1988年の近鉄バファローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1988年の近鉄バファローズ
成績
パシフィック・リーグ2位
74勝52敗4分 勝率.587[1]
本拠地
都市 大阪府藤井寺市
球場
藤井寺球場
Fujiiderastadium.jpg
球団組織
オーナー 佐伯勇
経営母体 近畿日本鉄道
監督 仰木彬
« 1987
1989 »

1988年の近鉄バファローズ(1988ねんのきんてつバファローズ)では、1988年シーズンの近鉄バファローズの動向をまとめる。

このシーズンの近鉄バファローズは、仰木彬監督の1年目のシーズンである。

概要[編集]

岡本伊三美前監督の辞任を受け、長くヘッドコーチを務めた仰木彬がこの年から晴れて監督に就任。仰木新監督は恩師で近鉄の監督も務めた三原脩の「三原マジック」を継承し、昭和最後のシーズンを迎えた。チームは4月を11勝7敗とまずまずのスタートを切るが、4連覇を目指す西武も開幕から好調でそれを追いかける展開。そのさなかに4番のリチャード・デービスが大麻所持で6月7日に逮捕され、打線の大黒柱を失ったチームはこの月を7勝9敗と負け越すと7月も7勝6敗1分でなかなか西武との差を縮めることができず後半戦を開幕。デービスに代わって入団したラルフ・ブライアントとバリバリの大リーガー・ベン・オグリビーの活躍で8月に14勝8敗と勝ち越し、9月も10勝7敗と勝ち越して徐々に西武との差を詰めた。10月はBクラスへの取りこぼしもあったが12勝5敗と大きく勝ち越し、2位ながらも勝ち星の多かった近鉄にマジックが点灯。リーグ優勝が懸かったロッテオリオンズとのダブルヘッダー「10.19」は第1試合に引退を決意していた梨田昌孝の勝ち越しタイムリーで4対3で勝利するが、続く第2試合はリリーフの阿波野秀幸がロッテの高沢秀昭に同点本塁打を浴びると、最後は羽田耕一が併殺打で終戦。最後は力尽きて2位に終わったが、10.19の雪辱が翌年の「10.12」につながり、9年ぶりのリーグ優勝へとつながった。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー[2]
1 大石大二郎
2 新井宏昌
3 オグリビー
4 デービス
5 淡口憲治
6 金村義明
7 鈴木貴久
8 梨田昌孝
9 安達俊也
阿波野秀幸
1988年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 --
2位 近鉄 1.5 近鉄 4.5 近鉄 7.5 近鉄 5.0 近鉄 4.0 近鉄 1.5 近鉄 0.0
3位 ロッテ 2.0 ロッテ 8.0 日本ハム 11.5 日本ハム 8.5 日本ハム 12.0 日本ハム 9.0 日本ハム 12.5
4位 日本ハム 3.0 日本ハム 9.5 ロッテ 11.5 阪急 10.0 南海 13.0 阪急 12.5 阪急 15.0
5位 阪急 6.5 南海 10.0 南海 11.5 南海 10.5 阪急 13.0 南海 13.5 南海 17.5
6位 南海 8.0 阪急 13.0 阪急 15.0 ロッテ 11.0 ロッテ 15.0 ロッテ 14.5 ロッテ 21.0
期間
成績
11勝7敗
勝率.611
12勝10敗1分
勝率.545
7勝9敗1分
勝率.438
7勝6敗1分
勝率.538
14勝8敗
勝率.636
10勝7敗
勝率.588
13勝5敗1分
勝率.722

[3][4][5][6][7][8]

1988年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 西武ライオンズ 73 51 6 .589 -
2位 近鉄バファローズ 74 52 4 .587 0.0
3位 日本ハムファイターズ 62 65 3 .488 12.5
4位 阪急ブレーブス 60 68 2 .469 15.0
5位 南海ホークス 58 71 1 .450 17.5
6位 ロッテオリオンズ 54 74 2 .422 21.0

