1987年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1987年のワールドシリーズ
President Reagan and 1987 Twins.png
シリーズ優勝記念にホワイトハウスを表敬訪問し、当時のアメリカ合衆国大統領ロナルド・レーガンユニフォームを贈呈するツインズの選手たち
チーム 勝数
ミネソタ・ツインズAL 4
セントルイス・カージナルスNL 3
シリーズ情報
試合日程 10月17日–25日
観客動員 7試合合計:38万7138人
1試合平均:05万5305人
MVP フランク・バイオーラ(MIN)
ALCS MIN 4–1 DET
NLCS STL 4–3 SF
殿堂表彰者 バート・ブライレブン(MIN投手)
カービー・パケット(MIN外野手)
ホワイティ・ハーゾグ(STL監督)
レッド・ショーエンディーンスト(STLコーチ[注 1]
オジー・スミス(STL内野手)
チーム情報
ミネソタ・ツインズ(MIN)
シリーズ出場 22年ぶり05回目
GM アンディ・マクフェイル
監督 トム・ケリー
シーズン成績 85勝77敗・勝率.525
AL西地区優勝
分配金 選手1人あたり8万5581.06ドル[1]
セントルイス・カージナルス(STL)
シリーズ出場 02年ぶり15回目
GM ダル・マックスビル
監督 ホワイティ・ハーゾグ
シーズン成績 95勝67敗・勝率.586
NL東地区優勝
分配金 選手1人あたり5万6052.57ドル[1]
全米テレビ中継
放送局 ABC
実況 アル・マイケルズ
解説 ジム・パーマー
ティム・マッカーバー
平均視聴率 24.0%(前年比4.6ポイント下降)[2]
ワールドシリーズ
 < 1986 1988 > 

1987年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第84回ワールドシリーズ(84th World Series)は、10月17日から25日にかけて計7試合が開催された。その結果、ミネソタ・ツインズアメリカンリーグ)がセントルイス・カージナルスナショナルリーグ)を4勝3敗で下し、63年ぶり2回目の優勝を果たした。

両チームの対戦はシリーズ史上初めて。今シリーズは、全試合で本拠地球団が勝利するという史上初の展開をたどった[3]。ツインズは、前回のシリーズ優勝時ワシントンD.C.を本拠地都市とする "ワシントン・セネターズ" として活動しており、ミネソタ州に移転してツインズとなってからは初優勝となる。北米4大プロスポーツリーグにおいてミネソタ州を本拠地とするチームが優勝するのは、1954年にバスケットボールNBAミネアポリス・レイカーズワールドチャンピオンシップシリーズ(ファイナル)を制して以来のことだった[4]シリーズMVPには、第1戦と最終第7戦で先発勝利を挙げるなど、3試合19.1イニングで2勝1敗・防御率3.72という成績を残したツインズのフランク・バイオーラが選出された。

試合結果[編集]

1987年のワールドシリーズは10月17日に開幕し、途中に移動日を挟んで9日間で7試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月17日(土) 第1戦 セントルイス・カージナルス 1-10 ミネソタ・ツインズ ヒューバート・H・
ハンフリー・メトロドーム
10月18日(日) 第2戦 セントルイス・カージナルス 4-8 ミネソタ・ツインズ
10月19日(月) 移動日
10月20日(火) 第3戦 ミネソタ・ツインズ 1-3 セントルイス・カージナルス ブッシュ・メモリアル・
スタジアム
10月21日(水) 第4戦 ミネソタ・ツインズ 2-7 セントルイス・カージナルス
10月22日(木) 第5戦 ミネソタ・ツインズ 2-4 セントルイス・カージナルス
10月23日(金) 移動日
10月24日(土) 第6戦 セントルイス・カージナルス 5-11 ミネソタ・ツインズ ヒューバート・H・
ハンフリー・メトロドーム
10月25日(日) 第7戦 セントルイス・カージナルス 2-4 ミネソタ・ツインズ
優勝:ミネソタ・ツインズ(4勝3敗 / 63年ぶり2度目)

