1986年の広島東洋カープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1986年の広島東洋カープ
成績
日本シリーズ敗退
3勝4敗1分(対西武
セントラル・リーグ優勝
73勝46敗11分 勝率.613[1]
本拠地
都市 広島県広島市
球場
広島市民球場
Hiroshima Municipal Baseball Stadium 2008.JPG
球団組織
オーナー 松田耕平
経営母体 松田家(マツダ創業者一族)
監督 阿南準郎
« 1985
1987 »

1986年の広島東洋カープ(1986ねんのひろしまとうようカープ)では、1986年の広島東洋カープにおける動向をまとめる。

このシーズンの広島東洋カープは、阿南準郎監督の1年目のシーズンであり、2年ぶり5度目のリーグ優勝に輝いたシーズンである。

概要[編集]

1975年の初優勝以来長く指揮を執った古葉竹識前監督の勇退を受け、阿南新監督が就任。阿南は古葉の「耐えて勝つ」野球を継承するべく、投手陣では1982年の新人王・津田恒実を抑えに配置転換したほかルーキーの長冨浩志を先発に起用し、古葉前監督が目をかけていた金石昭人を先発ローテーションに配置するなど大きく若返りを図った。打撃陣は長く4番を打った山本浩二衣笠祥雄に衰えが見え始め、2年目の正田耕三木下富雄に代わって二塁手のレギュラーに入るなど世代交代が進んだ。2年ぶりの優勝に燃えるチームは開幕から勝ち進んでスタートダッシュに成功するが、7月には巨人に首位の座を明け渡し、さらに前年優勝の阪神が巻き返したこともあり三つ巴の混戦となった。その後8月に阪神が死のロードで失速すると広島・巨人のマッチレースとなり、一度は巨人に5.5ゲーム差をつけられるものの負けじと勝ち進んで巨人をマーク。最後は神宮球場ヤクルト戦に勝って2年ぶりに優勝を決めた。日本シリーズは初戦引き分けのあと3連勝したものの、第5戦で西武工藤公康にサヨナラ打を打たれると流れが西武に傾き、ここから4連敗し惜しくも日本一は逃した。シリーズ終了後、ミスター赤ヘル・山本が18年間の現役生活に別れを告げた。

マジック点灯から優勝決定まで
順位 9/23終 9/24終 9/25終 9/26終 9/27終 9/28終 9/29終 9/30終 10/1終 10/2終 10/3終 10/4終 10/5終 10/6終 10/7終 10/9終 10/10終 10/12終
1位 M14 M12 M12 -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- M3 M2 M1 優勝
2位 -0.5 0.5 -0.5 1.0
M12
1.0
M11
1.0
M10
1.5
M10
1.5
M9
2.0
M9
2.0
M8
2.5
M8
2.5
M7
2.0
M6
1.5
M5
-0.5 -0.5 0.0 0.5
試合
結果
広5-1巨 広4-1巨 巨6-2広 巨3-2中 巨4-1中
広2-0洋
巨6-1中
広4-2洋
洋5-2広 巨8-0ヤ
広3-2神
神4-0広 巨6-2ヤ
広6-1神
巨8-3ヤ 巨6-2神
広3-0中
広4-0中 広5-1中 ヤ3-2巨
広3-0中
広7-5神
巨10-4洋
広2-0神 広8-3ヤ

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー[2]
1 高橋慶彦
2 山崎隆造
3 長内孝
4 山本浩二
5 衣笠祥雄
6 長嶋清幸
7 正田耕三
8 達川光男
9 北別府学
1986年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 広島 -- 広島 -- 広島 -- 広島 -- 巨人 -- 巨人 -- 広島 --
2位 巨人 3.0 巨人 5.0 巨人 1.5 巨人 0.0 広島 2.5 広島 1.5 巨人 0.0
3位 大洋 3.5 大洋 阪神 6.0 阪神 3.5 阪神 7.5 阪神 10.5 阪神 13.5
4位 阪神 4.5 阪神 6.0 大洋 9.5 中日 10.5 中日 13.5 中日 16.5 大洋 20.0
5位 中日 5.5 中日 6.5 中日 10.5 大洋 12.0 大洋 15.5 大洋 18.0 中日 20.0
6位 ヤクルト 7.5 ヤクルト 13.5 ヤクルト 17.5 ヤクルト 13.0 ヤクルト 18.0 ヤクルト 25.5 ヤクルト 27.5

[3][4][5][6][7]

1986年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 広島東洋カープ 73 46 11 .613 -
2位 読売ジャイアンツ 75 48 7 .610 0.0
3位 阪神タイガース 60 60 10 .500 13.5
4位 横浜大洋ホエールズ 56 69 5 .448 20.0
5位 中日ドラゴンズ 54 67 9 .446 20.0
6位 ヤクルトスワローズ 49 77 4 .389 27.5

[1]

日本シリーズ[編集]

1986年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月18日(土) 第1戦 西武ライオンズ 2-2 広島東洋カープ 広島市民球場
10月19日(日) 第2戦 西武ライオンズ 1-2 広島東洋カープ
10月20日(月) 移動日
10月21日(火) 第3戦 広島東洋カープ 7-4 西武ライオンズ 西武ライオンズ球場
10月22日(水) 第4戦 広島東洋カープ 3-1 西武ライオンズ
10月23日(木) 第5戦 広島東洋カープ 1-2 西武ライオンズ
10月24日(金) 移動日
10月25日(土) 第6戦 西武ライオンズ 3-1 広島東洋カープ 広島市民球場
10月26日(日) 第7戦 西武ライオンズ 3-1 広島東洋カープ
10月27日(月) 第8戦 西武ライオンズ 3-2 広島東洋カープ
優勝:西武ライオンズ(3年ぶり6回目)

オールスターゲーム1986[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
コーチ 阿南準郎
投手 津田恒美 2
川口和久 2
金石昭人
捕手 達川光男 2
内野手 高橋慶彦 6
衣笠祥雄 12
長内孝
外野手 山本浩二 14
  • 太字はファン投票で選ばれた選手。

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[8]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
北別府学 最優秀選手 初受賞
最優秀防御率 2.43 初受賞
最多勝利 18勝 4年ぶり2度目
最高勝率 .818 2年連続2度目
沢村賞 4年ぶり2度目
長冨浩志 新人王
その他
選手名 タイトル
津田恒実 カムバック賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
北別府学 投手 4年ぶり2度目
達川光男 捕手 2年ぶり2度目
高橋慶彦 遊撃手 3年ぶり5度目
山本浩二 外野手 2年ぶり10度目
ゴールデングラブ賞
選手名 ポジション 回数
北別府学 投手 初受賞
達川光男 捕手 2年ぶり2度目
衣笠祥雄 三塁手 2年ぶり3度目
長嶋清幸 外野手 2年ぶり3度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 栗田聡 投手 三菱重工神戸 入団
2位 小野一也 投手 福岡・常磐高 入団
3位 緒方孝市 内野手 鳥栖高 入団
4位 望月一 投手 静岡高 入団

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 年度別成績 1986年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2016年5月27日閲覧。
  2. ^ 『読売新聞』1986年4月5日付朝刊、14版、17面
  3. ^ 『読売新聞』1986年5月1日付朝刊、14版、16面
  4. ^ 『読売新聞』1986年6月1日付朝刊、14版、16面
  5. ^ 『読売新聞』1986年6月30日付朝刊、14版、15面
  6. ^ 『読売新聞』1986年8月1日付朝刊、14版、17面
  7. ^ 『読売新聞』1986年9月1日付朝刊、14版、17面
  8. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7。