1984年の中日ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
1984年の中日ドラゴンズ
成績
セントラル・リーグ2位
73勝49敗8分 勝率.598[1]
本拠地
都市 愛知県名古屋市
球場
ナゴヤ球場
球団組織
経営母体 中日新聞社
監督 山内一弘
 < 1983 1985 > 

1984年の中日ドラゴンズは1984年の中日ドラゴンズの動向をまとめる。

この年の中日ドラゴンズは、山内一弘監督の1年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

1984年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 広島 - 広島 - 広島 - 中日 - 中日 - 広島 -
2位 中日 5.0 中日 0.5 中日 0.5 広島 1.0 広島 1.0 中日 3.0
3位 阪神 6.0 阪神 5.5 巨人 9.5 巨人 9.0 巨人 9.5 巨人 8.5
4位 大洋 7.5 大洋 8.0 阪神 10.5 阪神 11.0 阪神 18.5 阪神 23.0
5位 巨人 8.5 巨人 8.0 大洋 14.5 大洋 20.0 ヤクルト 21.5 ヤクルト 25.0
6位 ヤクルト 9.0 ヤクルト 14.0 ヤクルト 19.0 ヤクルト 22.0 大洋 24.5 大洋 30.5
1984年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 広島東洋カープ 75 45 10 .625 -
2位 中日ドラゴンズ 73 49 8 .598 3.0
3位 読売ジャイアンツ 67 54 9 .554 8.5
4位 阪神タイガース 53 69 8 .434 23.0
5位 ヤクルトスワローズ 51 71 8 .418 25.0
6位 横浜大洋ホエールズ 46 77 7 .374 30.5

オールスターゲーム[編集]

選出選手
ポジション 名前 選出回数
投手 鈴木孝政 5
投手 郭源治 2
捕手 中尾孝義 2
内野手 谷沢健一 9
外野手 田尾安志 5

できごと[編集]

4月[編集]

6月[編集]

  • 6月21日 - 大島康徳が対ヤクルト戦(ナゴヤ)で通算250号本塁打[2]

8月[編集]

10月[編集]

  • 10月3日5日 - 本塁打王を争う宇野勝と阪神の掛布雅之に対し、3日ナゴヤと5日甲子園の2試合に渡り敬遠合戦を展開、両者とも10打席連続敬遠を記録。

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
宇野勝 本塁打王 37本 初受賞
谷沢健一 最多安打 166本 初受賞
最多出塁数 231個 初受賞
田尾安志 最多安打 166本 3年連続3度目
その他
選手名 タイトル
鈴木孝政 カムバック賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
谷沢健一 一塁手 3年連続4度目[注 1]
宇野勝 遊撃手 2年ぶり2度目
ダイヤモンドクラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 中村武志 捕手 京都・花園高 入団
2位 川畑泰博 投手 洲本高 入団
3位 古川利行 投手 日本鋼管 入団
4位 江本晃一 投手 上宮高 入団
5位 米村明 投手 河合楽器 入団
6位 神山一義 外野手 横浜高 入団
  • 後に正捕手となりチームを支えることとなる中村武志を獲得した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1976年に外野手部門で受賞しており、通算5度目。

出典[編集]

  1. ^ 年度別成績 1984年 セントラル・リーグ”. 2015年5月19日閲覧。
  2. ^ a b c d 中日新聞社刊「中日ドラゴンズ70年史」95ページ