1986年の日本の女性史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
女性史 > 日本の女性史年表 > 1986年の日本の女性史

1986年の日本の女性史(1986ねんのにほんのじょせいし)は、1986年(昭和61年)の日本における女性に関するできごとを時系列的に挙げる。参考文献は日本の女性史年表を参照のこと。

本項目は歴史研究としての女性史ではなく、日本における女性に関するできごとをある体系に基づいて述べようとするものではない。


この年[編集]

  • 下着通信販売セシール全国紙でカタログ通販の宣伝、年商480億円から1000億円、翌年1350億円に伸ばす。ワコールの1075億円を抜いて下着販売業界トップに
  • NTT調査、からへの電話平均月3.1回、嫁から姑へ2.2回、計月5.3回、母娘間は平均10.6回
  • 女子中・高生の性非行増加、動機は好奇心43.8%、特定の男性が好きで37.5%、金が欲しい11.1%、10代の妊娠中絶2万8424件で史上最高
  • 女性の間で、に花や小さな人形を描くおしゃれが流行。化粧品業界のネール商品の売上げ40%増に
  • 厚生省調査、100歳以上が2000人を超える。男性462人・女性1809人