1982年の世界耐久選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
1982年の世界耐久選手権
前年: 1981 翌年: 1983

1982年の世界耐久選手権は、FIAスポーツカー世界選手権の30年目のシーズン。1982年4月18日イタリアモンツァで開幕し、10月17日イギリスブランズハッチで閉幕するまで、全8戦が行われた[1]。ドライバーズタイトルは8戦、マニファクチャラーズタイトルは5戦で争われた。参加車両はグループCスポーツカー、グループB GTカー、グループ6の2シーター、グループ5のスペシャルプロダクツカー、グループ4GTカー、グループ3GTカー、グループ2ツーリングカー、IMSA規定のGTX、GTO、GTUカーの各クラス。マニファクチャラーズタイトルはグループCとグループBのみに懸けられた。

開催スケジュール[編集]

ドライバーズタイトルを獲得したジャッキー・イクス、1975年撮影。
ラウンド レース サーキット 開催日
1 イタリアの旗 トロフェオ・フィリッポ・カラッチオーロ (1000km) モンツァ・サーキット 4月18日
2 イギリスの旗 ペース・ペトロリウム6時間 シルバーストン・サーキット 5月16日
3 ドイツの旗 ルドルフ・カラッチオーラ・ヴァンダープレイス1000Km ニュルブルクリンク 5月30日
4 フランスの旗 ル・マン24時間レース サルト・サーキット 6月19日
6月20日
5 ベルギーの旗 トロフィー・ダイナースクラブ1000Km スパ・フランコルシャン 9月5日
6 イタリアの旗 トロフェオ・バンカ・トスカーナ 1000Km ムジェロ・サーキット 9月19日
7 日本の旗 WECイン・ジャパン (6時間) 富士スピードウェイ 10月3日
8 イギリスの旗 シェル・オイル1000Km ブランズ・ハッチ 10月17日

† - ドライバーズタイトルのみ。

シーズン結果[編集]

マルティーニ・レーシングのランチア・LC1は8戦中3戦で優勝した。
ラウンド サーキット 優勝チーム
優勝車両
ポールポジション レポート
優勝ドライバー
1 モンツァ フランスの旗 オートモビルズ・ジャン・ロンドー
フランスの旗 ロンドー・M382 フォード/173周


1分39秒91 / ランチア・LC1
詳細
フランスの旗 アンリ・ペスカロロ
イタリアの旗 ジョルジオ・フランシア
2 シルバーストン イタリアの旗 マルティーニ・レーシング
イタリアの旗 ランチア・LC1/240周
ベルギーの旗 ジャッキー・イクス

1分16秒91 / ポルシェ・956
詳細
イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート
イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ
3 ニュルブルクリンク イタリアの旗 マルティーニ・レーシング
イタリアの旗 ランチア・LC1/44周


7分16秒57 / フォード・C100
詳細
イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート
イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ
イタリアの旗 テオ・ファビ
4 ル・サルト ドイツの旗 ロスマンズポルシェ
ドイツの旗 ポルシェ・956/359周
ベルギーの旗 ジャッキー・イクス

3分28秒40 / ポルシェ・956
詳細
ベルギーの旗 ジャッキー・イクス
イギリスの旗 デレック・ベル
5 スパ・フランコルシャン ドイツの旗 ロスマンズポルシェ
ドイツの旗 ポルシェ・956/144周
ベルギーの旗 ジャッキー・イクス

2分15秒12 / ポルシェ・956
詳細
ベルギーの旗 ジャッキー・イクス
ドイツの旗 ヨッヘン・マス
6 ムジェロ イタリアの旗 マルティーニ・レーシング
イタリアの旗 ランチア・LC1/191周


1分45秒29 / ランチア・LC1
詳細
イタリアの旗 ピエルカルロ・ギンザーニ
イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート
7 富士 ドイツの旗 ロスマンズポルシェ
ドイツの旗 ポルシェ・956/260周
ベルギーの旗 ジャッキー・イクス

1分12秒45 / ポルシェ・956
詳細
ベルギーの旗 ジャッキー・イクス
ドイツの旗 ヨッヘン・マス
8 ブランズ・ハッチ ドイツの旗 ロスマンズポルシェ
ドイツの旗 ポルシェ・956/211周


1分27秒50 / フォード・C100
詳細
ベルギーの旗 ジャッキー・イクス
ドイツの旗 ヨッヘン・マス

ランキング[編集]

ドライバーズランキング[編集]

ドライバーズポイントはクラスにかかわらず、各レースでの上位10名に対して20-15-12-10-8-6-4-3-2-1ポイントが与えられた。また、以下の通りのボーナスポイントが与えられた。