[1]

オールスターゲーム1988[編集]

  • 選出選手
ポジション 名前 選出回数
投手 阿波野秀幸 2
小野和義 3
吉井理人
外野手 新井宏昌 2
オグリビー

個人成績[編集]

投手成績[編集]

  • 色付き規定投球回(130イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手








































W
H
I
P
 
/阿波野秀幸 29 27 15 3 0 14 12 1 898 220.1 199 21 51 5 181 1 0 66 64 2.61 1.14
/小野和義 30 30 10 4 1 10 10 0 851 208.2 194 14 60 2 144 5 0 69 60 2.59 1.22
/山崎慎太郎 25 23 4 1 0 13 7 0 701 168.1 146 15 67 8 100 3 0 63 58 3.10 1.27
/村田辰美 22 21 5 1 2 10 3 0 516 124.2 128 12 28 2 44 0 0 49 46 3.32 1.25
/高柳出己 22 14 2 1 2 6 6 0 414 104.2 96 10 17 2 61 1 0 41 40 3.44 1.08
/吉井理人 50 0 0 0 0 10 2 24 344 80.1 76 3 27 6 44 0 0 27 24 2.69 1.28
/加藤哲郎 31 6 0 0 0 3 3 1 268 59.2 64 7 33 2 46 3 0 24 23 3.47 1.63
/石本貴昭 32 3 0 0 0 3 3 2 242 54.2 59 6 25 1 25 2 0 25 23 3.79 1.54
/木下文信 32 0 0 0 0 2 1 0 187 44.0 34 5 26 0 38 1 0 18 17 3.48 1.36
/佐々木修 11 4 0 0 0 1 4 0 78 16.2 22 5 10 2 5 0 0 14 14 7.56 1.92
/谷崎浩二 11 0 0 0 0 0 0 0 69 16.1 13 2 4 2 9 0 0 7 5 2.76 1.04
/住友一哉 11 0 0 0 0 1 0 0 63 14.0 14 2 6 0 4 1 0 8 7 4.50 1.43
/山村達也 5 1 0 0 0 1 0 0 63 12.1 23 4 4 0 5 0 0 17 17 12.41 2.19
/池上誠一 8 0 0 0 0 0 0 0 40 7.1 8 0 8 1 4 0 0 6 3 3.68 2.18
/南秀憲 2 0 0 0 0 0 0 0 15 3.2 5 0 0 0 0 0 0 2 1 2.45 1.36
/谷宏明 1 0 0 0 0 0 0 0 14 3.1 5 1 1 0 2 0 0 2 2 5.40 1.80
/久保康生 2 0 0 0 0 0 0 0 14 3.0 3 0 3 0 1 0 0 4 4 12.00 2.00
/小山昌男 1 1 0 0 0 0 1 0 10 1.1 6 0 0 0 0 0 0 4 3 20.25 4.50

打撃成績[編集]

