1987年の西武ライオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1987年の西武ライオンズ
成績
日本一
4勝2敗(対巨人[1]
パシフィック・リーグ優勝
71勝45敗14分 勝率.612[2]
本拠地
都市 埼玉県所沢市
球場
西武ライオンズ球場
Seibukyujo-931023-1.jpg
球団組織
オーナー 堤義明
経営母体 西武鉄道
監督 森祇晶
« 1986
1988 »

1987年の西武ライオンズでは、1987年シーズンについての西武ライオンズの動向をまとめる。

この年の西武ライオンズは、森祇晶監督の2年目のシーズンであり、3年連続10度目のリーグ優勝と2年連続7度目の日本シリーズ制覇を果たしたシーズンである。

概要[編集]

シーズン序盤は渡辺久を故障で欠き、2年目の清原が不振であったことから、5月7日には最下位に転落するなど出遅れた。しかし、5月16日から不振の清原に代わって、秋山が4番に座ると、チームは復調し始め、前半戦終了時点で首位阪急に1.5差の2位に迫った。さらに、辻、渡辺久が故障から復帰するとチーム状態は完全に復調し、8月以降は34勝14敗6分と貯金を20重ねて、パ・リーグ3連覇を果たした。日本シリーズは読売ジャイアンツを4勝2敗で下し、2年連続日本一となった。また、このシーズンオフ、暴力団絡みの麻雀賭博容疑により、東尾が球団から半年間の出場停止と減俸2,500万円の処分を受けた[3]

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 石毛宏典
2 吉竹春樹
3 秋山幸二
4 清原和博
5 ブコビッチ
6 金森栄治
7 伊東勤
8 田辺徳雄
9 行沢久隆
投手 東尾修
1987年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 西武 -- 西武 -- 西武 --
2位 近鉄 2.5 日本ハム 1.5 西武 1.0 西武 1.5 阪急 4.0 阪急 3.5 阪急 9.0
3位 南海 西武 2.5 南海 4.5 南海 5.5 南海 6.5 日本ハム 9.5 日本ハム 11.5
4位 西武 4.0 南海 4.5 日本ハム 4.5 日本ハム 6.5 日本ハム 9.0 南海 11.5 南海 16.0
5位 ロッテ 4.0 近鉄 6.0 近鉄 7.5 近鉄 6.5 ロッテ 10.0 ロッテ 16.5 ロッテ 20.0
6位 日本ハム 5.0 ロッテ 7.0 ロッテ 10.0 ロッテ 7.0 近鉄 15.5 近鉄 19.0 近鉄 21.5
1987年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 西武ライオンズ 71 45 14 .612 -
2位 阪急ブレーブス 64 56 10 .533 9.0
3位 日本ハムファイターズ 63 60 7 .512 11.5
4位 南海ホークス 57 63 10 .475 16.0
5位 ロッテオリオンズ 51 65 14 .440 20.0
6位 近鉄バファローズ 52 69 9 .430 21.5

日本シリーズ[編集]

1987年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月24日(土) 第1戦 雨天中止 西武ライオンズ球場
10月25日(日) 読売ジャイアンツ 7-3 西武ライオンズ
10月26日(月) 第2戦 読売ジャイアンツ 0-6 西武ライオンズ
10月27日(火) 移動日
10月28日(水) 第3戦 西武ライオンズ 2-1 読売ジャイアンツ 後楽園球場
10月29日(木) 第4戦 西武ライオンズ 0-4 読売ジャイアンツ
10月30日(金) 第5戦 西武ライオンズ 3-1 読売ジャイアンツ
10月31日(土) 移動日
11月1日(日) 第6戦 読売ジャイアンツ 1-3 西武ライオンズ 西武ライオンズ球場
優勝:西武ライオンズ(2年連続7回目)

[1]

オールスターゲーム1987[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
監督 森祇晶
投手 工藤公康 2
東尾修 10
捕手 伊東勤 4
一塁手 清原和博 2
三塁手 石毛宏典 7
外野手 秋山幸二 3
金森永時 3
吉竹春樹
  • 太字はファン投票による選出。

個人成績[編集]

投手成績[編集]

