1984年の横浜大洋ホエールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1984年の横浜大洋ホエールズ
成績
セントラル・リーグ6位
46勝77敗7分 勝率.374[1]
本拠地
都市 神奈川県横浜市
球場
横浜スタジアム
Yokohama Stadium 2007 -3.jpg
球団組織
オーナー 中部新次郎
経営母体 大洋漁業
監督 関根潤三
« 1983
1985 »

1984年の横浜大洋ホエールズ(1984ねんのよこはまたいようホエールズ)では、1984年の横浜大洋ホエールズにおける動向をまとめる。

1984年の横浜大洋ホエールズは、関根潤三監督の3年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 高木豊
2 基満男
3 長崎啓二
4 レオン
5 田代富雄
6 トレーシー
7 加藤俊夫
8 屋鋪要
9 遠藤一彦
1984年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 広島 -- 広島 -- 広島 -- 中日 -- 中日 -- 広島 --
2位 中日 5.0 中日 0.5 中日 0.5 広島 1.0 広島 1.0 中日 3.0
3位 阪神 6.0 阪神 5.5 巨人 9.5 巨人 9.0 巨人 9.5 巨人 8.5
4位 大洋 7.5 大洋 8.0 阪神 10.5 阪神 11.0 阪神 18.5 阪神 23.0
5位 巨人 8.5 巨人 8.0 大洋 14.5 大洋 20.0 ヤクルト 21.5 ヤクルト 25.0
6位 ヤクルト 9.0 ヤクルト 14.0 ヤクルト 19.0 ヤクルト 22.0 大洋 24.5 大洋 30.5
1984年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 広島東洋カープ 75 45 10 .625 -
2位 中日ドラゴンズ 73 49 8 .598 3.0
3位 読売ジャイアンツ 67 54 9 .554 8.5
4位 阪神タイガース 53 69 8 .434 23.0
5位 ヤクルトスワローズ 51 71 8 .418 25.0
6位 横浜大洋ホエールズ 46 77 7 .374 30.5

[1]

オールスターゲーム1984[編集]

  • コーチ
関根潤三
  • 監督推薦
遠藤一彦
高木豊

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
高木豊 盗塁王 56個 初受賞
遠藤一彦 最多勝利 17勝 2年連続2度目
最多奪三振 208個 2年連続2度目
ベストナイン
選出なし
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
屋鋪要 外野手 初受賞

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 竹田光訓 投手 明治大学 入団
2位 日野善朗 内野手 新日本製鐵大分 入団
3位 蒲谷和茂 投手 関東学院六浦高 拒否・東芝入社
4位 長谷川国利 外野手 東海大学 入団
5位 杉浦幸二 投手 碧南工業高 入団
6位 岡本哲司 捕手 神戸製鋼 翌年シーズン後に入団

出典[編集]

[ヘルプ]