1984年のヤクルトスワローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1984年のヤクルトスワローズ
成績
セントラル・リーグ5位
51勝71敗8分 勝率.418[1]
本拠地
都市 東京都新宿区
球場
明治神宮野球場
Remodeled meiji jingu stadium.jpg
球団組織
オーナー 松園尚巳
経営母体 ヤクルト本社
監督 武上四郎(4月26日まで)
中西太
(4月28日-5月24日:監督代行)
土橋正幸
(5月25日-6月14日:監督代行の代行
6月15日から監督)
« 1983
1985 »

1984年のヤクルトスワローズ(1984ねんのヤクルトスワローズ)では、1984年シーズンについてのヤクルトスワローズの動向をまとめる。

この年のヤクルトスワローズは、武上四郎監督の5年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 渡辺進
2 角富士夫
3 若松勉
4 杉浦享
5 マルカーノ
6 スミス
7 八重樫幸雄
8 水谷新太郎
9 高野光
1984年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 広島 -- 広島 -- 広島 -- 中日 -- 中日 -- 広島 --
2位 中日 5.0 中日 0.5 中日 0.5 広島 1.0 広島 1.0 中日 3.0
3位 阪神 6.0 阪神 5.5 巨人 9.5 巨人 9.0 巨人 9.5 巨人 8.5
4位 大洋 7.5 大洋 8.0 阪神 10.5 阪神 11.0 阪神 18.5 阪神 23.0
5位 巨人 8.5 巨人 8.0 大洋 14.5 大洋 20.0 ヤクルト 21.5 ヤクルト 25.0
6位 ヤクルト 9.0 ヤクルト 14.0 ヤクルト 19.0 ヤクルト 22.0 大洋 24.5 大洋 30.5
1984年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 広島東洋カープ 75 45 10 .625 -
2位 中日ドラゴンズ 73 49 8 .598 3.0
3位 読売ジャイアンツ 67 54 9 .554 8.5
4位 阪神タイガース 53 69 8 .434 23.0
5位 ヤクルトスワローズ 51 71 8 .418 25.0
6位 横浜大洋ホエールズ 46 77 7 .374 30.5

オールスターゲーム1984[編集]

  • 監督推薦
梶間健一
八重樫幸雄
若松勉(補充選手)

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
若松勉 外野手 4年ぶり9度目
ダイヤモンドグラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 広沢克己 内野手 明治大学 入団
2位 秦真司 捕手 法政大学 入団
3位 柳田浩一 内野手 鳴門商業高 入団
4位 増永祐一 投手 鹿児島商工高 拒否・日本石油入社
5位 大江弘明 外野手 大阪商業大学附属堺高 入団
6位 乱橋幸仁 投手 旭川大学高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 年度別成績 1984年 セントラル・リーグ”. 2017年4月12日閲覧。