1988年の読売ジャイアンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1988年の読売ジャイアンツ
成績
セントラル・リーグ2位
68勝59敗3分 勝率.535[1]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
東京ドーム
Tokyo Dome 2007-2.jpg
球団組織
オーナー 正力亨
経営母体 読売新聞社
監督 王貞治
« 1987
1989 »

1988年の読売ジャイアンツ(1988ねんのよみうりジャイアンツ)では、1988年シーズンについての読売ジャイアンツの動向をまとめる。

このシーズンの読売ジャイアンツは、王貞治監督の5年目のシーズンであり、本拠地が後楽園球場から東京ドームに移った最初のシーズンである。

概要[編集]

ドーム元年を優勝で飾るべくシーズンに臨んだが、開幕戦を鴻野淳基の悪送球で落とす不吉な幕開けで、その後も5割前後での戦いが続く。5月下旬からの6連勝でようやく首位戦線に浮上したのも束の間、6月13日に主砲ウォーレン・クロマティが死球で左手親指を骨折するアクシデント。ここで代わりに一軍に昇格した呂明賜が9試合で7本塁打と活躍しチームは初めて首位に浮上。ところが7月6日、今度は吉村禎章が外野守備で栄村忠広と激突し左膝靭帯断裂の重傷で戦線離脱。それでも前半戦を首位で折り返したが、後半戦開始早々中日に首位を奪われると、巨人に首位を奪回する力はもはやなく、その後は広島との2位争いに終始した。結局中日に12ゲーム差を付けられての2位に終わり、王は在位5年で一度も日本一になる事なく監督の座を追われた。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 駒田徳広
2 鴻野淳基
3 クロマティ
4 原辰徳
5 吉村禎章
6 篠塚利夫
7 中畑清
8 山倉和博
9 桑田真澄
1988年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 広島 -- 広島 -- 巨人 -- 中日 -- 中日 -- 中日 -- 中日 --
2位 巨人 4.5 巨人 1.5 広島 0.5 巨人 1.0 広島 6.5 広島 7.0 巨人 12.0
3位 阪神 5.0 阪神 2.5 中日 1.0 広島 1.5 巨人 7.5 巨人 8.0 広島 15.0
4位 ヤクルト 5.5 大洋 4.0 ヤクルト 3.0 大洋 5.0 大洋 12.0 大洋 17.0 大洋 20.5
5位 大洋 7.0 中日 4.5 阪神 6.5 ヤクルト 9.5 ヤクルト 12.0 ヤクルト 17.0 ヤクルト 22.0
6位 中日 8.0 ヤクルト 5.5 大洋 7.0 阪神 10.0 阪神 19.0 阪神 23.0 阪神 29.5
1988年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 中日ドラゴンズ 79 46 5 .632 -
2位 読売ジャイアンツ 68 59 3 .535 12.0
3位 広島東洋カープ 65 62 3 .512 15.0
4位 横浜大洋ホエールズ 59 67 4 .468 20.5
5位 ヤクルトスワローズ 58 69 3 .457 22.0
6位 阪神タイガース 51 77 2 .398 29.5

オールスターゲーム1988[編集]

  • ファン投票
桑田真澄
山倉和博(出場辞退)
中畑清
篠塚利夫
原辰徳
吉村禎章(出場辞退)
  • 監督推薦
槙原寛己
水野雄仁
呂明賜

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[6]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー[編集]

最多奪三振(187個、初受賞)

ベストナイン[編集]

原辰徳(三塁手、2年連続3度目)
桑田真澄(投手、2年連続2度目)
中畑清(一塁手、7年連続7度目)
原辰徳(三塁手、2年連続2度目)

その他[編集]

カムバック賞

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 吉田修司 投手 北海道拓殖銀行 入団
2位 松谷竜二郎 投手 大阪ガス 入団
3位 佐川潔 投手 金足農業高 入団
4位 四條稔 内野手 三菱自動車川崎 入団
5位 前田隆 内野手 三菱自動車水島 入団
6位 高梨芳昌 内野手 札幌第一高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 年度別成績 1988年 セントラル・リーグ”. 2016年12月12日閲覧。
  2. ^ 【6月14日】1988年(昭63) “アジアの大砲”、はじまりはいつもホームラン”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン新聞社 (2008年6月11日). 2015年12月25日閲覧。
  3. ^ 読売新聞1988年7月8日19面「吉村、今季出場絶望」読売新聞縮刷版1988年7月p375
  4. ^ 【7月6日】1988年(昭63) 通算100号本塁打の日に…2人の運命を変えた外野フライ”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン新聞社 (2008年7月11日). 2015年12月25日閲覧。
  5. ^ 読売新聞1988年9月30日1面「王監督の退任発表 巨人」読売新聞縮刷版1988年9月p1475
  6. ^ 読売巨人軍公式HP 背番号変遷”. 2016年12月12日閲覧。