第1戦 10月17日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
4回裏、ダン・グラッデンの満塁本塁打でツインズのリードが6点に広がる(1分9秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
セントルイス・カージナルス 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 5 1
ミネソタ・ツインズ 0 0 0 7 2 0 1 0 X 10 11 0
  1. : フランク・バイオーラ(1勝)  : ジョー・マグレーン(1敗)  
  2. :  MIN – ダン・グラッデン1号満塁、スティーブ・ロンバードージー1号2ラン
  3. 審判:球審…デーブ・フィリップス(AL)、塁審…一塁: リー・ウェイヤー(NL)、二塁: グレッグ・コスク(AL)、三塁: ジョン・マクシェリー(NL)、外審…左翼: ケン・カイザー(AL)、右翼: テリー・テイタ(NL)
  4. 試合時間: 2時間39分 観客: 5万5171人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
セントルイス・カージナルス ミネソタ・ツインズ
打順 守備 選手 打席
セントルイス・カージナルス先発ラインナップの守備位置
J・マグレーン
J・マグレーン
J・リンドマン
J・リンドマン
T・ローレス
T・ローレス
J・オケンドー
J・オケンドー
打順 守備 選手 打席
1 V・コールマン 1 D・グラッデン
2 O・スミス 2 G・ギャグニー
3 T・ハー 3 K・パケット
4 J・リンドマン 4 G・ガイエティ
5 W・マギー 5 DH D・ベイラー
6 T・ペーニャ 6 T・ブルナンスキー
7 J・オケンドー 7 K・ハーベック
8 DH T・パグノッツィ 8 S・ロンバードージー
9 T・ローレス 9 T・ロードナー
先発投手 投球 先発投手 投球
J・マグレーン F・バイオーラ

第2戦 10月18日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
セントルイス・カージナルス 0 0 0 0 1 0 1 2 0 4 9 0
ミネソタ・ツインズ 0 1 0 6 0 1 0 0 X 8 10 0
  1. : バート・ブライレブン(1勝)  : ダニー・コックス(1敗)  
  2. :  MIN – ゲイリー・ガイエティ1号ソロ、ティム・ロードナー1号ソロ
  3. 審判:球審…リー・ウェイヤー(NL)、塁審…一塁: グレッグ・コスク(AL)、二塁: ジョン・マクシェリー(NL)、三塁: ケン・カイザー(AL)、外審…左翼: テリー・テイタ(NL)、右翼: デーブ・フィリップス(AL)
  4. 試合時間: 2時間42分 観客: 5万5257人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
セントルイス・カージナルス ミネソタ・ツインズ
打順 守備 選手 打席
セントルイス・カージナルス先発ラインナップの守備位置
D・コックス
D・コックス
D・ドリーセン
D・ドリーセン
J・オケンドー
J・オケンドー
C・フォード
C・フォード
打順 守備 選手 打席
ミネソタ・ツインズ先発ラインナップの守備位置
T・ロードナー
T・ロードナー
S・ロンバー ドージー
S・ロンバー
ドージー
T・ブルナンスキー
T・ブルナンスキー
R・ブッシュ
R・ブッシュ
1 V・コールマン 1 D・グラッデン
2 O・スミス 2 G・ギャグニー
3 T・ハー 3 K・パケット
4 D・ドリーセン 4 K・ハーベック
5 W・マギー 5 G・ガイエティ
6 DH T・ペンドルトン 6 DH R・ブッシュ
7 C・フォード 7 T・ブルナンスキー
8 J・オケンドー 8 S・ロンバードージー
9 T・ペーニャ 9 T・ロードナー
先発投手 投球 先発投手 投球
D・コックス B・ブライレブン

