1984年ロサンゼルスオリンピックの柔道競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

1984年ロサンゼルスオリンピックの柔道競技は、1984年8月5日から8月12日までの競技日程で実施された1984年ロサンゼルスオリンピック柔道

概要[編集]

実施階級は前回大会と同じ男子8階級で行われた。当大会は無差別級と95 kg超級で同一選手の出場が禁止された[1]。強豪国ソビエト連邦などがボイコットをした。

競技結果[編集]

階級
60 kg以下級 日本 細川伸二
日本 (JPN)
韓国 金載燁
韓国 (KOR)
イギリス ニール・エカーズリー
イギリス (GBR)
アメリカ合衆国 エドワード・リディ
アメリカ合衆国 (USA)
65 kg以下級 日本 松岡義之
日本 (JPN)
韓国 黄正五
韓国 (KOR)
フランス マルク・アレクサンドル
フランス (FRA)
オーストリア ヨーゼフ・ライター
オーストリア (AUT)
71 kg以下級 韓国 安柄根
韓国 (KOR)
イタリア エツィオ・ガンバ
イタリア (ITA)
イギリス ケリス・ブラウン
イギリス (GBR)
ブラジル ルイス・オンムラ
ブラジル (BRA)
78 kg以下級 西ドイツ フランク・ウィニケ
西ドイツ (FRG)
イギリス ニール・アダムス
イギリス (GBR)
ルーマニア ミルチャ・フラティカ
ルーマニア (ROM)
フランス ミシェル・ノバック
フランス (FRA)
86 kg以下級 オーストリア ペーター・ザイゼンバッハー
オーストリア (AUT)
アメリカ合衆国 ロバート・バーランド
アメリカ合衆国 (USA)
ブラジル バウテル・カルモナ
ブラジル (BRA)
日本 野瀬清喜
日本 (JPN)
95 kg以下級 韓国 河亨柱
韓国 (KOR)
ブラジル ダグラス・ビエイラ
ブラジル (BRA)
アイスランド ビャルニ・フリドリクソン
アイスランド (ISL)
西ドイツ ギュンター・ノイロイター
西ドイツ (FRG)
95 kg超級 日本 斉藤仁
日本 (JPN)
フランス アンジェロ・パリジ
フランス (FRA)
カナダ マーク・バーガー
カナダ (CAN)
韓国 趙容徹
韓国 (KOR)
無差別級 日本 山下泰裕
日本 (JPN)
エジプト モハメド・ラシュワン
エジプト (EGY)
西ドイツ アルトゥル・シュナーベル
西ドイツ (FRG)
ルーマニア ミハイ・シオク
ルーマニア (ROM)

各国メダル数[編集]

国・地域
1 日本 日本 4 0 1 5
2 韓国 韓国 2 2 1 5
3 西ドイツ 西ドイツ 1 0 2 3
4 オーストリア オーストリア 1 0 1 2
5 ブラジル ブラジル 0 1 2 3
フランス フランス 0 1 2 3
イギリス イギリス 0 1 2 3
8 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 0 1 1 2
9 エジプト エジプト 0 1 0 1
イタリア イタリア 0 1 0 1
11 ルーマニア ルーマニア 0 0 2 2
12 カナダ カナダ 0 0 1 1
アイスランド アイスランド 0 0 1 1

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 柔道』第53巻第3号、講道館、1982年3月1日、 34頁。