色付きは規定投球回数(130イニング)以上の選手

選手















































W
H
I
P
 
くとう/工藤公康 27 26 23 2 2 15 4 0 -- .789 899 223.2 181 18 64 4 2 175 2 0 65 60 2.41 1.10
ひかしお/東尾修 28 27 17 3 6 15 9 0 -- .625 904 222.2 215 16 29 6 6 85 3 0 81 64 2.59 1.10
かく/郭泰源 22 21 11 2 0 13 4 0 -- .765 640 158.0 136 12 40 6 4 81 2 1 56 53 3.02 1.11
おの/小野和幸 23 20 4 2 2 4 11 0 -- .267 544 130.2 131 15 31 5 1 65 0 0 61 56 3.86 1.24
わたなへ/渡辺久信 30 9 5 1 0 5 3 8 -- .625 434 105.2 81 10 42 4 4 74 1 0 43 36 3.07 1.16
よこた/横田久則 18 8 4 1 0 5 2 0 -- .714 347 88.0 67 5 23 3 1 39 0 0 21 16 1.64 1.02
まつぬまひろ/松沼博久 15 14 2 0 0 8 5 0 -- .615 332 77.2 69 8 30 4 6 39 0 1 34 33 3.82 1.27
もり/森繁和 22 0 0 0 0 1 0 1 -- 1.000 119 28.2 24 0 12 4 0 10 0 0 6 5 1.57 1.26
まつぬままさ/松沼雅之 21 0 0 0 0 1 1 5 -- .500 112 27.0 25 2 10 3 0 12 1 0 6 6 2.00 1.30
いちむら/市村則紀 27 0 0 0 0 2 0 0 -- 1.000 96 21.2 26 5 7 3 0 5 0 0 15 14 5.82 1.52
おた/小田真也 23 0 0 0 0 0 3 0 -- .000 69 15.2 15 1 9 1 0 14 0 0 9 9 5.17 1.53
なりた/成田幸洋 7 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 61 14.1 17 1 5 0 0 3 0 0 7 6 3.77 1.53
もりやま/森山良二 4 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 43 10.2 9 1 1 0 0 6 0 0 4 2 1.69 0.94
いしい/石井毅 7 0 0 0 0 1 1 1 -- .500 43 9.1 12 3 3 0 0 9 0 0 7 7 6.75 1.61
おかわ/小川宗直 6 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 33 7.1 9 0 3 0 0 8 0 0 4 4 4.91 1.64
やまね/山根和夫 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 33 7.0 5 1 7 0 1 4 0 0 2 2 2.57 1.71
まえた/前田耕司 6 2 0 0 0 0 1 0 -- .000 43 7.2 16 2 2 1 2 4 0 0 8 7 8.22 2.35

主な打撃成績[編集]

色付きは規定打席(403打席)以上の選手

選手











































O
P
S
 
あきやま/秋山幸二 130 550 496 82 130 13 2 43 276 94 38 12 0 3 48 5 3 102 8 .262 .329 .556 .886
いしけ/石毛宏典 130 582 525 80 141 20 0 11 194 41 14 3 5 2 47 5 3 89 6 .269 .331 .370 .701
きよはら/清原和博 130 536 444 66 115 25 3 29 233 83 11 4 0 2 80 6 10 88 10 .259 .382 .525 .907
いとう/伊東勤 124 465 405 42 100 14 1 10 146 51 7 3 15 5 34 2 6 77 7 .247 .311 .360 .671
ふこひつち/ブコビッチ 101 364 320 38 78 15 1 14 137 46 0 3 0 1 41 2 2 53 2 .244 .332 .428 .761
とましの/笘篠誠治 106 313 277 31 61 7 4 7 97 22 14 5 21 1 14 0 0 49 6 .220 .257 .350 .607
かなもり/金森永時 91 291 268 21 65 13 1 2 86 22 3 1 8 1 13 1 1 25 6 .243 .279 .321 .600
たなへ/田辺徳雄 78 241 223 24 50 10 1 7 83 15 3 2 6 1 11 0 0 37 7 .224 .261 .372 .633
あへ/安部理 83 228 203 27 55 6 2 7 86 26 4 2 3 3 18 3 1 37 5 .271 .329 .424 .753
よしたけ/吉竹春樹 77 222 200 23 53 3 0 5 71 16 4 6 14 1 6 0 1 35 4 .265 .288 .355 .643
せいけ/清家政和 72 174 152 18 34 6 0 0 40 8 1 1 14 1 7 0 0 29 2 .224 .256 .263 .519
にしおか/西岡良洋 93 171 154 17 38 7 0 5 60 21 7 5 11 0 6 0 0 17 1 .247 .275 .390 .665
つし/辻発彦 51 136 125 9 25 5 1 2 38 9 10 1 4 0 5 0 2 21 2 .200 .242 .304 .546
しらはた/白幡勝弘 50 118 109 6 32 5 1 2 45 9 1 1 0 1 7 1 1 18 2 .294 .339 .413 .752
ひろはし/広橋公寿 59 106 96 18 31 4 1 1 40 17 2 1 5 0 5 0 0 9 0 .323 .356 .417 .773
おおくほ/大久保博元 56 78 71 4 17 1 0 3 27 17 0 0 0 2 2 0 3 18 1 .239 .282 .380 .662
たちはな/立花義家 40 74 70 8 16 5 0 2 27 5 0 1 0 0 4 0 0 13 2 .229 .270 .386 .656
ゆきさわ/行沢久隆 57 66 58 6 12 1 0 3 22 7 1 0 2 1 5 1 0 13 2 .207 .266 .379 .645
なかた/仲田秀司 23 29 27 2 2 0 0 0 2 1 1 1 1 0 0 0 1 10 0 .074 .107 .074 .181
おかむら/岡村隆則 37 13 11 2 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 2 0 0 3 0 .091 .231 .091 .322