  • 0ポイント:カテゴリー I (グループC、排気量2000ccを超えるグループ5、排気量2000ccを超えるIMSA GTX)
  • 1ポイント:カテゴリー II (排気量2000ccを超えるグループB、排気量2000cc以下のグループ6、排気量2000cc以下のグループ5、排気量2000cc以上のグループ4、IMSA GTO)
  • 2ポイント:カテゴリー III (IMSA GTU、排気量2000cc以上のグループ2、排気量2000cc以上のグループ3)
  • 3ポイント:カテゴリー IV (排気量2000cc以下のグループB、排気量2000cc以下のグループ4、排気量2000cc以下のグループ2、排気量2000cc以下のグループ3)[1]

各ドライバーはベスト6戦のみのポイントがカウントされた[1]。レースの間に車両を変更したドライバーにはポイントが与えられない。また、その車両の最低30%をドライブしなければポイントは与えられない[2]

ロスマンズ・ポルシェのポルシェ・956をドライブしたベルギー人ドライバーのジャッキー・イクスがタイトルを獲得した[1]

順位 [3] ドライバー [3] 車両 Mon [3] Sil [3] Nur [3] Le M [3] Spa [3] Mug [3] Fuj [3] Br H [3] ポイント [3]
1 ベルギーの旗 ジャッキー・イクス ポルシェ・956 - 15 - 20 20 - 20 20 95
2 イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ ランチア・LC1 - 21 21 - 13 - 16 16 87
3 イギリスの旗 デレック・ベル ポルシェ・956 - 15 - 20 15 - - 20 70
4 イタリアの旗 テオ・ファビ ランチア・LC1 - - 21 - 13 - 16 16 66
5 イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート ランチア・LC1 - 21 21 - - 21 - - 63
6 フランスの旗 アンリ・ペスカロロ ロンドー・M382 フォード & ポルシェ・936C 20 8 15 - 3 12 - 3 61
7 ドイツの旗 ヨッヘン・マス ポルシェ・956 - - - 15 20 - 20 - 55
8 イタリアの旗 ジョルジオ・フランシア ロンドー・M382 フォード & オゼッラ PA9 BMW 20 11 - - 7 11 - - 49
9 ドイツの旗 ロルフ・シュトメレン ポルシェ・935 K3 & ロンドー・M382 フォード 15 - 15 - - - - - 30
= オーストラリアの旗 バーン・シュパン ポルシェ・956 - - - 15 15 - - - 30
11 ベルギーの旗 ジャン=ミシェル・マーティン ポルシェ・936C - 12 - - 10 - - - 22
= ベルギーの旗 フィリップ・マーティン ポルシェ・936C - 12 - - 10 - - - 22
= イギリスの旗 ジョン・フィッツパトリック ポルシェ・935 K4 - - - 10 - - - 12 22
= イギリスの旗 デヴィッド・ホッブス ポルシェ・935 K4 - - - 10 - - - 12 22
15 イタリアの旗 ピエルカルロ・ギンザーニ ランチア・LC1 - - - - - 21 - - 21
16 イタリアの旗 ルイージ・モレッチ オゼッラ PA9 BMW - - - - 7 11 - - 18
17 ドイツの旗 ハンス・ヘイヤー ポルシェ・936C & ザウバー C6 フォード - - - - 2 12 - 3 17
18 イタリアの旗 コラード・ファビ ランチア・LC1 - - - - - 16 - - 16
= イタリアの旗 アレッサンドロ・ナニーニ ランチア・LC1 - - - - - 16 - - 16
= イギリスの旗 ゴードン・スパイス ロンドー・M382 フォード - 8 - - 8 - - - 16

総計125名がドライバーズポイントを獲得した[1]

マニファクチャラーズランキング[編集]

ポルシェ・956がマニファクチャラーズタイトルを獲得した。
フォードエンジンを搭載したロンドー・M382がランキング2位となった。

マニファクチャラーズポイントはグループCおよびグループB車両の上位10台のみに、20-15-12-10-8-6-4-3-2-1ポイントが与えられた。各マニファクチャラー最上位の車両のみにポイントが与えられ、ベスト4戦のポイントのみがカウントされた[1]

順位 マニファクチャラー [4] Rd 1 Rd 2 Rd 3 Rd 4 Rd 5 ポイント
1 ポルシェ 20 15 20 20 75
2 フォード - ロンドー 20 12 20 (8) 10 62
3 アストンマーティン-ニムロッド 10 10 4 24
4 プジョー - WM 15 6 21
5 フォード 8 2 10
6 フォード - ザウバー 4 6 10
7 フォード - ローラ 3 3
8 フォード - クーガー 1 1

注:FIAはエンジンとシャシーの組み合わせをマニファクチャラーと見なした。同一のエンジンを搭載する異なったシャシーは、それぞれ個別の「マニファクチャラー」としてポイントが与えられた[5]

参加車両[編集]

参照[編集]

  1. ^ a b c d e f Autosport Endurance Racing Review, 1982, Supplement to Autosport, January 6, 1983
  2. ^ Janos Wimpffen, Time and Two Seats, 1999, page 1347
  3. ^ a b c d e f g h i j k FIA Yearbook, 1983, Grey section, page 80
  4. ^ FIA Yearbook, 1983, Grey section, page 79
  5. ^ Automobile Year, 1982/83, page 154