1984年の西武ライオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1984年の西武ライオンズ
成績
パシフィック・リーグ3位
62勝61敗7分 勝率.504[1]
本拠地
都市 埼玉県所沢市
球場
西武ライオンズ球場
Seibukyujo-931023-1.jpg
球団組織
オーナー 堤義明
経営母体 西武鉄道
監督 広岡達朗
« 1983
1985 »

1984年の西武ライオンズでは、1984年の西武ライオンズの動向をまとめる。

この年の西武ライオンズは、広岡達朗監督の3年目のシーズンである。

概要[編集]

西鉄時代の1958年以来26年ぶり、そして西武になって初の3連覇がかかったシーズンだが開幕前から4番の田淵幸一が花粉症に悩まされ、柴田保光との交換で日本ハムから移籍した江夏豊森繁和とともにダブルストッパーとして期待されたが両者ともに投げるたびに打たれ、米国の野球留学から復帰した秋山幸二も結果が出ず成績も伸び悩むなど誤算が続出。チームは7月まで5位に沈み阪急ロッテの後塵を拝する苦しい戦いだったが、広岡監督は後半戦からは秋山とこの年入団の辻発彦伊東勤金森栄治といった若手中心のスタメンを組み、田淵や山崎裕之などが控えに回った。8月以降ベテランの多い近鉄を抜いてようやく3位に入るが、一進一退の試合が続き最終的に62勝61敗7分と不本意な成績に終わった。小林誠二や柴田の移籍した投手陣は東尾修高橋直樹などのベテランが結果を出し、ルーキー渡辺久信が後半戦からローテに入るなど明るい話題もあったが前述の江夏・森のダブルストッパーが誤算だった。この年を最後に田淵、山崎、江夏が引退。大リーグ復帰のテリー・ウィットフィールドに代わってこの年入団のジェリー・ホワイト(ジェリー)がそこそこの成績を残すも、1年で退団し大洋に移籍した。この年のドラフトは大久保博元田辺徳雄高山郁夫の3人しか指名しなかった。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 石毛宏典
2 ジェリー
3 スティーブ
4 田淵幸一
5 大田卓司
6 立花義家
7 秋山幸二
8 大石友好
9 山崎裕之
投手 東尾修
1984年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 近鉄 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 阪急 0.5 近鉄 4.0 近鉄 7.0 近鉄 6.5 ロッテ 6.5 ロッテ 8.5
3位 南海 1.0 南海 6.5 ロッテ 7.5 ロッテ 7.0 近鉄 12.5 西武 14.5
4位 西武 2.0 ロッテ 8.5 南海 9.5 南海 11.5 西武 14.0 近鉄 16.5
5位 ロッテ 2.5 西武 9.0 西武 12.0 西武 13.0 南海 20.0 南海 21.0
6位 日本ハム 3.0 日本ハム 14.0 日本ハム 15.0 日本ハム 19.0 日本ハム 25.0 日本ハム 29.5
1984年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 75 45 10 .625 -
2位 ロッテオリオンズ 64 51 15 .557 8.5
3位 西武ライオンズ 62 61 7 .504 14.5
4位 近鉄バファローズ 58 61 11 .487 16.5
5位 南海ホークス 53 65 12 .449 21.0
6位 日本ハムファイターズ 44 73 13 .376 29.5

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2][3]

オールスターゲーム1984[編集]

監督 ファン投票 監督推薦 補充選手
広岡達朗 石毛宏典 東尾修
伊東勤
田淵幸一
松沼雅之

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
スティーブ 最高出塁率 .443 2年連続2度目
ベストナイン
選出なし
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
東尾修 投手 2年連続2度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 大久保博元 捕手 水戸商業高 入団
2位 田辺徳雄 内野手 山梨・吉田高 入団
3位 高山郁夫 投手 プリンスホテル 入団

出典[編集]

  1. ^ 年度別成績 1984年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2017年4月17日閲覧。
  2. ^ 西武ライオンズ公式HP 背番号の歴史”. 埼玉西武ライオンズ. 2017年4月17日閲覧。
  3. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7。