1984年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1984年オールスターゲーム (日本プロ野球)

1984年のオールスター
Previous: 1983 Next: 1985

試合概要[編集]

前年、2年連続日本一を達成した西武ライオンズ広岡達朗監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率い、セ・リーグを制した読売ジャイアンツ王貞治監督が全セ(オールセントラル・リーグ)の指揮を執ったオールスターゲーム(全セ監督は藤田元司が率いるべきところであるが、前年、日本シリーズ終了とともに巨人監督を勇退。元々、王に禅譲することが日本一になった場合に於いても規定路線になっていた)。

この年のオールスターゲームは前年同様に全パの打線が開花。第1戦は5回までに12点を叩きだし、第2戦もブーマー・ウェルズ阪急)の2安打で全パが早くも勝ち越しを決めた。全セは前年来の5連敗を喫した。2年連続全敗を避けたい全セは第3戦の開催地中日ドラゴンズの選手のみで先発オーダーを組んだ。そして2番手の江川卓(巨人)が登板したことで試合の流れが一気に全セに傾く。1971年第1戦の江夏豊の9連続奪三振に並べとばかりの毎回連続奪三振を記録し、迎えた9人目の最終打者大石大二郎に投じた3球目のカーブがバットに当たり2塁ゴロ。江夏の記録に1人足りなかったものの、堂々のMVPに輝いた。

この年は3試合すべてセ・リーグの本拠地球場で行われた(1981年(第1戦:甲子園、第2戦:横浜スタジアム、第3戦:神宮球場)以来3年ぶり[1][2]

選出選手[編集]

セントラル・リーグ[3] パシフィック・リーグ[3]
監督 王貞治 巨人 監督 広岡達朗 西武
コーチ 古葉竹識 広島 コーチ 上田利治 阪急
関根潤三 大洋 大沢啓二 日本ハム
投手 西本聖 巨人 5 投手 山田久志 阪急 12
江川卓 巨人 5 東尾修 西武 7
山根和夫 広島 2 佐藤義則 阪急 2
大野豊 広島 3 今井雄太郎 阪急 4
遠藤一彦 大洋 2 田中富生 日本ハム
山本和行 阪神 5 川原昭二 日本ハム
牛島和彦 中日 2 鈴木啓示 近鉄 15
鈴木孝政 中日 5 鈴木康二朗 近鉄 3
郭源治 中日 2 山内和宏 南海 2
梶間健一 ヤクルト 5 深沢恵雄 ロッテ
石川賢 ロッテ
松沼雅之 西武 4
捕手 山倉和博 巨人 4 捕手 香川伸行 南海 2
中尾孝義 中日 2 伊東勤 西武
八重樫幸雄 ヤクルト 大宮龍男 日本ハム 3
一塁手 中畑清 巨人 4 一塁手 ブーマー 阪急
二塁手 篠塚利夫 巨人 3 二塁手 大石大二郎 近鉄 3
三塁手 原辰徳 巨人 4 三塁手 落合博満 ロッテ 4
遊撃手 高橋慶彦 広島 4 遊撃手 石毛宏典 西武 4
内野手 衣笠祥雄 広島 10 内野手 田淵幸一 西武 12
小早川毅彦 広島 弓岡敬二郎 阪急
高木豊 大洋 2 松永浩美 阪急 2
掛布雅之 阪神 9
バース 阪神
谷沢健一 中日 9
外野手 山本浩二 広島 12 外野手 福本豊 阪急 14
松本匡史 巨人 4 門田博光 南海 9
田尾安志 中日 5 簑田浩二 阪急 3
山崎隆造 広島 クルーズ 日本ハム 2
大島康徳 中日 4 栗橋茂 近鉄 4
若松勉 ヤクルト 11 河埜敬幸 南海 4
高沢秀昭 ロッテ
  • 太字はファン投票で選ばれた選手。▲は出場辞退選手発生による補充選手。

