1986年の阪神タイガース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1986年の阪神タイガース
成績
セントラル・リーグ3位
60勝60敗10分 勝率.500[1]
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場
阪神甲子園球場
Summer Koshien 2009 Final.jpg
球団組織
オーナー 久万俊二郎
経営母体 阪神電気鉄道
監督 吉田義男
 < 1985 1987 > 

1986年の阪神タイガースでは、1986年の阪神タイガースにおける動向をまとめる。

1986年の阪神タイガースは、2回目の吉田義男監督体制の2年目(通算5年目)のシーズンである。

概要[編集]

前年の日本一チームとして開幕を迎えるも、本拠地の甲子園が高校野球で使えず、敵地での開幕カードで大洋に3タテを喫する最悪のスタート。4月20日には掛布雅之が死球で右手首を骨折し復帰後も打撃不振に苦しみ、さらにエースとして期待された池田親興も5月27日にかかとを骨折しシーズンを棒に振るなど、6月中旬まで借金生活が続く。しかし前年三冠王のランディ・バースがこの年も打撃好調をキープ、6月26日に日本タイ記録の7試合連続本塁打を果たすと、チームはこの試合から9連勝を記録し首位戦線に浮上、8月5日には首位巨人に3ゲーム差まで迫るが、そこから死のロードに突入し6連敗で優勝争いから脱落。結局2年連続三冠王のバースを除く選手が軒並み成績を落としたチームは最後は3連敗で貯金ゼロとなり3位でシーズンを終えた。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー[2]
1 真弓明信
2 吉竹春樹
3 バース
4 掛布雅之
5 岡田彰布
6 佐野仙好
7 平田勝男
8 木戸克彦
9 池田親興
1986年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 広島 -- 広島 -- 広島 -- 広島 -- 巨人 -- 巨人 -- 広島 --
2位 巨人 3.0 巨人 5.0 巨人 1.5 巨人 0.0 広島 2.5 広島 1.5 巨人 0.0
3位 大洋 3.5 大洋 阪神 6.0 阪神 3.5 阪神 7.5 阪神 10.5 阪神 13.5
4位 阪神 4.5 阪神 6.0 大洋 9.5 中日 10.5 中日 13.5 中日 16.5 大洋 20.0
5位 中日 5.5 中日 6.5 中日 10.5 大洋 12.0 大洋 15.5 大洋 18.0 中日 20.0
6位 ヤクルト 7.5 ヤクルト 13.5 ヤクルト 17.5 ヤクルト 13.0 ヤクルト 18.0 ヤクルト 25.5 ヤクルト 27.5

[3][4][5][6][7]

1986年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 広島東洋カープ 73 46 11 .613 -
2位 読売ジャイアンツ 75 48 7 .610 0.0
3位 阪神タイガース 60 60 10 .500 13.5
4位 横浜大洋ホエールズ 56 69 5 .448 20.0
5位 中日ドラゴンズ 54 67 9 .446 20.0
6位 ヤクルトスワローズ 49 77 4 .389 27.5

[1]

個人成績[編集]

投手成績[編集]