第3戦 10月20日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ミネソタ・ツインズ 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 5 1
セントルイス・カージナルス 0 0 0 0 0 0 3 0 X 3 9 1
  1. : ジョン・テューダー(1勝)  : フアン・ベレンガー(1敗)  S: トッド・ウォーレル(1S)  
  2. 審判:球審…グレッグ・コスク(AL)、塁審…一塁: ジョン・マクシェリー(NL)、二塁: ケン・カイザー(AL)、三塁: テリー・テイタ(NL)、外審…左翼: デーブ・フィリップス(AL)、右翼: リー・ウェイヤー(NL)
  3. 試合時間: 2時間45分 観客: 5万5347人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ミネソタ・ツインズ セントルイス・カージナルス
打順 守備 選手 打席
ミネソタ・ツインズ先発ラインナップの守備位置
L・ストレイカー
L・ストレイカー
T・ロードナー
T・ロードナー
S・ロンバー ドージー
S・ロンバー
ドージー
T・ブルナンスキー
T・ブルナンスキー
(なし)
(なし)
打順 守備 選手 打席
セントルイス・カージナルス先発ラインナップの守備位置
D・ドリーセン
D・ドリーセン
J・オケンドー
J・オケンドー
C・フォード
C・フォード
(なし)
(なし)
1 D・グラッデン 1 V・コールマン
2 G・ギャグニー 2 O・スミス
3 K・パケット 3 T・ハー
4 G・ガイエティ 4 D・ドリーセン
5 T・ブルナンスキー 5 W・マギー
6 K・ハーベック 6 C・フォード
7 T・ロードナー 7 J・オケンドー
8 S・ロンバードージー 8 T・ペーニャ
9 L・ストレイカー 9 J・テューダー
先発投手 投球 先発投手 投球
L・ストレイカー J・テューダー

第4戦 10月21日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
4回裏、トム・ローレスの3点本塁打でカージナルスが勝ち越しに成功(1分28秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ミネソタ・ツインズ 0 0 1 0 1 0 0 0 0 2 7 1
セントルイス・カージナルス 0 0 1 6 0 0 0 0 X 7 10 1
  1. : ボブ・フォーシュ(1勝)  : フランク・バイオーラ(1勝1敗)  S: ケン・デイリー(1S)  
  2. :  MIN – グレッグ・ギャグニー1号ソロ  STL – トム・ローレス1号3ラン
  3. 審判:球審…ジョン・マクシェリー(NL)、塁審…一塁: ケン・カイザー(AL)、二塁: テリー・テイタ(NL)、三塁: デーブ・フィリップス(AL)、外審…左翼: リー・ウェイヤー(NL)、右翼: グレッグ・コスク(AL)
  4. 試合時間: 3時間11分 観客: 5万5347人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ミネソタ・ツインズ セントルイス・カージナルス
打順 守備 選手 打席
ミネソタ・ツインズ先発ラインナップの守備位置
T・ロードナー
T・ロードナー
A・ニューマン
A・ニューマン
T・ブルナンスキー
T・ブルナンスキー
(なし)
(なし)
打順 守備 選手 打席
セントルイス・カージナルス先発ラインナップの守備位置
G・マシューズ
G・マシューズ
J・リンドマン
J・リンドマン
T・ローレス
T・ローレス
J・オケンドー
J・オケンドー
(なし)
(なし)
1 D・グラッデン 1 V・コールマン
2 A・ニューマン 2 O・スミス
3 K・パケット 3 T・ハー
4 G・ガイエティ 4 J・リンドマン
5 T・ブルナンスキー 5 W・マギー
6 K・ハーベック 6 T・ペーニャ
7 T・ロードナー 7 J・オケンドー
8 G・ギャグニー 8 T・ローレス
9 F・バイオーラ 9 G・マシューズ
先発投手 投球 先発投手 投球
F・バイオーラ G・マシューズ

