1984年の阪神タイガース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
1984年の阪神タイガース
成績
セントラル・リーグ4位
53勝69敗8分 勝率.434
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場
阪神甲子園球場
Summer Koshien 2009 Final.jpg
球団組織
オーナー 久万俊二郎
経営母体 阪神電気鉄道
監督 安藤統男
 < 1983 1985 > 

1984年の阪神タイガースでは、1984年の阪神タイガースにおける動向をまとめる。

1984年の阪神タイガースは、安藤統男監督体制の3年目のシーズンである。安藤監督の体調不良により6月13日から15日までの間は佐藤孝夫代行監督が指揮を執った。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 吉竹春樹
2 弘田澄男
3 真弓明信
4 掛布雅之
5 バース
6 佐野仙好
7 平田勝男
8 渡辺長助
9 野村収
1984年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 広島 - 広島 - 広島 - 中日 - 中日 - 広島 -
2位 中日 5.0 中日 0.5 中日 0.5 広島 1.0 広島 1.0 中日 3.0
3位 阪神 6.0 阪神 5.5 巨人 9.5 巨人 9.0 巨人 9.5 巨人 8.5
4位 大洋 7.5 大洋 8.0 阪神 10.5 阪神 11.0 阪神 18.5 阪神 23.0
5位 巨人 8.5 巨人 8.0 大洋 14.5 大洋 20.0 ヤクルト 21.5 ヤクルト 25.0
6位 ヤクルト 9.0 ヤクルト 14.0 ヤクルト 19.0 ヤクルト 22.0 大洋 24.5 大洋 30.5
期間
成績
9勝9敗2分
勝率.500
12勝11敗1分
勝率.478
9勝13敗2分
勝率.409
10勝8敗1分
勝率.556
6勝17敗1分
勝率.261
7勝11敗1分
勝率.389
1984年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 広島東洋カープ 75 45 10 .625 -
2位 中日ドラゴンズ 73 49 8 .598 3.0
3位 読売ジャイアンツ 67 54 9 .554 8.5
4位 阪神タイガース 53 69 8 .434 23.0
5位 ヤクルトスワローズ 51 71 8 .418 25.0
6位 横浜大洋ホエールズ 46 77 7 .374 30.5

個人成績[編集]

投手成績[編集]

  • 色付き規定投球回(130イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手








































W
H
I
P
 
/[[]]

打撃成績[編集]

  • 色付き規定打席(403打席)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手











































O
P
S
 
/[[]]

オールスターゲーム1984[編集]

選出選手
ポジション 名前 選出回数
投手 山本和行 5
内野手 バース
内野手 掛布雅之 9
  • バースは故障により出場辞退

できごと[編集]

6月[編集]

8月[編集]

  • 8月15日 - 後楽園の巨人対阪神の試合前、巨人のレジー・スミスを阪神ファン数人が取り囲み、それに対しスミスが数人に暴行を加えたとして地元警察署に連行、後日書類送検される。

10月[編集]

  • 10月3日5日 - 本塁打王を争う掛布雅之と中日の宇野勝に対し、3日ナゴヤと5日甲子園の2試合に渡り阪神と中日の両球団が敬遠合戦を展開、両者とも10打席連続敬遠を記録。
  • 10月15日 - 9月に続投が発表されていた監督の安藤統男が辞任。[1]
  • 10月23日 - 新監督に吉田義男が就任[1]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
掛布雅之 本塁打王 37本 2年ぶり3度目
山本和行 最優秀救援投手 34SP 2年ぶり2度目
ベストナイン
受賞者なし
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
平田勝男 遊撃手 初受賞

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 嶋田章弘 投手 箕島高 入団
2位 佐藤秀明 投手 日立製作所 入団
3位 和田豊 内野手 日本大学 入団
4位 嶋田宗彦 捕手 住友金属 入団
5位 大野久 外野手 日産自動車 入団
6位 山口重幸 投手 岩倉高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 阪神タイガースヒストリー1980-1984阪神球団公式サイト