1988年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

< 1988年 | 1988年のスポーツ

1988年の相撲(1988ねんのすもう)は、1988年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲[編集]

できごと[編集]

  • 1月、前年10月の式守伊三郎死去に伴い、1席空席となっていた三役格行司に、幕内格行司式守勘太夫が昇格。1月場所8日目、当時の皇太子一家観戦。協会役員改選で新理事長に二子山を互選。
  • 2月、元関脇出羽の花引退、年寄出来山襲名。元小結大錦引退、年寄山科襲名。元小結大潮引退、年寄錣山襲名。元十両11枚目伊予櫻が引退、若者頭に転向。武隈(元関脇北の洋)が停年退職。
  • 3月、3月場所2日目、春場所の満員御礼が1974年の13日目から200回に到達。
  • 4月、二子山理事長、還暦土俵入り。元関脇青ノ里の立田川部屋が千代田区飯田橋で土俵開き。元関脇岩風死去、54歳。
  • 6月、元十両筆頭魄龍が引退、若者頭に転向。
  • 9月、元関脇玉ノ富士の片男波部屋が墨田区石原で土俵開き。幕内格行司木村玉光死去、60歳。9月場所8日目、昭和天皇は大相撲を観戦する予定であったが、宮内庁は「発熱のため取りやめる」と発表。
  • 10月、高砂理事(元横綱朝潮)死去、58歳。尾上(元小結富士錦)が高砂継承。元関脇玉ノ海死去、75歳。元関脇麒麟児引退、年寄北陣襲名。
  • 11月、11月場所千秋楽、千代の富士は大乃国に敗れ53連勝でストップ
  • 12月、先代高砂親方の協会葬。元前頭2枚目三杉磯の峰崎部屋が練馬区田柄で土俵開き。入間川(元前頭16枚目大江戸)、勝ノ浦(元前頭6枚目鬼竜川)停年退職。元前頭2枚目南海龍廃業。

本場所[編集]

  • 一月場所(両国国技館・10日~24日)
    幕内最高優勝 : 旭富士正也(14勝1敗,1回目)
     殊勲賞-逆鉾、敢闘賞-琴ヶ梅
    十両優勝 : 安芸ノ島勝巳(12勝3敗)
  • 三月場所(大阪府立体育会館・13日~27日)
    幕内最高優勝 : 大乃国康(13勝2敗,2回目)
     敢闘賞-麒麟児
    十両優勝 : 若瀬川剛充(13勝2敗)
  • 五月場所(両国国技館・8日~22日)
    幕内最高優勝 : 千代の富士貢(14勝1敗,23回目)
     殊勲賞-琴ヶ梅、敢闘賞-太寿山、水戸泉
    十両優勝 : 秀ノ花行秀(11勝4敗)
  • 七月場所(愛知県体育館・3日~17日)
    幕内最高優勝 : 千代の富士貢(15戦全勝,24回目)
     殊勲賞-逆鉾、敢闘賞-安芸ノ島
    十両優勝 : 多賀竜昇司(10勝5敗)
  • 九月場所(両国国技館・11日~25日)
    幕内最高優勝 : 千代の富士貢(15戦全勝,25回目)
     殊勲賞-水戸泉、安芸ノ島、敢闘賞-花ノ国、琴富士
    十両優勝 : 貴ノ浜真二(11勝4敗)
  • 十一月場所(福岡国際センター・13日~27日)
    幕内最高優勝 : 千代の富士貢(14勝1敗,26回目)
     技能賞-霧島
    十両優勝 : 益荒雄宏夫(11勝4敗)
  • 年間最優秀力士賞:旭富士正也(73勝17敗)
  • 年間最多勝:北勝海信芳(70勝5敗15休)

参考文献[編集]

  • 『相撲』誌各号
  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p92