できごと[編集]

入団・退団[編集]

シーズン開幕前[編集]

本節では、前シーズン終了後から本シーズン開幕までの入退団について記述する。

入団[編集]

選手名 背番号 前所属 備考
投手
山根和夫 17 広島東洋カープ 移籍
森山良二 31 北九州大学中退 ドラフト1位
小川宗直 34 大仙 ドラフト3位
前田耕司 48 阪神タイガース 田尾安志と2対1のトレードで入団
山本勝則 60 川根高 ドラフト4位
広瀬新太郎 65 横浜大洋ホエールズ 永射保片平晋作との1対2のトレードで入団
亀井猛斗 66 群馬・中央高 ドラフト5位
逢坂輝樹 70 奈良商 ドラフト外
飯田茂男 71 四日市工業 ドラフト外
武井祐行 72 北茨城高 ドラフト外
奈部川勉 73 成田西高 ドラフト外
捕手
秋元宏作 61 日本大学中退 ドラフト外
内野手
中村日出夫 54 三養基高 ドラフト2位
栗岡英智 57 中日ドラゴンズ 開幕直前、村井一男川本智徳との1対2のトレードで入団
外野手
吉竹春樹 2 阪神タイガース 田尾安志と2対1のトレードで入団
山尾伸一 69 都城西高 ドラフト6位
森博幸 75 新日鐵君津 1985年ドラフト4位

退団[編集]

選手名 去就
投手
永射保 広瀬新太郎との2対1のトレードで大洋に移籍
田鎖博美 現役引退
村井一男 栗岡英智との2対1のトレードで中日に移籍
川本智徳 栗岡英智との2対1のトレードで中日に移籍
鈴木孝行 金銭トレードで日本ハムに移籍
上田貞人
中島良浩
西山進 打撃投手に転向
捕手
山中重信 現役引退
内野手
片平晋作 広瀬新太郎との2対1のトレードで大洋に移籍
外野手
田尾安志 吉竹春樹前田耕司との1対2のトレードで阪神に移籍
蓬莱昭彦 金銭トレードで中日に移籍
大田卓司 野球解説者に転身

シーズン開幕後[編集]

本節では、本シーズン開幕から本シーズン終了までの入退団について記述する。

入団[編集]

選手名 背番号 前所属 備考
バークレオ(外野手) 29 米・エンゼルス傘下 新外国人

選手・スタッフ[編集]

[4]

  • 背番号変更
    • 登録名変更
    • 守備位置登録変更

    表彰選手[編集]

    リーグ・リーダー
    選手名 タイトル 成績 回数
    東尾修 最優秀選手 4年ぶり2度目
    秋山幸二 本塁打王 43本 初受賞
    工藤公康 最優秀防御率 2.41 2年ぶり2度目
    最高勝率 .789 初受賞
    ベストナイン
    選手名 ポジション 回数
    工藤公康 投手 初受賞
    伊東勤 捕手 3年連続3度目
    石毛宏典 三塁手 初受賞[注 1]
    秋山幸二 外野手 2年連続2度目
    ゴールデングラブ賞
    選手名 ポジション 回数
    東尾修 投手 5年連続5度目
    伊東勤 捕手 3年連続3度目
    石毛宏典 三塁手 初受賞[注 1]
    秋山幸二 外野手 初受賞

    ドラフト[編集]

    順位 選手名 ポジション 所属 結果
    1位 鈴木健 内野手 浦和学院高 入団
    2位 上田浩明 内野手 北陽高 入団
    3位 城土大二郎 内野手 九州産交 入団
    4位 加世田美智久 投手 都城高 入団
    5位 前田俊郎 内野手 新日本製鐵君津 入団
    6位 上中吉成 外野手 泉州高 入団

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ a b 遊撃手部門で5度受賞しており、通算6度目。

    出典[編集]

    1. ^ a b 1987年度日本シリーズ”. 2015年10月30日閲覧。
    2. ^ 年度別成績 1987年 パシフィック・リーグ”. 2015年10月30日閲覧。
    3. ^ [1] 東尾自身の回顧コラム
    4. ^ 西武ライオンズ公式HP 背番号の歴史”. 2015年6月8日閲覧。

    関連項目[編集]