1985年の南海ホークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1985年の南海ホークス
成績
パシフィック・リーグ6位
44勝76敗10分 勝率.367[1]
本拠地
都市 大阪府大阪市浪速区
球場
大阪球場
Osaka Stadium 1989.jpg
球団組織
オーナー 川勝傳
経営母体 南海電気鉄道
監督 穴吹義雄
« 1984
1986 »

1985年の南海ホークス(1985ねんのなんかいホークス)では、1985年の南海ホークスにおける動向をまとめる。

この年の南海ホークスは、穴吹義雄監督の3年目のシーズンである。

概要[編集]

穴吹監督3年目のチームはAクラス入りが期待されたものの、前年藤原満の背番号7を継いだ久保寺雄二が年明け早々急性心不全で死去するハプニングが発生。久保寺の死去を受け、穴吹監督は「彼のためにもAクラス入りする」と宣言。チームは4月を勝率5割で終え5月反攻が期待されたが、その5月を9勝13敗で負け越すと黒星が先行。最終的には前半戦を5位で終えるものの、8月に7勝17敗と借金10を重ねて日本ハムに代わって最下位に転落。終盤はほとんど勝てなくなり、最終的に44勝76敗10分で3年ぶりの最下位に沈み、穴吹監督は辞任した。投手陣はダブル山内(山内和宏山内孝徳)がこの年もエースとして奮闘し、山内和は11勝を、山内孝は10勝をそれぞれあげて穴吹監督の期待に応えた。ダブル山内を除く若手投手は3年目の藤本修二が最多敗を記録し、藤本と同期の畠山準はわずか1勝しかできず、井上祐二もわずか2勝にとどまるなど成績が伸び悩み、チーム防御率5.05はリーグ5位に終わった。打撃陣もジェフ・ドイルクリス・ナイマンなどが奮闘するも149本塁打はリーグ最下位で、得点・安打もリーグ最下位に終わったほか、失策も127個でリーグ最低に終わった。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー[2]
1 河埜敬幸
2 ドイル
3 岡本圭右
4 門田博光
5 山本和範
6 ナイマン
7 立石充男
8 定岡智秋
9 吉田博之
山内孝徳
1985年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 近鉄 -- 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 --
2位 西武 0.5 近鉄 6.0 阪急 6.0 近鉄 9.5 近鉄 12.0 近鉄 15.0 ロッテ 15.0
3位 南海 3.0 ロッテ 近鉄 8.0 阪急 10.5 阪急 14.5 阪急 17.0 近鉄 15.5
4位 阪急 3.5 南海 9.5 ロッテ ロッテ 12.5 ロッテ 17.5 ロッテ 17.5 阪急 15.5
5位 ロッテ 3.5 阪急 10.5 南海 13.0 南海 18.0 日本ハム 19.5 日本ハム 21.5 日本ハム 23.0
6位 日本ハム 7.5 日本ハム 13.0 日本ハム 16.0 日本ハム 18.5 南海 26.5 南海 28.0 南海 33.0

[3][4][5][6][7][8]

1985年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 西武ライオンズ 79 45 6 .637 -
2位 ロッテオリオンズ 64 60 6 .516 15.0
3位 近鉄バファローズ 63 60 7 .5121 15.5
4位 阪急ブレーブス 64 61 5 .5120 15.5
5位 日本ハムファイターズ 53 65 12 .449 23.0
6位 南海ホークス 44 76 10 .367 33.0

[1]

個人成績[編集]

投手成績[編集]

  • 色付き規定投球回(130イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手








































W
H
I
P
 
/山内孝徳 32 31 14 2 4 10 12 0 862 202.1 228 31 37 4 85 1 0 123 107 4.76 1.31
/藤本修二 37 31 9 3 0 8 17 0 877 196.1 215 23 83 6 81 6 0 129 118 5.41 1.52
/加藤伸一 34 21 9 1 0 9 11 1 818 189.1 180 32 87 9 79 2 1 100 86 4.09 1.41
/山内和宏 29 26 5 0 0 11 11 0 740 164.2 169 29 90 6 68 0 0 101 89 4.86 1.57
/井上祐二 33 9 2 0 0 2 13 0 460 105.0 108 13 42 2 51 2 0 78 63 5.40 1.43
/矢野実 40 0 0 0 0 2 3 7 288 68.0 67 9 22 0 39 1 0 35 33 4.37 1.31
/藤田学 18 6 1 0 0 1 4 0 200 43.0 57 4 16 2 8 0 0 34 30 6.28 1.70
/畠山準 13 2 0 0 0 1 3 0 175 38.2 45 11 14 0 22 2 0 24 21 4.89 1.53
/竹口昭範 25 2 0 0 0 0 1 0 167 37.0 41 8 20 2 11 0 0 32 27 6.57 1.65
/大坪幸夫 12 0 0 0 0 0 0 0 105 24.2 33 5 6 0 9 0 0 14 14 5.11 1.58
/大津一洋 14 1 0 0 0 0 0 0 110 23.2 28 4 12 0 12 0 0 18 12 4.56 1.69
/大久保学 12 0 0 0 0 0 0 1 94 18.1 27 5 12 2 5 1 0 18 17 8.35 2.13
/中条善伸 23 1 0 0 0 0 1 0 81 17.1 21 4 9 1 7 1 0 17 11 5.71 1.73
/青井要 7 0 0 0 0 0 0 0 36 8.0 8 2 8 1 4 0 1 7 7 7.88 2.00
/森口益光 3 0 0 0 0 0 0 0 27 5.1 9 1 2 1 3 0 0 7 7 11.81 2.06
/山川周一 1 0 0 0 0 0 0 0 3 0.0 1 1 2 0 0 0 0 3 3 - -