  • 色付き規定投球回(130イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手








































W
H
I
P
 
/ゲイル 27 27 2 1 0 5 10 0 706 161.2 182 16 50 3 102 3 0 91 82 4.56 1.435
/仲田幸司 32 26 5 2 0 7 12 0 627 148.0 118 18 64 5 124 3 0 62 51 3.10 1.230
/伊藤文隆 29 25 4 1 1 8 8 0 586 139.0 142 20 33 3 83 3 1 74 69 4.47 1.259
/遠山昭治 27 24 3 2 0 8 5 0 549 128.0 135 14 34 3 73 0 1 64 60 4.22 1.320
/中西清起 61 0 0 0 0 8 9 5 387 95.0 86 9 20 3 73 1 0 38 31 2.94 1.116
/工藤一彦 38 5 0 0 0 5 0 1 362 86.2 94 8 21 1 49 1 0 39 36 3.74 1.327
/山本和行 49 1 0 0 0 11 3 15 342 86.0 67 7 15 2 80 3 0 21 16 1.67 0.953
/池田親興 11 10 4 1 0 4 4 0 293 68.0 72 6 25 1 47 2 0 32 24 3.18 1.426
/佐藤秀明 46 0 0 0 0 2 1 1 259 58.2 71 4 10 1 23 0 0 32 29 4.45 1.381
/藤原仁 25 2 0 0 0 0 2 0 188 43.1 41 6 18 1 32 4 0 23 20 4.15 1.362
/福間納 6 3 0 0 0 1 2 0 95 23.1 26 5 1 0 14 0 0 13 12 4.63 1.157
/嶋田章弘 11 1 0 0 0 0 2 0 94 22.1 24 3 8 1 11 0 0 9 9 3.63 1.433
/中田良弘 7 5 0 0 0 0 1 0 95 21.2 23 4 9 0 11 0 0 16 12 4.98 1.477
/福家雅明 12 1 0 0 0 0 0 0 87 21.1 19 2 6 0 21 0 0 7 7 2.95 1.172
/御子柴進 14 0 0 0 0 0 1 0 72 19.0 16 2 4 1 13 0 0 4 4 1.89 1.053
/野村収 15 0 0 0 0 1 0 0 65 15.1 16 3 1 2 5 0 0 9 5 2.93 1.109
/川原新治 5 0 0 0 0 0 0 0 12 3.1 2 0 0 0 0 0 0 1 1 2.70 0.600
/前田耕司 2 0 0 0 0 0 0 0 7 1.2 2 0 0 0 1 0 0 1 1 5.40 1.200

打撃成績[編集]

  • 色付き規定打席(403打席)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手











































O
P
S
 
/真弓明信 123 558 512 78 157 31 2 28 276 60 9 1 2 0 42 4 2 77 11 .307 .362 .539 .901
/岡田彰布 129 551 474 67 127 21 0 26 226 70 11 3 0 4 70 5 3 57 14 .268 .363 .477 .840
/バース 126 541 453 92 176 31 2 47 352 109 2 0 0 4 82 18 2 70 9 .389 .481 .777 1.258
/平田勝男 124 448 405 47 108 15 1 5 140 33 1 2 22 0 16 0 5 41 7 .267 .303 .346 .648
/佐野仙好 107 361 332 36 89 10 1 14 143 35 1 1 1 3 24 4 1 21 10 .268 .317 .431 .747
/柏原純一 107 345 310 49 97 20 1 17 170 46 3 2 0 2 31 0 2 49 11 .313 .377 .548 .925
/掛布雅之 67 285 254 33 64 11 1 9 104 34 0 2 0 3 25 0 3 40 7 .252 .323 .409 .732
/北村照文 99 266 242 36 58 10 2 7 93 21 9 3 7 0 15 0 2 30 3 .240 .290 .384 .674
/吉竹春樹 117 237 216 33 51 11 1 6 82 24 9 2 16 0 4 0 1 49 2 .236 .253 .380 .633
/木戸克彦 95 237 203 16 46 12 0 5 73 23 0 0 10 2 22 2 0 32 10 .227 .300 .360 .659
/嶋田宗彦 91 237 207 16 53 6 2 6 81 24 0 0 10 2 17 4 1 33 4 .256 .313 .391 .704
/弘田澄男 73 208 195 22 47 6 1 0 55 4 2 2 4 1 5 0 3 22 8 .241 .270 .282 .552
/長崎啓二 68 96 87 6 16 1 0 3 26 13 0 0 0 1 8 1 0 14 3 .184 .250 .299 .549
/永尾泰憲 80 87 80 7 24 1 1 1 30 12 0 0 0 1 4 1 2 10 1 .300 .345 .375 .720
/山脇光治 61 74 68 7 18 1 1 2 27 10 1 1 5 0 1 0 0 11 1 .265 .275 .397 .672
/ゲイル 27 63 57 4 9 1 0 2 16 9 0 0 5 1 0 0 0 33 0 .158 .155 .281 .436
/川藤幸三 49 49 49 5 13 0 0 5 28 14 0 0 0 0 0 0 0 12 1 .265 .265 .571 .837
/仲田幸司 32 48 44 1 6 0 0 0 6 2 0 0 3 1 0 0 0 12 1 .136 .133 .136 .270
/伊藤文隆 29 46 41 2 3 0 0 0 3 0 0 0 3 0 2 0 0 24 0 .073 .116 .073 .189
/遠山昭治 27 45 40 4 7 0 0 0 7 1 0 0 4 0 1 0 0 12 0 .175 .195 .175 .370
/池田親興 11 27 26 2 3 1 0 0 4 2 0 0 1 0 0 0 0 8 2 .115 .115 .154 .269
/工藤一彦 38 17 16 0 4 0 0 0 4 1 0 0 1 0 0 0 0 5 0 .250 .250 .250 .500
/大野久 24 13 13 4 2 0 0 1 5 1 1 1 0 0 0 0 0 6 0 .154 .154 .385 .538
/中西清起 61 12 12 0 5 0 0 0 5 1 0 0 0 0 0 0 0 5 1 .417 .417 .417 .833
/山本和行 49 12 11 0 2 0 0 0 2 0 0 0 1 0 0 0 0 4 1 .182 .182 .182 .364
/山川猛 24 11 10 2 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 1 0 0 5 0 .200 .273 .200 .473
/渡真利克則 8 10 9 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 4 1 .111 .200 .111 .311
/和田豊 8 5 3 0 1 1 0 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 .333 .333 .667 1.000
/福間納 6 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
/佐藤秀明 46 4 4 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .250 .250 .250 .500
/嶋田章弘 11 4 4 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .250 .250 .250 .500
/中田良弘 7 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
/藤原仁 25 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
/御子柴進 14 3 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
/服部浩一 17 2 2 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
/中野佐資 3 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
/福家雅明 12 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
/引間克幸 5 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 - 1.000 - -

