1986年中華民国立法委員増額選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Flag of the Republic of China.svg
中華民国政治関連項目

中華民国の政治
中華民国憲法

総統蔡英文
副総統陳建仁

中華民国総統選挙
中華民国立法委員選挙

行政院 • 立法院
司法院 • 監察院
考試院

国民大会(-2005年

最高法院

政党制度政党一覧

泛藍 : 無盟
泛緑 : NPP 台連
泛橘 : 民国 その他:民衆

台湾問題中台関係

台独 • 統一

その他台湾関係記事

文化 - 経済 - 地理
政治 - 教育 - 軍事
人口 - 言語 - 交通
歴史

中華民国関係記事

中華文化
中国の歴史

中華民国立法院

1986年中華民国立法委員増額選挙(-ねんちゅうかみんこくりっぽういいんぞうがくせんきょ)は、中華民国立法府である中華民国立法院を構成する立法委員を選出するため、1986年民国暦75年)12月6日に投票が行われた選挙である。国民党政府が台湾に遷都する前の1948年に実施された第1回中華民国立法委員選挙の後、中国共産党政権(中華人民共和国)の誕生で、立法委員の改選が事実上不可能となり、そのまま議員職に留まり続けている「資深」(古参)議員を除く、増額委員(台湾地域で改選される立法委員)100名が改選された。

概要[編集]

立法委員の任期(3年)が満了したことに伴って実施された選挙で、総統選出機関である国民大会を構成する代表の選挙も合わせて行われた。この選挙では、この年の9月に台湾で初めての有力野党として結成された「民主進歩党」(民進党)が「党外後援会」として選挙に参加した[1]

改選数
台湾地域:73名・・・直接選挙で選出。
選区:55名
職業団体:16名(農民4名・漁民2名・工業2名・労働4名・商業2名・教育2名)
原住民:2名(山地と平地、それぞれ1名ずつ)
海外華僑:27名・・・総統が指名。
選区の定数
台北市:8名
高雄市:5名
台湾省
第1選区:9名(台北県宜蘭県基隆市
第2選区:6名(桃園県新竹県苗栗県
第3選区:10名(台中県彰化県南投県台中市
第4選区:9名(雲林県嘉義県台南県台南市
第5選区:5名(高雄県屏東県澎湖県
第6選区:2名(花蓮県台東県
福建省:1名(金門県連江県
立候補者数
中国国民党:81名
党外後援会(民進党):19名
中国青年党:2名
中国民主社会党:1名
その他:24名

選挙結果[編集]

投票日:1986年(民国歴75年)12月6日
有権者数:11,814,265名
投票率:65.38%(前回63.17%)
党派別議席数と得票
党派 得票数 得票率 議席数
中国国民党 5,251,451 69.87% 59
党外後援会(民進党) 1,666,509 22.17% 12
中国青年党 6,244 0.08% 0
中国民主社会党 1,180 0.02% 0
その他 590,719 7.86% 2
女性当選者:7名
議席内訳
党派 議席数 選区
(55名)
職業代表(16名) 原住(2名)
農民 漁民 労働 工業 商業 教育 山地 平地
中国国民党 59 42 4 2 3 2 2 2 1 1
党外後援会(民進党) 12 11 1
無所属 2 2
合計 73 55 4 2 4 2 2 2 1 1
選区選挙の結果
選区 定数 党派
国民党 後援会 無所属
台北市 8 6 2 0
高雄市 5 3 2 0
台湾省 第1選区 9 6 2 1
第2選区 6 5 1 0
第3選区 10 8 1 1
第4選区 9 8 1 0
第5選区 5 3 2 0
第6選区 2 2 0 0
福建省 1 1 0 0
合計 55 42 11 2

当選者[編集]

 中国国民党   中国青年党   民社党   無所属 

台北市 洪文棟 林鈺祥 紀政 簡又新 趙少康 黄書瑋 康寧祥 呉淑珍
高雄市 黄正雄 蕭楚喬 呉徳美 張俊雄 王義雄
台湾省 1区 周書府 林永瑞 呉梓 張堅華 謝美恵 孫勝治 蔡勝邦 尤清 黄煌雄
2区 温錦蘭 劉興善 黄主文 劉碧良 呂学儀 許国泰
3区 許張愛簾 劉松藩 林庚申 沈世雄 林炳森 洪昭男 潘至誠 林源朗 許栄淑 黄明和
4区 李宗仁 李勝峰 林時機 廖福本 陳適庸 林聯輝 林健治 洪玉欽 朱高正
5区 黄河清 温興春 王金平 邱連輝 余政憲
6区 饒穎奇 黄正一
福建省 黄武仁
平地山胞 蔡中涵
山地山胞 林天生
農民団体 蕭瑞徴 呉海源 蘇火灯 蔡友土
漁民団体 黄沢青 羅伝進
工人団体 李友吉 謝深山 呉勇雄 王聡松
工業団体 許勝発 張世良
商業団体 張平沼 周文勇
教育団体 陳哲男 頼晩鐘
海外居住者 1区 陳道 李海天
2区 曽恩波 馮彦 梁風 鍾偉光 陳恩賜
3区 張立明 蔡文曲 丘亮実 馬国祥 楊慶南
4区 朱永匡 莫翔興 黄元生 謝汝彬 左光煊
5区 簡漢生
6区 徐能 郭瑞訓
7区 厳諾
8区 柳復起
比例代表 馬克任 呉豊堃 宣以文 汪振華 牟宗燦

脚注[編集]

  1. ^ 民進党が結成された86年9月時点では、新規政党の結成が禁止されていた為である。

参考文献[編集]

  • 台湾研究所編『台湾総覧 1987年版』台湾研究所