1984年の全日本F2選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1984年の全日本F2選手権
前年: 1983 翌年: 1985

1984年の全日本F2選手権は、1984年(昭和59年)3月10日 - 11日鈴鹿サーキットで開幕し、同年11月3日 - 4日に鈴鹿サーキットで閉幕した全8戦によるシリーズである。

エントリーリスト[編集]

Car-No. ドライバー 車名
(シャシー/エンジン)
タイヤ エントラント
1 日本の旗 星野一義 LARK 842
マーチ842/BMW M12/7)
B ホシノレーシング
3 日本の旗 中嶋悟 EPSON 842 HONDA
(マーチ842/ホンダRA264E)
B ヒーローズレーシング
5 日本の旗 長谷見昌弘 佐川急便スピードスターマーチ
(マーチ842/BMW M12/7)
D スピードスターホイールレーシングチーム
6 日本の旗 舘善泰(第2 - 8戦) スピードスターホイールマーチ
(マーチ832&842/BMW M12/7)
8 日本の旗 松本恵二 LM SPORTS マーチ842
(マーチ842/BMW M12/7)
B チームルマン
9 日本の旗 鈴木利男 マルティーニ842
(マーチ842/BMW M12/7)
10 イギリスの旗 ジェフ・リース ADVAN-PIAA MARCH
(マーチ842/BMW M12/7)
Y ADVAN SPORTS SPEED BOX MOTOR SPORTS
11 スウェーデンの旗 ステファン・ヨハンソン ADVANマーチHONDA
(マーチ832&842/BMW M12/7)
Y ADVAN SPORTS NOVA
12 日本の旗 中本憲吾(第1・2・4・7・8戦) エクイップマウラー
マウラーMM81/BMW M12/7)
D チームエクイップ
15 日本の旗 小河等(第1・2・4 - 8戦) ボルクマーチ
(マーチ832/BMW M12/7)
D レイズレーシング
16 日本の旗 萩原光 WALTER-WOLF RACING MARCH 832
(マーチ832/BMW M12/7)
B TOMEI RACING
17 日本の旗 辰巳裕信(第5・7戦) UNICONローラトールマンTG280
トールマン-ローラT850/BMW M12/7)
D マリブモータースポーツクラブ
日本の旗 藤原吉政(第8戦)
20 ニュージーランドの旗 マイク・サックウェル(第8戦) RALT HONDA
ラルトRH6/84/ホンダRA264E)
B RALT RACING Ltd.
21 ブラジルの旗 ロベルト・モレノ(第8戦)
24 日本の旗 高橋健二 ADVAN・PIAAマーチ
(マーチ842/BMW M12/7)
Y ADVAN SPORTS NOVA TOMEI
25 日本の旗 高橋国光 ADVAN・PIAAマーチ
(マーチ832&842/BMW M12/7)
Y ADVAN SPORTS NOVA
26 日本の旗 和田孝夫(第1・2・4 - 8戦) ESSEN GRAND SLAM MARCH
(マーチ842/BMW M12/7)
Y OMレーシング
28 スウェーデンの旗 エイエ・エルグ オートバックスマーチ842
(マーチ842/BMW M12/7)
D オートバックスレーシングチーム・ウィズ・ウチダ
33 日本の旗 清水正智(第1・2・4 - 6・8戦) スリーボンドマーチ
(マーチ832/BMW M12/7)
D スリーボンドレーシングチーム
37 イギリスの旗 デイヴ・スコット(第1 - 5・8戦) John Player Special-HONDA
(マーチ832 & ラルトRH6/84/ホンダRA264E)
D JOHN PLAYER SPECIAL TEAM IKUZAWA
81 日本の旗 坂本典正(第5・7・8戦) GEARローラトールマンTG280 → GEARマーチ
(トールマン-ローラT850 → マーチ832/BMW M12/7)
D GEARレーシング

※タイヤ:BブリヂストンDダンロップY =横浜ゴム

スケジュール及び勝者[編集]

開催日 開催場所 イベント名 優勝者
第1戦 3月10日 - 11日 鈴鹿サーキット 全日本BIG2&4レース 中嶋悟
第2戦 4月14日 - 15日 富士スピードウェイ 日本インターナショナルフォーミュラ選手権レース ステファン・ヨハンソン
第3戦 5月12日 - 13日 西日本サーキット 全日本F2オールスターレース 星野一義
第4戦 5月26日 - 27日 鈴鹿サーキット John Player Special トロフィーレース ステファン・ヨハンソン
第5戦 7月7日 - 8日 鈴鹿サーキット 鈴鹿ゴールデントロフィー自動車レース 中嶋悟
第6戦 8月11日 - 12日 富士スピードウェイ RRC富士F2チャンピオンズレース ステファン・ヨハンソン
第7戦 9月22日 - 23日 鈴鹿サーキット 鈴鹿グレート20レーサーズ自動車レース 中嶋悟
第8戦 11月3日 - 4日 鈴鹿サーキット JAF鈴鹿グランプリ自動車レース 中嶋悟

シリーズポイントランキング[編集]

ポイントシステム
順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
ポイント 20 15 12 10 8 6 4 3 2 1
ランキング ドライバー SUZ FSW NIS SUZ SUZ FSW SUZ SUZ ポイント
1 日本の旗 中嶋悟 1 3 Ret 9 1 2 1 1 107 (109)
2 スウェーデンの旗 ステファン・ヨハンソン 14 1 2 1 6 1 3 2 102 (108)
3 日本の旗 星野一義 2 2 1 2 2 5 2 Ret 95 (103)
4 スウェーデンの旗 エイエ・エリジュ 4 4 Ret 4 5 3 6 Ret 56
5 日本の旗 松本恵二 3 Ret 9 3 15 8 Ret 4 39
6 日本の旗 長谷見昌弘 12 5 5 15 3 12 5 8 39
7 日本の旗 萩原光 6 7 4 8 4 Ret 13 Ret 33
8 日本の旗 鈴木利男 5 8 3 7 9 Ret 10 Ret 30
9 イギリスの旗 ジェフ・リース Ret Ret Ret 12 8 4 4 6 29
10 イギリスの旗 デイヴ・スコット 9 6 8 5 Ret 7 23
11 日本の旗 高橋健二 Ret 9 10 6 12 7 12 9 15
12 ブラジルの旗 ロベルト・モレノ 3 12
13 日本の旗 高橋国光 13 Ret 6 10 11 Ret 7 11 11
14 日本の旗 舘善泰 11 7 11 10 9 9 10 10
15 イギリスの旗 ティフ・ニーデル 6 8 9
16 ニュージーランドの旗 マイク・サックウェル 5 8
17 日本の旗 和田孝夫 7 Ret 14 7 11 11 12 8
18 日本の旗 小河等 8 10 Ret DNS 10 Ret 14 5
19 日本の旗 清水正智 10 Ret 13 13 13 16 1
- 日本の旗 中本憲吾 11 Ret 16 Ret 15 0
- 日本の旗 坂本典正 14 14 13 0
- 日本の旗 藤原吉政 17 0
- 日本の旗 辰巳裕信 Ret 0
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

※ベスト6戦による有効ポイント制