オールスターゲーム1986[編集]

選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
監督 吉田義男
投手 山本和行 7
捕手 木戸克彦
一塁手 バース 3
二塁手 岡田彰布 5
外野手 真弓明信 6
川藤幸三
  • 太字はファン投票で選ばれた選手。

できごと[編集]

  • 6月18日26日 - バースが7試合連続本塁打の日本タイ記録を達成。
  • 7月8日 - バースがこの日終了時点で、今シーズンの最高となる打率.407。翌試合以降5試合を25打数無安打で打率4割を切り、試合終了時点で4割を越えることはなかった[8]
  • 9月8日 - ウェスタン・リーグで13年ぶりのリーグ優勝達成[9]
  • 10月14日 - シーズン最終戦の対大洋戦を行い、ランディ・バースは2打数2安打で日本プロ野球新記録打率.389でシーズンを終える[8]
  • 12月23日 - 前田耕司吉竹春樹と、西武の田尾安志が交換トレード[10]

選手・スタッフ[編集]

  • 登録名変更
  • 伊藤宏光→伊藤文隆

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
バース 首位打者 .389 2年連続2度目
本塁打王 47本 2年連続2度目
打点王 109打点 2年連続2度目
最多安打 176本 2年連続2度目
最高出塁率 .481 2年連続2度目
史上9度(6人)目、外国人初の2年連続三冠王達成
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
バース 一塁手 2年連続2度目
ゴールデングラブ賞
選手名 ポジション 回数
平田勝男 遊撃手 3年連続3度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 猪俣隆 投手 法政大学 入団
2位 嶋尾康史 投手 東洋大学附属姫路高 入団
3位 八木裕 内野手 三菱自動車水島 入団
4位 多岐篤司 投手 神戸弘陵学園高 入団
5位 高橋昌也 投手 大阪商業大学 入団
6位 真鍋勝己 投手 関西高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年度別成績 1986年 セントラル・リーグ”. 2015年7月10日閲覧。
  2. ^ 『読売新聞』1986年4月7日付朝刊、14版、17面
  3. ^ 『読売新聞』1986年5月1日付朝刊、14版、16面
  4. ^ 『読売新聞』1986年6月1日付朝刊、14版、16面
  5. ^ 『読売新聞』1986年6月30日付朝刊、14版、15面
  6. ^ 『読売新聞』1986年8月1日付朝刊、14版、17面
  7. ^ 『読売新聞』1986年9月1日付朝刊、14版、17面
  8. ^ a b 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」274-275ページ
  9. ^ タイガースヒストリー阪神球団公式サイト
  10. ^ ベースボール・マガジン社刊「ライオンズ60年史―獅子の記憶ー「西鉄」から「埼玉西武」まで」116ページ