1983年の中日ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
1983年の中日ドラゴンズ
成績
セントラル・リーグ5位
54勝69敗7分 勝率.439[1]
本拠地
都市 愛知県名古屋市
球場
ナゴヤ球場
Gthumb.svg
球団組織
経営母体 中日新聞社
監督 近藤貞雄
 < 1982 1984 > 

1983年の中日ドラゴンズ(1983ねんのちゅうにちドラゴンズ)では、1983年の中日ドラゴンズにおける動向をまとめる。

この年の中日ドラゴンズは、近藤貞雄監督の3年目のシーズンである。

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 平野謙
2 上川誠二
3 田尾安志
4 谷沢健一
5 モッカ
6 大島康徳
7 宇野勝
8 中尾孝義
9 小松辰雄
1983年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 巨人 - 巨人 - 巨人 - 広島 - 巨人 - 巨人 - 巨人 -
2位 阪神 3.5 広島 8.0 広島 5.0 巨人 0.5 広島 6.0 広島 7.5 広島 6.0
3位 中日 5.0 阪神 12.5 ヤクルト 12.5 ヤクルト 11.5 中日 12.5 大洋 15.0 大洋 11.0
4位 広島 5.5 ヤクルト 13.0 中日 14.0 大洋 12.5 大洋 13.0 中日 阪神 11.5
5位 ヤクルト 大洋 16.0 大洋 14.0 阪神 阪神 14.0 阪神 15.5 中日 18.5
6位 大洋 7.5 中日 16.5 阪神 14.5 中日 14.0 ヤクルト 14.5 ヤクルト 19.0 ヤクルト 19.0
1983年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 72 50 8 .590 -
2位 広島東洋カープ 65 55 10 .542 6.0
3位 横浜大洋ホエールズ 61 61 8 .500 11.0
4位 阪神タイガース 62 63 5 .496 11.5
5位 中日ドラゴンズ 54 69 7 .439 18.5
6位 ヤクルトスワローズ 53 69 8 .434 19.0

[1]

オールスターゲーム1983[編集]

  • 監督
近藤貞雄
  • ファン投票
田尾安志
  • 監督推薦
牛島和彦
谷沢健一
大島康徳

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]


表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
大島康徳 本塁打王 37本 初受賞
田尾安志 最多安打 161本 2年連続2度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
谷沢健一 一塁手 2年連続3度目[注 1]
田尾安志 外野手 3年連続3度目
ダイヤモンドクラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 藤王康晴 内野手 享栄高 入団
2位 仁村徹 投手 東洋大学 入団
3位 三浦将明 投手 横浜商業高 入団
4位 山田和利 内野手 東邦高 入団
5位 山本昌広 投手 日本大学藤沢高 入団
6位 清水治美 投手 日本通運 翌年シーズン後に入団

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1976年に外野手部門で受賞しており、通算4度目。

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1983年 セントラル・リーグ”. 2017年4月9日閲覧。