨人との開幕戦で拙守を連発し、打撃不振もあり7月に解雇。もう1人のデビッド・デントンは開幕を2軍で迎え、5月になってようやく1軍昇格という体たらくで、チーム打率がリーグ最下位、チーム防御率も5位のチームは5月上旬に8連敗で最下位に転落すると、そこから一度も浮上することなく、5位大洋に9ゲーム差を付けられシーズンを終えた。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 渋井敬一
2 角富士夫
3 若松勉
4 大杉勝男
5 杉浦享
6 ハーロー
7 渡辺進
8 大矢明彦
9 鈴木康二朗
1982年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 広島 -- 巨人 -- 巨人 -- 中日 --
2位 大洋 2.5 中日 1.0 巨人 1.0 中日 1.0 中日 4.0 巨人 0.5
3位 中日 3.0 広島 1.0 中日 3.0 広島 2.0 阪神 8.0 阪神 4.5
4位 広島 大洋 3.0 大洋 4.0 大洋 6.5 広島 11.0 広島 8.0
5位 ヤクルト 5.5 ヤクルト 7.0 阪神 4.5 阪神 7.5 大洋 13.5 大洋 14.5
6位 阪神 7.0 阪神 12.0 ヤクルト 17.5 ヤクルト 19.0 ヤクルト 23.5 ヤクルト 23.5
1982年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 中日ドラゴンズ 64 47 19 .577 -
2位 読売ジャイアンツ 66 50 14 .569 0.5
3位 阪神タイガース 65 57 8 .533 4.5
4位 広島東洋カープ 59 58 13 .504 8.0
5位 横浜大洋ホエールズ 53 65 12 .449 14.5
6位 ヤクルトスワローズ 45 75 10 .375 23.5

オールスターゲーム1982[編集]

  • ファン投票
選出なし
  • 監督推薦
尾花高夫
杉浦享

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選出なし
ダイヤモンドグラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 荒木大輔 投手 早稲田実業高 入団
2位 新谷博 投手 佐賀商業高 拒否・駒澤大学進学
3位 阿井英二郎 投手 東京農業大学第二高 入団
4位 広瀬哲朗 内野手 駒澤大学 拒否・本田技研入社
5位 上地和彦 内野手 二松學舍大学附属高 入団
6位 西沢浩一 投手 武蔵村山高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]