試合結果[編集]

試合 試合日 球場 開始時刻 勝利 スコア 敗戦 MVP 入場者数
第1戦 7月21日(土) 後楽園 18時33分 パシフィック 14 - 5 セントラル 簑田浩二 34572人
第2戦 7月22日(日) 甲子園 18時32分 パシフィック 6 - 5 セントラル ブーマー.W 34448人
第3戦 7月24日(火) ナゴヤ 18時35分 セントラル 4 - 1 パシフィック 江川卓 28430人

第1戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
全パ 0 4 3 3 2 0 0 0 2 14 15 1
全セ 3 0 1 0 1 0 0 0 0 5 11 4
  1. パ : ○松沼雅(西)、深沢)、田中)、川原(日)、鈴木康)-伊東(西)、大宮(日)
  2. セ : ●西本()、鈴木孝)、大野)、梶間)、江川(巨)、牛島(中)-山倉(巨)、中尾(中)、八重樫(ヤ)
  3. : 松沼雅(1勝)  : 西本(1敗)  
  4. :  パ – 石毛(西)1号(3ラン・西本)、簑田)1号(2ラン・梶間)  セ – 山本浩(広)1号(3ラン・松沼雅)
  5. 審判:球審…村田(パ)、塁審…小林毅(セ)・小林一(パ)・岡田功(セ)、外審…永見(パ)・久保(セ)
  6. 試合時間:3時間

オーダー[編集]

パシフィック
打順 守備 選手
1 [二] 大石大二郎
2 [左] 福本豊
3 [中] 簑田浩二
4 [一] ブーマー
5 [右] クルーズ
6 [三] 落合博満
7 [遊] 石毛宏典
8 [捕] 伊東勤
9 [投] 松沼雅之
セントラル
打順 守備 選手
1 [中] 松本匡史
2 [遊] 高橋慶彦
3 [一] 中畑清
4 [左] 山本浩二
5 [三] 原辰徳
6 [二] 篠塚利夫
7 [右] 田尾安志
8 [捕] 山倉和博
9 [投] 西本聖


第2戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
全パ 0 0 1 1 0 4 0 0 0 6 9 3
全セ 0 0 0 3 0 0 2 0 0 5 8 1
  1. パ : 鈴木啓(近)、今井(急)、○鈴木康、S東尾(西)-大宮、伊東
  2. セ : 山根(広)、遠藤)、●西本、大野、山本和)-中尾、山倉
  3. : 鈴木康(1勝)  : 西本(2敗)  S: 東尾 (1S)  
  4. :  パ – 石毛2号(ソロ・山根)、ブーマー(急)1号(ソロ・遠藤)、門田)1号(2ラン・西本)  セ – 中畑(巨)1号(ソロ・今井)、谷沢(中)1号(ソロ・今井)
  5. 審判:球審…久保(セ)、塁審…永見(パ)・福井(セ)・五十嵐(パ)、外審…小林毅(セ)・村田(パ)
  6. 試合時間:2時間41分

オーダー[編集]

パシフィック
打順 守備 選手
1 [二] 大石大二郎
2 [左] 福本豊
3 [中] 簑田浩二
4 [一] ブーマー
5 [右] 門田博光
6 [三] 落合博満
7 [遊] 石毛宏典
8 [捕] 大宮龍男
9 [投] 鈴木啓示
セントラル
打順 守備 選手
1 [中] 松本匡史
2 [二] 高木豊
3 [一] 中畑清
4 [三] 掛布雅之
5 [右] 谷沢健一
6 [左] 大島康徳
7 [遊] 高橋慶彦
8 [捕] 中尾孝義
9 [投] 山根和夫


第3戦[編集]