第5戦 10月22日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ミネソタ・ツインズ 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 6 1
セントルイス・カージナルス 0 0 0 0 0 3 1 0 X 4 10 0
  1. : ダニー・コックス(1勝1敗)  : バート・ブライレブン(1勝1敗)  S: トッド・ウォーレル(2S)  
  2. 審判:球審…ケン・カイザー(AL)、塁審…一塁: テリー・テイタ(NL)、二塁: デーブ・フィリップス(AL)、三塁: リー・ウェイヤー(NL)、外審…左翼: グレッグ・コスク(AL)、右翼: ジョン・マクシェリー(NL)
  3. 試合時間: 3時間21分 観客: 5万5347人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ミネソタ・ツインズ セントルイス・カージナルス
打順 守備 選手 打席
ミネソタ・ツインズ先発ラインナップの守備位置
T・ロードナー
T・ロードナー
S・ロンバー ドージー
S・ロンバー
ドージー
T・ブルナンスキー
T・ブルナンスキー
(なし)
(なし)
打順 守備 選手 打席
セントルイス・カージナルス先発ラインナップの守備位置
D・コックス
D・コックス
D・ドリーセン
D・ドリーセン
J・オケンドー
J・オケンドー
C・フォード
C・フォード
(なし)
(なし)
1 D・グラッデン 1 V・コールマン
2 G・ギャグニー 2 O・スミス
3 K・パケット 3 T・ハー
4 K・ハーベック 4 D・ドリーセン
5 G・ガイエティ 5 W・マギー
6 T・ブルナンスキー 6 C・フォード
7 T・ロードナー 7 J・オケンドー
8 S・ロンバードージー 8 T・ペーニャ
9 B・ブライレブン 9 D・コックス
先発投手 投球 先発投手 投球
B・ブライレブン D・コックス

第6戦 10月24日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
5回裏、ドン・ベイラーの2点本塁打でツインズが同点に追いつく(1分17秒)
6回裏、ケント・ハーベックの満塁本塁打でツインズがリードを5点に広げる(1分15秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
セントルイス・カージナルス 1 1 0 2 1 0 0 0 0 5 11 2
ミネソタ・ツインズ 2 0 0 0 4 4 0 1 X 11 15 0
  1. : ダン・シャッツェダー(1勝)  : ジョン・テューダー(1敗)  
  2. :  STL – トム・ハー1号ソロ  MIN – ドン・ベイラー1号2ラン、ケント・ハーベック1号満塁
  3. 審判:球審…テリー・テイタ(NL)、塁審…一塁: デーブ・フィリップス(AL)、二塁: リー・ウェイヤー(NL)、三塁: グレッグ・コスク(AL)、外審…左翼: ジョン・マクシェリー(NL)、右翼: ケン・カイザー(AL)
  4. 試合時間: 3時間4分 観客: 5万5293人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
セントルイス・カージナルス ミネソタ・ツインズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
ミネソタ・ツインズ先発ラインナップの守備位置
L・ストレイカー
L・ストレイカー
T・ロードナー
T・ロードナー
S・ロンバー ドージー
S・ロンバー
ドージー
T・ブルナンスキー
T・ブルナンスキー
1 V・コールマン 1 D・グラッデン
2 O・スミス 2 G・ギャグニー
3 T・ハー 3 K・パケット
4 D・ドリーセン 4 G・ガイエティ
5 W・マギー 5 DH D・ベイラー
6 DH T・ペンドルトン 6 T・ブルナンスキー
7 C・フォード 7 K・ハーベック
8 J・オケンドー 8 T・ロードナー
9 T・ペーニャ 9 S・ロンバードージー
先発投手 投球 先発投手 投球
J・テューダー L・ストレイカー

