1985年東京都議会議員選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1985年東京都議会議員選挙は、東京都の議会である東京都議会を構成する議員を全面改選するため1985年7月7日に行われた東京都の選挙である。

概要[編集]

東京都議会は1965年に自主解散したため、統一地方選挙より2年遅れて選挙が実施されている。なお統一地方選挙で実施されない都道府県議会議員選挙は、東京都以外に茨城県沖縄県の2箇所である。

この都議選は、2期目の折り返し点を過ぎた鈴木都政に対する中間評価とともに、全国世論を占うものとして国政に強い影響を与えるため、各党とも国政選挙並みに力を入れた選挙となった。

  • 東京都知事鈴木俊一(1983年の統一地方選挙で再選された)
  • 告示:1985年6月28日
  • 改選数:127議席
党派別立候補者数
党派 候補者 新旧内訳 改選
議席
自由民主党 66 46 1 19 51
公明党 30 22 0 8 27
日本共産党 40 13 3 24 16
日本社会党 26 13 3 10 15
新自由クラブ 14 7 1 6 7
民社党 9 3 0 6 3
諸派 11 0 0 11 0
無所属 29 3 0 6 3
合計 225 107 8 110 122
(欠5)
出典:朝日新聞1985年6月28日付夕刊1面「党派別立候補者数」より。

選挙結果[編集]

  • 投票日:1985年7月7日
  • 投票率:53.50%[1]
都議会議員選挙。党派別得票と議席数
党派 得票数 得票率 議席数 新旧内訳 改選前 増減
自由民主党 1,619,862 36.0 56 43 1 12 51 +5
公明党 950,165 21.1 29 21 0 8 27 +2
日本共産党 695,410 15.5 19 12 2 5 16 +3
日本社会党 526,432 11.7 11 5 0 6 15 -4
新自由クラブ 258,373 5.7 6 5 0 1 7 -1
民社党 134,002 3.0 2 1 0 1 3 -1
諸派 33,887 0.8 0 0 0 0 0 0
無所属 279,844 6.2 4 2 0 2 3 -1
都・計 4,497,976 127 89 3 35 122
(欠5)
  • 女性は7人が当選
  • 無所属の内、1名は選挙直後に自民党が追加公認した。
出典:朝日新聞1985年7月8日付夕刊1面「党派別当選者数」と朝日新聞7月9日付1面「都議選 新分野党派別得票」

投票日の翌日に開票が行われた都議会議員選挙は、開票の結果、自民党が改選議席を上積みすることに成功したのに対し、社会党は前回に引き続き議席を更に減らして大敗する結果となった。公明党と共産党は前回よりも議席を増やすことに成功した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 朝日新聞社『「朝日新聞」縮刷版 1985年6月号』
  • 朝日新聞社『「朝日新聞」縮刷版 1985年7月号』