1986年の日本競馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 1986年 | 1986年のスポーツ

馬齢は旧表記で統一する。

概要[編集]

メジロラモーヌの牝馬三冠[編集]

この年の牝馬クラシック路線において、メジロラモーヌが史上初の牝馬三冠に輝いた。 同馬は桜花賞優駿牝馬エリザベス女王杯の三冠競走に加えて、各競走のトライアル競走にあたる報知杯4歳牝馬特別サンケイスポーツ賞4歳牝馬特別ローズステークスも全て優勝した。 年末の有馬記念は並み居る牡馬に混じってミホシンザンに次ぐ2番人気に支持されたが、9着に惨敗。 このレースを最後に引退し、繁殖牝馬となった。翌1987年にはJRA顕彰馬に選出された。

社台ファームのダービー初制覇とメジロ牧場のクラシック初制覇[編集]

この年のクラシック戦線では、不思議と東京優駿(ダービー)優勝に縁がなかった社台ファームダイナガリバーで生産馬による初のダービー優勝を果たす。

また、これまでに2着は何度もありながらクラシック制覇に縁がなかったメジロ牧場が、メジロラモーヌの桜花賞優勝でクラシック制覇を達成。 勢いとは恐ろしいもので、メジロラモーヌは優駿牝馬、(クラシックではないが)エリザベス女王杯も優勝して牝馬三冠を達成。 さらに秋には吉田堅生産・メジロ商事所有のメジロデュレン菊花賞で優勝し、牡馬のクラシック競走も優勝を果たした。

シンボリルドルフの海外遠征と引退[編集]

クラシック三冠を含む、2013年現在でもJRA史上最多のGI7勝を記録したシンボリルドルフが満を持して海外遠征を行った。 その初戦として3月29日アメリカサンタアニタ競馬場でのサンルイレイステークスに出走したが、7頭立ての6着に敗れた。 競走中に故障(左前脚繋靭帯炎)を発症し、次に予定していたサンフアンカピストラーノインビテーショナルハンデキャップの出走を取りやめて無念の帰国。 再挑戦が検討されるもそのまま引退が決まり、12月7日には中山競馬場で引退式が行われた。

できごと[編集]

1月 - 3月[編集]

4月 - 6月[編集]

10月 - 12月[編集]

その他[編集]

  • 河内洋がJRA重賞年間12勝を記録。福永洋一を抜いて年間重賞最多勝記録を更新。

競走成績[編集]

中央競馬・平地GI[編集]

中央競馬・障害[編集]

地方競馬主要競走[編集]

表彰[編集]

優駿賞[編集]

  • 年度代表馬・最優秀4歳牡馬 ダイナガリバー
  • 最優秀3歳牡馬 メリーナイス、ゴールドシチー
  • 最優秀3歳牝馬 ドウカンジョー、コーセイ
  • 最優秀4歳牝馬 メジロラモーヌ
  • 最優秀5歳以上牡馬 サクラユタカオー
  • 最優秀5歳以上牝馬 タカラスチール
  • 最優秀父内国産馬 ミホシンザン
  • 最優秀スプリンター ニッポーテイオー
  • 最優秀ダートホース ライフタテヤマ
  • 最優秀障害馬 ハッピールイス
  • 最優秀アラブ ミトモスイセイ

リーディング[編集]

リーディングジョッキー[編集]

リーディングトレーナー[編集]

リーディングオーナー[編集]

リーディングブリーダー[編集]

リーディングサイアー[編集]

リーディングブルードメアサイアー[編集]

誕生[編集]

人物[編集]


競走馬[編集]

この年に生まれた競走馬は1989年のクラシック世代となる。

死去[編集]

人物[編集]

競走馬[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当時唯一の外国調教馬が出走できるGI競走であったジャパンカップも、この時点では1984年はカツラギエース1985年はシンボリルドルフと日本産馬が優勝していた。

出典・参考文献[編集]

  • 『新版競馬歴史新聞』(競馬歴史新聞編集委員会篇、日本文芸社、2004年4月、ISBN 4-537-25205-7)