第7戦 10月25日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
3回裏、カービー・パケットの打球を中堅手ウィリー・マギーが好捕し長打を阻止(42秒)
5回裏、パケットの適時二塁打でツインズが同点に追いつく(1分6秒)
その後ドン・ベイラーの左前打で二塁走者ゲイリー・ガイエティが勝ち越し点を狙い、ホームへ突入するも憤死(1分22秒)
6回表、フランク・バイオーラが一塁走者トム・ハーを牽制で誘い出しアウトに仕留める(1分45秒)
6回裏、グレッグ・ギャグニーの適時内野安打でツインズが勝ち越し(1分2秒)
バイオーラは8回2失点の好投(39秒)
9回表、ジェフ・リアドンがマギーを三ゴロに打ち取り試合終了、ツインズの優勝が決定(1分29秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
セントルイス・カージナルス 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 6 1
ミネソタ・ツインズ 0 1 0 0 1 1 0 1 X 4 10 0
  1. : フランク・バイオーラ(2勝1敗)  : ダニー・コックス(1勝2敗)  S: ジェフ・リアドン(1S)  
  2. 審判:球審…デーブ・フィリップス(AL)、塁審…一塁: リー・ウェイヤー(NL)、二塁: グレッグ・コスク(AL)、三塁: ジョン・マクシェリー(NL)、外審…左翼: ケン・カイザー(AL)、右翼: テリー・テイタ(NL)
  3. 試合時間: 3時間4分 観客: 5万5376人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
セントルイス・カージナルス ミネソタ・ツインズ
打順 守備 選手 打席
セントルイス・カージナルス先発ラインナップの守備位置
J・マグレーン
J・マグレーン
S・レイク
S・レイク
J・リンドマン
J・リンドマン
T・ローレス
T・ローレス
J・オケンドー
J・オケンドー
打順 守備 選手 打席
1 V・コールマン 1 D・グラッデン
2 O・スミス 2 G・ギャグニー
3 T・ハー 3 K・パケット
4 J・リンドマン 4 G・ガイエティ
5 W・マギー 5 DH D・ベイラー
6 DH T・ペーニャ 6 T・ブルナンスキー
7 J・オケンドー 7 K・ハーベック
8 T・ローレス 8 T・ロードナー
9 S・レイク 9 S・ロンバードージー
先発投手 投球 先発投手 投球
J・マグレーン F・バイオーラ

アメリカンフットボールのシーズンへの影響[編集]

野球開催時のメトロドーム(写真は2006年6月24日撮影)。この写真では外野席上部を右翼から中堅にかけて塞いでいるが、1987年シリーズ当時はその部分も開放していた
アメフト開催時のメトロドーム(写真は2012年10月25日撮影)

今シリーズでは、土曜日日曜日の試合がツインズの本拠地ヒューバート・H・ハンフリー・メトロドームで開催された。この競技場は野球専用球場ではなく、アメリカンフットボールでも使用され、NFLミネソタ・バイキングスカレッジフットボールのミネソタ・ゴールデンゴファーズ(ミネソタ大学ツインシティー校)も本拠地としていた。アメリカ合衆国では9月に入る頃からアメフトのシーズンが開幕し、主に土曜日にカレッジフットボールが、日曜日にNFLの試合が行われる。そのため、今シリーズの開催に際し、アメフトの試合で日程や開催地の変更が相次いだ。

