1982年の横浜大洋ホエールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1982年の横浜大洋ホエールズ
成績
セントラル・リーグ5位
53勝65敗12分 勝率.449[1]
本拠地
都市 神奈川県横浜市
球場
横浜スタジアム
Yokohama Stadium 2007 -3.jpg
球団組織
オーナー 中部新次郎
経営母体 大洋漁業
監督 関根潤三
« 1981
1983 »

1982年の横浜大洋ホエールズ(1982ねんのよこはまたいようホエールズ)では、1982年の横浜大洋ホエールズにおける動向をまとめる。

1982年の横浜大洋ホエールズは、関根潤三監督の1年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 山下大輔
2 基満男
3 長崎啓二
4 田代富雄
5 ラム
6 高木嘉一
7 マーク
8 辻恭彦
9 斎藤明雄
1982年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 広島 -- 巨人 -- 巨人 -- 中日 --
2位 大洋 2.5 中日 1.0 巨人 1.0 中日 1.0 中日 4.0 巨人 0.5
3位 中日 3.0 広島 1.0 中日 3.0 広島 2.0 阪神 8.0 阪神 4.5
4位 広島 大洋 3.0 大洋 4.0 大洋 6.5 広島 11.0 広島 8.0
5位 ヤクルト 5.5 ヤクルト 7.0 阪神 4.5 阪神 7.5 大洋 13.5 大洋 14.5
6位 阪神 7.0 阪神 12.0 ヤクルト 17.5 ヤクルト 19.0 ヤクルト 23.5 ヤクルト 23.5
1982年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 中日ドラゴンズ 64 47 19 .577 -
2位 読売ジャイアンツ 66 50 14 .569 0.5
3位 阪神タイガース 65 57 8 .533 4.5
4位 広島東洋カープ 59 58 13 .504 8.0
5位 横浜大洋ホエールズ 53 65 12 .449 14.5
6位 ヤクルトスワローズ 45 75 10 .375 23.5

[1]

オールスターゲーム1982[編集]

  • 監督推薦
斎藤明雄
長崎啓二

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
長崎啓二 首位打者 .351 初受賞
斉藤明夫 最優秀防御率 2.07 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
長崎啓二 外野手 初受賞
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
山下大輔 遊撃手 7年連続7度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 大畑徹 投手 九州産業大学 入団
2位 関根浩史 投手 日産自動車 入団
3位 西村博巳 外野手 住友金属 入団
4位 高橋雅裕 内野手 名古屋電気高 入団
5位 武田康 捕手 今治西高 入団
6位 井口竜也 内野手 武相高 拒否・日本鋼管入社

出典[編集]

[ヘルプ]