  • 色付き規定打席(403打席)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手











































O
P
S
 
/大石第二朗 128 558 488 65 123 13 9 5 169 34 16 9 18 1 51 0 0 55 4 .252 .322 .346 .669
/新井宏昌 125 523 465 64 133 23 5 8 190 54 2 2 25 3 29 3 1 31 7 .286 .327 .409 .736
/オグリビー 114 450 392 61 122 22 1 22 212 65 1 2 0 4 54 9 0 39 13 .311 .391 .541 .932
/鈴木貴久 123 428 378 41 93 11 1 20 166 54 1 0 7 6 34 2 3 71 13 .246 .309 .439 .748
/金村義明 99 379 323 37 93 17 0 14 152 48 2 1 5 3 48 2 0 65 7 .288 .377 .471 .848
/山下和彦 117 327 297 29 67 7 1 8 100 29 2 2 15 0 13 1 2 63 7 .226 .263 .337 .600
/ブライアント 74 302 267 50 82 8 0 34 192 73 1 0 0 2 30 3 3 91 5 .307 .381 .719 1.100
/村上隆行 93 264 238 23 59 14 2 15 122 34 1 2 3 1 20 0 2 67 4 .248 .310 .513 .823
/真喜志康永 112 246 221 26 42 11 1 3 64 14 3 1 13 0 12 0 0 39 1 .190 .232 .290 .521
/淡口憲治 90 234 216 22 47 12 0 5 74 18 1 0 2 0 16 3 0 25 4 .218 .272 .343 .614
/デービス 42 169 152 16 46 6 0 7 73 22 2 2 0 4 13 1 0 19 7 .303 .349 .480 .829
/羽田耕一 72 165 156 17 42 9 0 4 63 17 1 0 0 1 8 1 0 21 6 .269 .303 .404 .707
/吹石徳一 56 123 114 10 30 5 0 2 41 10 1 0 5 0 3 0 1 9 4 .263 .288 .360 .648
/栗橋茂 64 112 100 10 17 6 1 2 31 6 0 0 0 0 9 1 3 24 3 .170 .259 .310 .569
/安達俊也 65 84 78 10 12 1 1 1 18 1 3 0 3 0 1 0 2 14 1 .154 .185 .231 .416
/梨田昌孝 52 71 65 4 14 2 0 2 22 8 1 1 0 0 6 0 0 13 2 .215 .282 .338 .620
/谷真一 35 60 49 2 8 0 0 0 8 1 1 0 7 0 4 0 0 9 1 .163 .226 .163 .390
/加藤正樹 30 50 43 5 7 2 0 1 12 2 0 0 0 0 7 0 0 12 3 .163 .280 .279 .559
/古久保健二 29 50 48 2 8 3 0 1 14 5 0 0 1 0 1 0 0 16 0 .167 .184 .292 .475
/吉田剛 41 34 29 8 5 0 0 0 5 0 6 4 2 0 3 0 0 5 0 .172 .250 .172 .422
/光山英和 22 33 29 0 2 0 0 0 2 1 0 0 1 1 1 0 1 11 0 .069 .125 .069 .194
/尾上旭 15 18 15 5 4 0 0 0 4 1 0 0 0 0 2 0 1 4 0 .267 .389 .267 .656
/佐藤純一 34 11 9 6 0 0 0 0 0 0 1 1 1 0 1 0 0 6 0 .000 .100 .000 .100
/柳原隆弘 8 9 8 0 1 1 0 0 2 0 0 0 1 0 0 0 0 2 0 .125 .125 .250 .375
/金沢信彦 3 6 5 2 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .200 .333 .200 .533
/中谷忠己 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[9]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
吉井理人 最優秀救援投手 34SP 初受賞
ベストナイン
選出なし
ゴールデングラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備 所属 結果
1位 米崎薫臣 内野手 日本生命 入団
2位 中根仁 外野手 法政大学 入団
3位 田口茂樹 投手 西城陽高 入団
4位 赤堀元之 投手 静岡高 入団
5位 桑認 外野手 日本大学第三高 入団
6位 太田暁 投手 帝京第五高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年度別成績 1988年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2015年6月4日閲覧。
  2. ^ 『読売新聞』1988年4月9日付朝刊、14版、19面
  3. ^ 『読売新聞』1988年5月1日付朝刊、14版、17面
  4. ^ 『読売新聞』1988年6月1日付朝刊、14版、19面
  5. ^ 『読売新聞』1988年7月1日付朝刊、14版、19面
  6. ^ 『読売新聞』1988年8月1日付朝刊、14版、19面
  7. ^ 『読売新聞』1988年9月1日付朝刊、14版、19面
  8. ^ 『読売新聞』1988年9月30日付朝刊、14版、19面
  9. ^ LEGEND OF Bs 2012 〜劇的、激動の80's〜オリックス・バファローズ公式HP