10月17日(土)
ゴールデンゴファーズがインディアナ・フージャーズ(インディアナ大学ブルーミントン校)を迎えて試合を行う予定だったが、開催日を前日16日に前倒しした。このシーズンのゴールデンゴファーズは開幕から5連勝中と好調なうえ、インディアナ戦は卒業生らを招いて歓待する "ホームカミング" の試合でもあった。しかし、試合に向けての盛り上がりはツインズのシリーズ進出の影に隠れ、前年と比べて今ひとつとの声が学内であがった[5]。試合はゴールデンゴファーズが17-18で敗れ、シーズン初黒星を喫した。
10月18日(日)
NFLのシーズン第6週、タンパベイ・バッカニアーズ対バイキングス戦がメトロドームで開催予定だった。両チームは同じNFC中地区(当時)に在籍しているため、レギュラーシーズンではホーム・アンド・アウェーで2回対戦する。この年は1回目の対戦がメトロドームで、2回目の対戦が11月15日にバッカニアーズの本拠地タンパ・スタジアムフロリダ州タンパ)で組まれていた。そのため両チームは2試合の開催地を入れ替え、10月18日の試合をタンパ・スタジアムで、11月15日の試合をメトロドームで行うことにした[6]。10月18日はバッカニアーズが20-10で勝利し、11月15日はバイキングスが23-17で雪辱した。
10月24日(土)
この日、ゴールデンゴファーズはオハイオ州コロンバスへ遠征し、オハイオステート・バックアイズ(オハイオ州立大学)と敵地オハイオ・スタジアムで対戦した。したがってシリーズ第6戦のメトロドーム開催による影響はなかった。シリーズの全米テレビ中継を行うABCは、もしシリーズが5戦以内で決着した場合、消滅した第6戦の代わりにこのゴールデンゴファーズ対オハイオステート戦を放送する予定だった[7]
10月25日(日)
前週同様、この日もメトロドームでは元々バイキングスの試合が組まれていた。この日の対戦相手はデンバー・ブロンコスだった。ブロンコスはバッカニアーズと違いAFC西地区在籍のため、この年バイキングスとの試合は1試合しか組まれておらず、前週のような開催地交換ができない。そのため、この試合は開催日を翌26日に変更した[8]。メトロドームを所有・管理するメトロポリタン・スポーツ施設委員会とバイキングスは、ワールドシリーズとバイキングスの試合が重なった場合「必要に応じて(if necessary)」前者を優先する、という条件で利用契約を締結していたため、バイキングスGMのマイク・リンは同日2競技開催の可能性を示唆していたが[6]、結局これは実現しなかった。バイキングスは34-27でブロンコスに勝利した。
この試合のテレビ中継は、当初の予定通り25日開催の場合はNBCが行うが、26日に変更された場合は放映権がABC『マンデーナイトフットボール』(MNF)へ移ることになった[9]。MNFは当日、バイキングスの本拠地ミネソタ州ミネアポリス・セントポール都市圏とブロンコスの本拠地コロラド州デンバーでのみブロンコス対バイキングス戦を、残りのアメリカ合衆国内ではロサンゼルス・ラムズクリーブランド・ブラウンズ戦を放送した。MNFが放送地域を分けて2試合を同時中継したのは、これが初めてだった[10]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 殿堂入りは指導者としてではなく、二塁手としての功績が評価されてのもの。

出典[編集]

  1. ^ a b "World Series Gate Receipts," Baseball Almanac. 2019年8月17日閲覧。
  2. ^ "World Series Television Ratings," Baseball Almanac. 2019年8月17日閲覧。
  3. ^ Rick Hummel, "What a wild ride the Cardinals took in 1987," stltoday.com, August 14, 2017. 2019年8月17日閲覧。
  4. ^ Steve Wulf, "SWEET MUSIC," Sports Illustrated Vault, November 2, 1987. 2020年8月9日閲覧。
  5. ^ Ira Berkow, Special to the New York Times, "In Minneapolis, Hankies and Hysteria," The New York Times, October 16, 1987. 2020年8月8日閲覧。
  6. ^ a b Fred Mitchell and Ed Sherman, Chicago Tribune, "St. Louis Cardinals manager Whitey Herzog is...," Chicago Tribune, October 20, 1987. 2020年8月8日閲覧。
  7. ^ Jim Sarni, Staff Writer, "DOME WILL SHAKE, RATTLE; CAN BROADCASTERS ROLL?," Sun-Sentinel, October 17, 1987. 2020年8月8日閲覧。
  8. ^ Ed Sherman, Chicago Tribune, "VIKINGS CELEBRATE BY TOPPLING BRONCOS," Chicago Tribune, October 27, 1987. 2020年8月8日閲覧。
  9. ^ Fred Mitchell and Ed Sherman, Chicago Tribune, "If the Minnesota Vikings-Denver Broncos NFL game...," Chicago Tribune, October 21, 1987. 2020年8月8日閲覧。
  10. ^ The Associated Press, "N.F.L. WEEK 9; Bears-Dolphins Postponed," The New York Times, October 27, 1997. 2020年8月8日閲覧。