1982年の広島東洋カープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1982年の広島東洋カープ
成績
セントラル・リーグ4位
59勝58敗13分 勝率.504[1]
本拠地
都市 広島県広島市
球場
広島市民球場
Hiroshima Municipal Baseball Stadium 2008.JPG
球団組織
オーナー 松田耕平
経営母体 松田家(東洋工業創業者一族)
監督 古葉竹識
« 1981
1983 »

1982年の広島東洋カープ(1982ねんのひろしまとうようカープ)では、1982年における広島東洋カープの動向をまとめる。

この年の広島東洋カープは、古葉竹識監督の8年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 高橋慶彦
2 山崎隆造
3 山本浩二
4 ライトル
5 水谷実雄
6 ガードナー
7 衣笠祥雄
8 道原裕幸
9 北別府学
1982年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 広島 -- 巨人 -- 巨人 -- 中日 --
2位 大洋 2.5 中日 1.0 巨人 1.0 中日 1.0 中日 4.0 巨人 0.5
3位 中日 3.0 広島 1.0 中日 3.0 広島 2.0 阪神 8.0 阪神 4.5
4位 広島 大洋 3.0 大洋 4.0 大洋 6.5 広島 11.0 広島 8.0
5位 ヤクルト 5.5 ヤクルト 7.0 阪神 4.5 阪神 7.5 大洋 13.5 大洋 14.5
6位 阪神 7.0 阪神 12.0 ヤクルト 17.5 ヤクルト 19.0 ヤクルト 23.5 ヤクルト 23.5
1982年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 中日ドラゴンズ 64 47 19 .577 -
2位 読売ジャイアンツ 66 50 14 .569 0.5
3位 阪神タイガース 65 57 8 .533 4.5
4位 広島東洋カープ 59 58 13 .504 8.0
5位 横浜大洋ホエールズ 53 65 12 .449 14.5
6位 ヤクルトスワローズ 45 75 10 .375 23.5

オールスターゲーム1982[編集]

選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
コーチ 古葉竹識
投手 北別府学 4
大野豊 2
内野手 衣笠祥雄 8
外野手 山本浩二 10
  • 太字はファン投票で選ばれた選手。▲は出場辞退選手発生による補充選手。

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
津田恒美 新人王
北別府学 最多勝利 20勝 初受賞
沢村賞 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
北別府学 投手 初受賞
山本浩二 外野手 6年連続7度目
ダイヤモンドクラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 西田真二 外野手 法政大学 入団
2位 白武佳久 投手 日本体育大学 入団
3位 定岡徹久 外野手 専修大学 入団
4位 太田龍生 投手 大分・高田高 入団
5位 鍋屋道夫 投手 日本楽器 入団
6位 田中和博 投手 リッカー 入団

出典[編集]

[ヘルプ]