1984年の全日本耐久選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1984年の全日本耐久選手権
Previous: 1983 Next: 1985

1984年の全日本耐久選手権は、1984年4月1日鈴鹿サーキットで開幕し、9月30日WEC-JAPANで閉幕するまで、全4戦で争われた。

開催カレンダー[編集]

開催日 開催地 イベント名 優勝 PP
# ドライバー - 周回数 / 車種 # ドライバー - タイム / 車種
4月1日 鈴鹿 インターナショナル鈴鹿500km 1 オーストラリアの旗 ヴァーン・シュパン
日本の旗 片山義美
85周 / ポルシェ956
19 日本の旗 松本恵二

2分01秒50 / トムス・83C/トヨタ
7月1日 筑波 RRC筑波4時間 33 日本の旗 赤池卓
日本の旗 標徹
232周 / MCS・グッピー/マツダ
8月26日 鈴鹿 インターナショナル鈴鹿1000km 18 日本の旗 高橋国光
日本の旗 高橋健二
イギリスの旗 ジェフ・リース
169周 / ポルシェ956
18 日本の旗 高橋国光

2分01秒11 / ポルシェ956
9月30日 富士 WEC-JAPAN 2 イギリスの旗 ジョン・ワトソン
ドイツの旗 ステファン・ベロフ
226周 / ポルシェ956
2 ドイツの旗 ステファン・ベロフ

/ ポルシェ956