7月24日 ナゴヤ球場 開始18:35(試合時間:2時間10分) 観衆数/28,430人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
全パ 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 3 1
全セ 0 0 0 1 0 1 0 2 X 4 7 0
  1. パ : 山内和(南)、佐藤(急)、●鈴木康、石川(ロ)、川原-伊東、大宮
  2. セ : (中)、○江川、鈴木孝、梶間、遠藤、S牛島-中尾、山倉
  3. : 江川(1勝)  : 鈴木康(1勝1敗)  S: 牛島 (1S)  
  4. :  パ – ブーマー2号(ソロ・郭)  セ – 中畑2号(2ラン・川原)
  5. 審判:球審…五十嵐(パ)、塁審…福井(セ)・永見(パ)・小林毅(セ)、外審…小林一(パ)・岡田功(セ)
  6. 試合時間:2時間10分

オーダー[編集]

パシフィック
打順 守備 選手
1 [二] 大石大二郎
2 [中] 福本豊
3 [右] 簑田浩二
4 [一] ブーマー
5 [左] 栗橋茂
6 [三] 落合博満
7 [遊] 石毛宏典
8 [捕] 伊東勤
9 [投] 山内和宏
セントラル
打順 守備 選手
1 [中] 田尾安志
2 [二] 篠塚利夫
3 [一] 谷沢健一
4 [左] 山本浩二
5 [三] 掛布雅之
6 [右] 大島康徳
7 [遊] 高橋慶彦
8 [捕] 中尾孝義
9 [投] 郭源治


記念試合・OBオールスターゲーム[編集]

1984年はプロ野球発足50周年の記念年であることから第1戦に先立ち、「OBオールスターゲーム」が開催され、往年の名選手がグラウンドでホームラン競争などに興じた後、5回打ち切りの試合に臨んだ。王貞治(全セ・元巨人)や稲尾和久(全パ・元西鉄)らが本塁打を打ち観客を大いに喜ばせた。なお、特別ゲストとしてハンク・アーロンも登場した。

7月21日 後楽園球場 開始14:00

チーム 1 2 3 4 5 R
全パ 0 4 0 0 4 8
全セ 0 4 1 0 0 5
  1. パ : 稲尾、米田皆川足立杉浦梶本醍醐岡村
  2. セ : 金田バッキー秋山藤田小山村山土井木俣
MVP
藤原満(元南海)

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

  • 第1戦:7月21日
  • 放送時間:18:30 - 21:34(40分延長[4]
  • 第2戦:7月22日
  • 放送時間:18:30 - 21:24(30分延長[6]
  • NHK総合(中継録画・きょうのスポーツとニュースに内包) 実況:古屋明信 解説:星野仙一
  • 第3戦:7月24日
  • 放送時間:18:30 - 20:54
  • NHK総合(中継録画・きょうのスポーツとニュースに内包) 実況:古屋明信 解説:高田繁

ラジオ中継[編集]

  • 第1戦:7月21日
  • 第2戦:7月22日
  • OBオールスター:7月22日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1995年(第1戦:横浜スタジアム、第2戦:広島市民球場)、2015年(第1戦:東京ドーム、第2戦:マツダスタジアム)も今回と同じケースで行われた。
  2. ^ 第1戦が行われた後楽園球場は、2年後の第1戦が最後となった(このときはパ・リーグのホーム扱い(主管球団は日本ハム)だったため)。
  3. ^ a b 『オールスターゲームの軌跡 DREAM GAMES HISTORY since 1951』(2001年、ベースボール・マガジン社)、P.179
  4. ^ 試合終了まで放送できなかった。
  5. ^ 事前の予定では女優の夏目雅子阪神岡田彰布真弓明信がゲスト出演することになっていた。
  6. ^ 山形県では、本来日本テレビ系をメインとする山形放送が、テレビ朝日系とのクロスネットによるゴールデンタイムのネット枠の関係でABC制作版を放送した一方、山形テレビ(当時フジテレビ系)が編成から溢れた日本テレビの番組の同時ネット枠だった関係上、YTV制作版を放送するというねじれ現象が起きていた。

関連項目[編集]