1984年の近鉄バファローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1984年の近鉄バファローズ
成績
パシフィック・リーグ4位
58勝61敗11分 勝率.487[1]
本拠地
都市 大阪府藤井寺市
球場
藤井寺球場
Fujiiderastadium.jpg
球団組織
オーナー 佐伯勇
経営母体 近畿日本鉄道
監督 岡本伊三美
« 1983
1985 »

1984年の近鉄バファローズ(1984ねんのきんてつバファローズ)では、1984年シーズンの近鉄バファローズの動向をまとめる。

この年の近鉄バファローズは、岡本伊三美監督の1年目のシーズンであり、藤井寺球場を正式な本拠地とした最初のシーズンである。

概要[編集]

前年4位転落の責任をとって関口清治前監督が辞任すると、南海OBで1982年に打撃コーチとして近鉄入りしていた岡本伊三美がこの年から監督に就任。岡本新監督は1979年1980年の2連覇メンバーがベテランの域に入り衰えが見え始めたことから、ドラフトで獲得の小野和義や2年前のドラフト1位・金村義明などの若手を登用。さらに外国人もドン・マネーリチャード・デュランに一新するが、日本生命球場のロッカーが不潔なのに激怒したマネーは「もう日本でプレーしない」とフロントに退団を直訴してそのまま退団し、さらにデュランも後を追って退団するなど外国人二人に去られたチームは穴埋めとしてリチャード・デービスを獲得。デービスは規定打席未満ながら3割を打ち、岡本監督の期待に応える活躍をした。チームは開幕から前年優勝の西武が出遅れたこともあり、7月までは阪急に次ぐ2位につけていたが若手起用に切り替えた西武が8月以降反撃を開始すると、ベテランの多いチームは一気に失速。最終的に借金を1ケタまで減らしたものの、4位でシーズンを終えた。

チーム成績[編集]

開幕オーダー
1 大石大二郎
2 平野光泰
3 加藤秀司
4 栗橋茂
5 マネー
6 デュラン
7 金村義明
8 有田修三
9 谷真一
投手 鈴木啓示
1984年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 近鉄 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 阪急 0.5 近鉄 4.0 近鉄 7.0 近鉄 6.5 ロッテ 6.5 ロッテ 8.5
3位 南海 1.0 南海 6.5 ロッテ 7.5 ロッテ 7.0 近鉄 12.5 西武 14.5
4位 西武 2.0 ロッテ 8.5 南海 9.5 南海 11.5 西武 14.0 近鉄 16.5
5位 ロッテ 2.5 西武 9.0 西武 12.0 西武 13.0 南海 20.0 南海 21.0
6位 日本ハム 3.0 日本ハム 14.0 日本ハム 15.0 日本ハム 19.0 日本ハム 25.0 日本ハム 29.5
1984年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 75 45 10 .625 -
2位 ロッテオリオンズ 64 51 15 .557 8.5
3位 西武ライオンズ 62 61 7 .504 14.5
4位 近鉄バファローズ 58 61 11 .487 16.5
5位 南海ホークス 53 65 12 .449 21.0
6位 日本ハムファイターズ 44 73 13 .376 29.5

オールスターゲーム1984[編集]

ファン投票 監督推薦
大石大二郎
羽田耕一
鈴木啓示
梨田昌崇
  • 第3戦で大石が江川卓の連続打者奪三振記録を8でとめた。

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2][3]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
大石大二郎 盗塁王 46個 2年連続2度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
大石大二郎 二塁手 2年連続2度目
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
大石大二郎 二塁手 3年連続3度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 佐々木修 投手 近畿大学工学部 入団
2位 吉田剛 内野手 取手第二高 入団
3位 山崎慎太郎 投手 新宮高 入団
4位 山下和彦 捕手 新日本製鐵大分 入団
5位 鈴木貴久 外野手 電電北海道 入団
6位 田崎正明 投手 電電近畿 拒否

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 年度別成績 1984年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2017年4月19日閲覧。
  2. ^ LEGEND OF Bs 2012 〜劇的、激動の80's〜オリックス・バファローズ公式HP
  3. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7。