1984年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 1984年 | 1984年のスポーツ

1984年の相撲(1984ねんのすもう)は、1984年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲[編集]

できごと[編集]

  • 1月、初場所14日目、当時の皇太子一家観戦。協会役員改選で理事長春日野を6選。新監事に中立。事業企画部設置、部長に二子山就任。
  • 2月、間垣部屋が墨田区亀沢に落成。
  • 3月、24代式守伊之助の停年退職のため、式守錦太夫が25代伊之助に。公傷力士の張出をやめる。元小結玉輝山引退、年寄北陣襲名。元前頭筆頭琴ヶ嶽引退、年寄白玉襲名。元26代木村庄之助死去、72歳。
  • 4月、幕内格行司木村筆之助死去、60歳。新国技館上棟式。
  • 5月、夏場所8日目に昭和天皇観戦。元関脇高見山引退、年寄東関襲名。元小結黒瀬川引退、年寄千賀ノ浦襲名。
  • 6月、ハワイ巡業。元関脇羽黒花死去、48歳。武蔵川、藤島両親方が日中青年友好交流訪中団の一員として訪中。
  • 8月、力士会「立合い研修会」が開かれ、両手をつくルールが守れない場合は負けもあることを明らかにした。
  • 9月、秋場所8日目、昭和天皇観戦。秋場所千秋楽表彰式終了後、蔵前国技館お別れセレモニーが行われた。
  • 10月、新国技館定礎式。蔵前国技館で閉館式。
  • 11月、三保ヶ関(元大関増位山)停年、長男の小野川(元大関増位山)が継承。元小結播竜山引退、年寄小野川襲名。新国技館引き渡し式。

本場所[編集]

  • 一月場所(蔵前国技館・8日~22日)
    幕内最高優勝:隆の里俊英(13勝2敗,4回目)
     殊勲賞-大ノ国、敢闘賞-保志、技能賞-出羽の花
    十両優勝:大錦一徹(12勝3敗)
  • 三月場所(大阪府立体育館・11日~25日)
    幕内最高優勝:若嶋津六夫(14勝1敗,1回目)
     殊勲賞-大ノ国、敢闘賞-大ノ国、技能賞-逆鉾
    十両優勝:小錦八十吉(13勝2敗)
  • 五月場所(蔵前国技館・6日~20日)
    幕内最高優勝:北の湖敏満(15戦全勝,24回目)
     殊勲賞-逆鉾、敢闘賞-栃司
    十両優勝:小錦八十吉(11勝4敗)
  • 七月場所(愛知県体育館・1日~15日)
    幕内最高優勝:若嶋津六夫(15戦全勝,2回目)
     殊勲賞-大乃国、敢闘賞-霧島、技能賞-逆鉾
    十両優勝:北尾光司(12勝3敗)
  • 九月場所(蔵前国技館・9日~23日)
    幕内最高優勝:多賀竜昇司(13勝2敗,初)
     殊勲賞-小錦、敢闘賞-小錦、多賀竜、技能賞-多賀竜
    十両優勝:栃赤城敬典(11勝4敗)
  • 十一月場所(福岡国際センター・11日~25日)
    幕内最高優勝:千代の富士貢(14勝1敗,10回目)
     殊勲賞-北尾、敢闘賞-旭富士、技能賞-保志
    十両優勝:琴千歳幸征(11勝4敗)
  • 年間最優秀力士賞(年間最多勝):若嶋津六夫(71勝19敗)

参考文献[編集]

  • 『相撲』誌各号
  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p87