打撃成績[編集]

  • 色付き規定打席(403打席)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手











































O
P
S
 
/山本和範 130 542 472 73 125 17 4 15 195 57 14 7 4 5 48 2 13 43 8 .265 .346 .413 .759
/ナイマン 121 477 425 79 121 22 1 26 223 78 13 7 0 1 47 5 4 67 11 .285 .361 .525 .885
/ドイル 120 468 406 62 107 22 4 16 185 44 5 7 12 2 46 1 2 52 5 .264 .340 .456 .796
/門田博光 114 466 383 63 104 12 2 23 189 62 0 0 0 4 78 8 1 88 9 .272 .393 .493 .886
/吉田博之 124 390 342 31 82 19 1 10 133 43 2 1 16 2 25 0 5 63 9 .240 .299 .389 .688
/河埜敬幸 108 383 350 42 83 11 0 8 118 43 8 5 2 1 29 1 1 24 9 .237 .297 .337 .634
/新井宏昌 118 370 325 39 85 17 2 3 115 26 10 2 12 3 28 5 2 25 4 .262 .321 .354 .675
/池之上格 100 273 239 28 72 15 0 2 93 35 4 2 4 2 19 0 9 23 6 .301 .372 .389 .761
/岡本圭右 80 233 214 22 55 12 0 9 94 43 1 1 0 2 16 0 1 46 4 .257 .309 .439 .748
/小川史 113 221 192 26 44 8 0 2 58 18 9 5 13 0 15 0 1 25 9 .229 .288 .302 .591
/山村善則 77 200 178 20 44 9 0 7 74 25 2 3 1 2 14 1 5 36 2 .247 .317 .416 .732
/湯上谷宏 37 141 122 18 32 8 1 1 45 7 6 3 8 1 7 0 3 22 1 .262 .316 .369 .685
/香川伸行 69 139 134 14 35 4 0 8 63 27 0 0 0 0 5 0 0 29 2 .261 .288 .470 .758
/山田勉 75 117 98 22 29 3 3 3 47 10 9 1 4 1 13 0 1 12 0 .296 .381 .480 .860
/定岡智秋 45 116 108 7 27 1 0 3 37 8 0 0 3 1 3 0 1 21 2 .250 .274 .343 .617
/佐々木誠 54 114 103 19 30 5 0 2 41 15 5 4 1 2 7 0 1 21 0 .291 .336 .398 .734
/高柳秀樹 65 112 101 17 25 6 0 6 49 16 0 1 0 0 10 0 1 27 3 .248 .321 .485 .807
/立石充男 36 82 70 6 14 3 0 1 20 7 0 1 1 0 9 0 2 21 2 .200 .309 .286 .594
/中尾明生 95 64 57 9 15 1 1 2 24 6 3 0 2 0 5 0 0 13 0 .263 .323 .421 .744
/岸川勝也 22 33 27 5 2 0 0 1 5 1 0 0 0 0 5 0 1 5 0 .074 .242 .185 .428
/藤本博史 8 11 9 1 1 0 0 1 4 2 0 0 1 0 1 0 0 3 0 .111 .200 .444 .644
/岩木哲 19 6 6 0 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .167 .167 .333 .500

オールスターゲーム1985[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
投手 加藤伸一
山内孝徳 3
  • この年の南海ホークスからは監督推薦による選出のみ。

できごと[編集]

1月[編集]

選手・スタッフ[編集]

  • 背番号変更

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選出なし
ダイヤモンドグラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 西川佳明 投手 法政大学 入団
2位 中村弘道 投手 北海道拓殖銀行 入団
3位 広永益隆 投手 徳島商業高 入団
4位 西山秀二 捕手 上宮高 入団
5位 坂田和隆 投手 九州産業大学 入団
6位 安田秀之 外野手 享栄高 入団


出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 年度別成績 1985年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2015年7月9日閲覧。
  2. ^ 『読売新聞』1985年4月7日付朝刊、14版、17面
  3. ^ 『読売新聞』1985年4月30日付朝刊、14版、17面
  4. ^ 『読売新聞』1985年6月1日付朝刊、14版、17面
  5. ^ 『読売新聞』1985年6月30日付朝刊、14版、17面
  6. ^ 『読売新聞』1985年8月1日付朝刊、14版、17面
  7. ^ 『読売新聞』1985年9月1日付朝刊、14版、17面
  8. ^ 『読売新聞』1985年10月1日付朝刊、14版、17面
  9. ^ 【1月4日】1985年(昭60) 突然もがき苦しんで…26歳久保寺雄二、就寝中に突然死”. Sponichi Annex. 2014年6月29日閲覧。